日刊大衆TOP 社会

『恐怖の心霊報告書』読者投稿22 虐待

[恐怖の心霊報告書]

『恐怖の心霊報告書』読者投稿22 虐待

虐待され続けていた5歳くらいの女の子

私が住んでいるアパートは割と独身者が多いんです。

家賃が安いせいだと思うのですがすが、男女ともに十代後半から二十代前半くらいでしょうか。見た目だけで判断しているので本当なのか分かりませんが。
ただ、二人で住んでいる人も多くはないですが、います。彼氏彼女で同棲でしょうか。しかし1組だけ夫婦ではないかと思うのもいました。

どうみてもまともな生活をしていないような男女です。

男は働いている風ではなく、女は明らかに夜の仕事をしていました。

この2人には小さな子供がいるんです。5歳くらいの女の子。ただ、髪の毛は茶髪にされ、耳にはピアスみたいなものが付けられていました。

いつもとても暗い顔をしていたことを覚えています。

それもそのはず、両親から虐待か、それに近い何かを受けているようでした。顔以外で肌が見えるところにはアザがありましたし、アパート中に響き渡るような怒号を聞いたこともあります。

住人の誰かが通報したようですが、それで大きなトラブルになりました。
「誰や? オレらンことをたれ込んだんは!?」

夫婦2人、まるでヤクザのような態度で各部屋を回ったのです。当然、誰も名乗り出ることはなく、何かとてもイヤな後味が残りました。

自分にしか見えない!? 部屋の前で佇む女の子

それから間もなく、その夫婦と女の子を見ることがなくなりました。と同時に、彼らの怒鳴り声もなりを潜めたのです。

それから1カ月が過ぎた頃でしょうか。友達を連れてうちのアパートへ戻ったときです。

1階の角部屋の前に女の子が佇んでいました。

あの虐待夫婦の子供でした。久しぶりに見たのですが、前よりもなんだか痩せ細り、小さくなったようにも見えます。
とはいえ、どうしてここにいるのか。アパートを引き払ってどこかへいなくなったはずではないのか、と思ったんです。
「あの子、なんでここにいるのかしら?」

できるだけ小さな声で友達に説明しました。
もしあの夫婦が帰ってきていて、聞かれたら困るからです。しかし友達は「どれ、どこ」としか返しません。
「ほら、そこ、そこの角の」と教えるのですが、見つけてくれません。

どうやらその子供は私にしか見えていないようでした。

その場で回れ右して、私は友だちの家に泊めてもらったのです。

あの夫婦と子供がどうなったのかは知りません。

でも、何かあったことは確かでしょう。あまり詳しく考えたくないですが。


『本当に体験した! 恐怖の心霊報告書』¥700(税抜)双葉社

『恐怖の心霊報告書』読者投稿22 虐待

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.