日刊大衆TOP 娯楽

「世界最大の歓楽街」マカオってどんなところ!?

[アクションコミック「アキラ」]

「世界最大の歓楽街」マカオってどんなところ!?

ごく普通のサラリーマンである柏木アキラは、「イカサマ師」のエイジと出会い、「人を見抜く力」を見出される。自称詐欺師を成敗する詐欺師「義賊(グリフター)」エイジはアキラを刺激的な「ギャンブル詐欺師」の世界へと巻き込んでいく――。新感覚痛快サスペンスコミック『自称義賊詐欺師(グリフター)アキラ』。その舞台ともなった「東洋のラスベガス」マカオ、そのディープな魅力に迫る!

『自称義賊詐欺師(グリフター)アキラ』1・2巻 各¥600(税抜) 双葉社
 

欲望が渦巻く街の「飲む打つ買う」

「飲む打つ買う」とは、男の三大欲望であるグルメ、ギャンブル、セックスを表す言葉。これらすべてをマカオ(澳門)は満たしてくれる。

香港と隣接する半島に位置するマカオは、かつてはポルトガル植民地だった。1999年に中国へ返還されてからは特別行政区として扱われている。

この街が欲望を満たしてくれる最大の理由は、ここが世界有数のカジノ都市だからである。

2006年には、カジノ売上がアメリカのラスベガスを超え、約8400億に達したことで、世界最大のカジノ都市となった。

この街には、ホテルとカジノが併設された「カジノホテル」が林立し、3つの勢力が運営している。元々カジノ経営権をもっていたマカオ系に、国際入札が可能になった02年から参入してきた香港系とアメリカ系の会社だ。

いずれも莫大な資本のある大企業で、マカオの顔であるカジノホテルを動かして莫大な利益を挙げている。

そのカジノでプレイできるゲームには、大小、バカラ、ブラックジャック、カリビアンスタッド、ルーレット、ポーカー、クラップス、スロットなどがある。基本的なルールは世界中のカジノと大きな差はないが、マカオの特色は、カジノホテル自体のシステムにある。

それは、「カネを落とす者には露骨な特権が与えられる」ということだ。

特権とは、VIPとして扱われること。日本人でも某大企業の経営者が子会社から無担保で106億円を借りてまでカジノにハマっていた騒動があったが、彼も相当なVIPだったと言えるだろう。実際に彼が遊んでいたのも、カジノホテルのVIPルーム。

では、この特権を得るには、一体どうすればいいのだろうか。

「最初に両替する額が数百万円を超えると、勝手に(VIPカードを)渡されます。ひと晩で最低でも200~300万円ぐらい使えば、それぐらいで大丈夫ですよ」

VIP特権を所有する日本人実業家のT氏は、このように教えてくれた。カジノでVIPになるには、どうやら一般的にイメージされるような億単位のカネを注ぎ込む必要はないらしい。

まあ、そもそも数百万円という金額が、庶民にしてみれば決して少なくはない額ではあるが。このようなVIPに与えられる特権は、使う金額に応じてシルバー、ゴールド、ジェイドなどとランク分けされる。

しかも、一定期間に使用履歴がないと失効してしまう。逆を言えば、それほど頻繁にVIPたちは訪れているのだ。

前出の大企業経営者もカジノにハマっていた時期には、かなりの頻度で通っていたという。それも往復の飛行機代はカジノ持ちであったというのだから、VIPが、どれほどのカネを動かすのか容易に想像がつくであろう。


マカオ急成長の理由は投資金の「還元率」!?

VIPに選ばれたという特権は、「打つ」だけでなく、「飲む」にも適用され、それに相応しいメリットをもたらしてくれる。たとえばホテルのカジノには、VIP専用のレストランがあるだけではなく、テナントとして入っている多くの高級レストランで無料飲食ができる。

たとえばフォーシーズンズホテル・マカオのジーヤッヒン(広東料理)、グランドリスボアのエイト(広東料理)など、ミシュランから星が与えられている多数の有名店もホテルのテナントとして入っているのだ。そのうえVIPならば宿泊費も無料である。

つまり、カジノ以外におカネはほとんどかからないのだ。ちなみにVIP以外にもマカオは飲食や娯楽を提供している。一般人がプレイする巨大なカジノフロアでも、ラスベガスで活躍するエンターイナーたちが様々なアトラクションを見せてくれている。

変わったところでは中国を含むアジアで人気の日本人AV女優のショーなども開催され、人気を集めている。さらに一般のプレイヤーたちにもカジノホテルで食事や飲み物が無償で提供される。

これがマカオの醍醐味。ただのカジノの街では、ここまでの成長はなかっただろう。


これぞマカオ名物!「回遊魚」ってナニ?

そんな"遊べる街"マカオで最近よく見る光景は、目を引く美女を連れてVIPルームを闊歩する男性の姿だ。彼らは一体、何者なのか。

「ルーレットに興じながら"当った! やった!"と言いながら、同伴女性の胸を揉んだり、尻をペローンと触っているのは、大体が中国共産党の幹部クラスの連中ですよ」(T氏)
 
実際マカオは、中国の有力者たちの不倫旅行の楽園となっているが、この傾向は中国が急速に経済力をつけてきた90年代に始まった。深圳から広州まで高速道路が完成して交通の便がよくなり、中国本土の役人が特権で入手した裏金と愛人を連れて訪れやすくなったのだという。
 
鉄火場には女がつきものとはいえ、誰もがVIPのように愛人同伴なわけではない。

そのためマカオではアジア有数の風俗産業が発展している。大金が動く場には、興奮を鎮めるために女を抱くことがセットになっているのだ。

そこでマカオの風俗事情について概要を紹介しよう。
 
まずは「サウナ」。作中でもエイジたちが訪れているように、観光客にも開放されており、まさにマカオ風俗の代表といえるものだ。

サウナ自体は普通の風呂なので、汗を流す場として活用することもできるが、その特色を発揮するのはショータイムである。

30分から1時間おきに女性たちが顔見せのために並ぶ。大箱のサウナであれば、顔見せの女性が100人を超えることも珍しくない。

その光景は、実に圧巻! 一見の価値がある。ちなみに、そこからの流れは、女の子を指名して店員に伝えると別室に通される。そこでプレイをしてから戻る流れである。

支払いのシステムは、料金を受付で支払うだけなので、難しくはないが、サウナ代(基本料金)とプレイ代は別。

しかもプレイのオプションが細かく設定されている店も多く、会計時には注意が必要だ。

「トラブル回避のためにも、必ず領収書を確認すべし」マカオ風俗に精通している人たちは、意外なほどに「システムの確認」を重視する。

お店の人も遊びに来る人も「流れ」から外れることを嫌う風潮が強いので、初心者ならば、余計な色気を出さずに無難に対応するのがいい。

この他にも、打令浴室1(ダーリンワン、通称ダーリン) や夜総会(ヤシャカイ)、賓館がある。

打令浴室1は、日本でいうソープランドのこと。といっても写真が載ったアルバムで確認するのではなく、ひな壇に並んだ女性たちから直接指名するのだ。

プレイについては、サウナと同じで店舗型のため、指名後に個室に移動して事に及ぶという手順である。どちらかというと、サウナに通い飽きた客が訪れる感じだ。

夜総会は、ナイトクラブのこと。日本の一般的なキャバクラというよりも、銀座の高級クラブを想像したほうがしっくりくるかもしれない。

それもそのはずで、多くの夜総会はホテル内に併設されており、カジノ目的で来たお客をターゲットにしている。ゴージャスな作りでルックス的にもハイレベルの女たちを揃えている。

客は店内でお酒を楽しみ、ホステスたちとコミュニケーションを取りながら、気に入った子がいれば指名して連れ出すことができる。料金はお店に払うので明朗会計なシステムではあるが、ほかの風俗店よりも高めの値段設定となっている。

とはいえ、高級店でも10万円以内で収まるので、銀座に比べれば割安といえるだろう。

一方、夜総会と対局の存在に位置づけられているのが賓館。ホテル型置屋のことだ。ホテルといっても、宿泊ではなく、女の子を連れ込むために使われる宿だ。

「サウナやダーリンより数段落ちる」マカオ風俗の経験がある人ならば口を揃えて、このように賓館を評している。

システムとしては、建物に入って並んでいる女の子を指名して部屋に連れて行く。時間は30分ほどで、落ち着いて楽しむ感じではない。働いている女の子も、ほとんどがサウナなどで雇ってもらえない子たちだ。

そして、マカオ名物と言われているのが「回遊魚」だ。この魚の正体は、「売春婦」。つまり、フリーランスの娼婦たちである。

リスボアやヴェネチアンなどの大型ホテルに行ってみれば、フロアをゆっくりと歩きまわる女たちを目にするが、彼女たちは立ち止まることなく、同じコースをウロウロとしている。

その様子からマグロなど決まったルートを回遊する魚に例えられたのだ。

なぜ娼婦がそんなことをしているのかと言えば、たむろしているとホテル側から排除されてしまうために動き回っているのだ。

ちなみに、システムは簡単で、歩いている回遊魚に目線を合わせたり声をかけると、向こうから値段を交渉してくる。そこで折り合いがつけば、部屋に連れ込める。自分の部屋でもいいが、彼女たちのほうが部屋を用意しているので、宿泊先のホテルでなくてもOK。

ただし、器量にはバラつきがあり、玉石混淆といったところだ。

ちなみに、フリーの娼婦を黙認しているのは、マカオに林立するホテル派閥の中でもマカオ系か、ランク的には下位にあるホテル。アメリカ系のホテルでは、入場そのものを断られることもある。

このようなマカオの風俗産業で働く女性たちは中国本土の女性が多いが、ほかにもタイ、フィリピン、ロシア、そして日本などからの海外出稼ぎ組もいる。その理由は、やはりマカオに集まるカネの力だろう。


娯楽以外の"欲望"も満たしてしまう裏の顔!?

「飲む打つ買う」以外にも、別の"欲望"を満たしてくれる顔がマカオにはある。資金洗浄、つまりマネーロンダリング(以下、マネロン)だ。

中国の権力者たちがマカオを訪れる目的には、裏金をきれいにすることも含まれているのだ。

どんな方法を使っているのかといえば、本編でも紹介されているように、ノンネゴチップでのマネロンが用いられている。ノンネゴチップとは、換金できないチップのことで、それをカジノでプレイして勝つことで換金可能なキャッシュチップに換えてから現金化するのだ。

面倒なやり方に思えるが、国外持ち出し制限がある人民元をマネロンするには便利な方法なのである。特別行政区のマカオには本土からの人民元持ち出し限度額はない。この制度を使えば、汚職で手にしたカネであろうとも、「カジノで勝って手にしたカネ」にできる。

そうなれば香港ドルに両替して海外へ送金することもできるのだ。

最近では、さらなる裏ワザを使って、カジノ場のノンネゴチップを直で換金する闇ルートがあるとの噂もある。ここまでいくとマカオじゃなくてもよさそうだが、やはり大金を煙に巻くには、ここのカジノが最適なのだろう。

このような事情もあり、10年頃からマネロンを問題視する報道が出てきているが、現在も効果的な規制はかかっていない。

現在、わが国でも東京五輪開催に向けて、カジノを合法化しようという流れがあるが、日本が"悪の温床"となってしまうことだけは、避けてもらいたいものだ。

『自称義賊詐欺師(グリフター)アキラ』1・2巻 各¥600(税抜) 双葉社
 

「世界最大の歓楽街」マカオってどんなところ!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.