自らジャニーズに応募するも撃沈!? 小栗旬「いけんじゃないか」「うんともすんともなかった」の画像
小栗旬

 10月8日放送の『A-Studio+』(TBS系)で、小栗旬(38)が少年時代の苦い思い出について明かした。小栗は、2009年に同番組の初回ゲストとして登場。以来、今年2月に生田斗真(37)がゲスト出演した際にサプライズ登場したのを含めると今回で4度目の出演となる。

 これまで番組では小栗の母や姉などに取材を行ってきたが、今回はついに父で舞台監督の小栗哲家氏が取材に応じたことが明かされると、小栗は「ついに出てきたんだ」「やってくれましたね。とうとう受けてくれたんですね。お父さん、こういうのあんまり出たがらない人なんでね」と驚いていた。

 父親とのエピソードとして、小栗は4歳のときに父が監督した舞台『魔笛』に出演。MCの笑福亭鶴瓶(69)から「ここ出てるってやっぱ大きいよね?」聞かれた小栗は、「そうですね。やっぱりこういうことに触れたからどんどん興味が湧いてきましたね」と、俳優を志すきっかけになったと振り返った。

  1. 1
  2. 2
  3. 3