人呼んで「人斬り以蔵」――幕末の暗殺者として知られる岡田以蔵はその通称のせいか、実際には関与しなかった事件も彼の仕業とされ、イメージが先行しがちな人物。その生涯に関する史料も決して多くない。はたして彼は何者なのか。 以蔵が土佐藩郷士の岡田義平の長男であることはほぼ間違いない。 彼は天保九年(183…


あわせて読む:
・「100作中99作品が偽物」!?豪快すぎる酒好き「江戸三大画家」のひとり・谷文晁が「贋作ばかり」になった理由
・【北海道白老町】アイヌ文化を体験できる注目の施設・ウポポイ「7つの魅力」とは?
・一周するだけで「西国三十三所巡り」が叶う? 40体の「磨崖仏」と絶景が待つパワースポット!【三重県・石山観音公園】
・NHK大河『青天を衝け』主演・吉沢亮も!「2021年いちばん活躍したイケメン」トップ3【ランキング】