ある広告の焚き火シーンが、ネットで炎上したことは記憶に新しい。落ち葉の上に焚き火台を置き、そのまま焚き火をしてしまったのだ。完全にアウトである。 ただ私もそういった撮影に立ち会うこともあるので、場の雰囲気は少なからずわかる。初対面で大人数のスタッフが撮影場所をセッティングした後に、「延焼すると困る…


あわせて読む:
・釣果アップのポイントは「ラインの使い分け」にあった! 主要釣り糸3種の「メリット・デメリット」を徹底比較
・”晴れ女”のおかげ? 600kgの荷物ってどうやって飛ばすの?「初めてヘリでの荷上げ」を行いました<後編>【わたし、山小屋はじめます vol.16】
・初心者でも「道具ゼロ」から総額4500円で楽しめる豪快バーベキュー料理「ビア缶チキン」! 調理の一部始終と「予想外すぎる」衝撃結果
・「価格・機動性・燃費」どれをとってもピカイチ! コスパ最高「250ccオフロードバイク」をオススメする3つの理由