「食べられない」「触れない」魚は、見た目も非常に毒々しく、明らかに危険だとわかる魚も多かった。しかし、危険な魚はまだまだいる。今回は「食べられるが毒を持っている可能性のある魚」2種と「死亡事例もある絶対に触ってはいけない魚」1種を紹介する。 アイゴは堤防から遊動式のウキをつけて釣る「ウキフカセ釣り」…


あわせて読む:
・<人気モデル実使用ルポ>燃焼効率抜群! ソロ用ネイチャーストーブの決定版『ソロストーブ ライト』を使ってみた【低山小道具&技術研究所 vol.12】
・焚き火はすぐには消えない! キャンプの片付け始めは「出発時間の3時間前」【焚き火の話 vol.19】
・「走る時間」を楽しみながら目指したい! オートバイで行く「日本最果ての地」おすすめ3選
・北京オリンピックで銀メダル! カーリングの「知られざる裏側」プロ中のプロ・アイスメーカーに聞いた「最高の氷と匠の技」とは?