RIP SLYMEのPESは「恫喝」「脅し」示唆…「解散」V6の「26年間の断絶」、「ドロドロ解散」チェッカーズ・藤井フミヤは「敬語で完全拒否」!!「大ゲンカ」グループの最後!の画像
※画像はRIP SLYMEのインスタグラムアカウント『@rip_slyme』より

 ヒップホップグループ・RIPSLYMEの“確執”がここにきて明らかになり、ファンを中心に話題を呼んでいる。

 11月1日、ヒップホップMCのPES(44)が11月1日、自身の公式サイトに「RIP SLYMEインスタライブの件について」と題した文書を公開。

「2017年9月、様々な理由から今後RIP SLYMEのメンバーとして活動を続けることが困難であると判断し、事務所とグループを辞めさせていただきました」と、3年以上前に同グループを脱退していたことを明らかにした。

 RIP SLYMEは2018年10月30日活動休止に至ったが、PESはそれ以前に脱退していたのだ。

 脱退発表がこのタイミングになったことについて、PESは「ここまで皆さんにお伝えする機会を模索していましたが、複雑な話であることや色々な出来事が重なる中で自分が公表できる立場にいるのかも分からず、彼らに関わりたくないという思いもあり遅くなってしまいました。こう言った形での報告になってしまい申し訳ありません」と説明。

 また、「その後、彼ら3⼈には何度も⼼を折られているので、また同じステージに⽴つことは想像すら出来ません」とも綴っており、RIP SLYMEの現メンバーであるRYO―Z(47)、ILMARI(46)、DJ FUMIYA(42)との確執をうかがわせた。

 活動休止のRIP SLYMEについては、不倫報道で活動を休止したSUを含め、元の5人での活動再開を望むファンは少なくない。

 しかし、PESは自身のSNSでたびたび「再結成は難しい」と言及していた。

 そんな中、RYO-Z、ILMARI、DJ FUMIYAがインスタライブを行なうようになったと知り、PESは「嫌な予感がしました」と思いを吐露し、「ネットをチェックしていると私ともう⼀⼈の元メンバーを呼ぼうと⾔っていたと知り、直接リクエストを出したのが今回の経緯です」と、3人がPESとSUをインスタライブに参加させようと検討したことから、PESもライブに参加したい旨をリクエストしたという。

 しかし、「以前に私の話をして欲しくないと彼らには伝えていたはずなのに、何故繰り返すのか、この話をどんな気持ちでどんな⾓度でどう捉えているのか、など実際に話したかったのですが相⼿にはしてもらえませんでした」とインスタライブへの参加は果たせなかった。

 そして、「あれから知⼈を通して話せる機会を作ってもらえないか、こちらから打診していますがリアクションはありません。それが彼らの私に対する最後の答えなのだろうと思います」と複雑な心境を明らかにしたのだ。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5