日刊大衆TOP 芸能

真夏の女子アナ「大汗ムンムンおっぱい営業」繁盛記

[週刊大衆09月08日号]

マジメに働いてるだけなのに……! 大きいからって、そんないやらしい 目で見ちゃ、ダメよ~、ダメダメ!!

汗をしたたらせ、この夏も大活躍の美女アナたち。もちろん視線は、薄着で露わになった、おっぱいに釘づけ!肉体を武器に奮闘した、彼女たちの営業活動を報告しよう。

まずは、各局の出世頭がお色気満点のプレゼンを披露した、スマホ用アプリ『ハミテレ』のPRイベントだ。

8月上旬に六本木で行われ、NHKを含む在京キー局6社の美女アナが、浴衣姿で大集合した。

NHKからは『おはよう日本』の土・日キャスターとして、人気急上昇中の和久田麻由子アナ(25)が登場。

ほかに日本テレビ・小熊美香アナ(28)、TBS・枡田絵理奈アナ(28)、フジテレビ・加藤綾子アナ(29)、テレビ朝日・宇賀なつみアナ(28)、テレビ東京・狩野恵理アナ(27)と、豪華な顔ぶれが集まったが、
「色とりどりの浴衣に身を包んだ彼女たちは、体の線もくっきりと浮かび上がって、色っぽさムンムン。会場の六本木ヒルズアリーナは屋外。しかも炎天下とあって、全員、汗だくだったはずですが、涼しい顔してカメラに収まるあたりに、彼女たちのプロ意識の高さを感じましたね」(グラビア誌カメラマン)

女子アナ事情に詳しい芸能ライターの織田[おりた]祐二氏は次のように話す。
「新鮮さという意味では、NHKの和久田アナが断トツでしたね。東大卒の才媛なのに、親しみやすいキャラの彼女は今後、ますます人気が出るはず。自己紹介の際、民放アナは"入社〇年目"と発言したのに対し、和久田アナだけ"入局4年目"と言ったあたりに、NHKアナらしいプライドが窺えました」

さらに続けて、「汗っかきで有名なテレ東の狩野アナは、汗で髪が額に貼り付くほどでしたが、フジのカトパンが彼女に、さりげなくハンカチを渡す好プレーを見せ、救われた心地がしたそうです。汗フェチにとっては、たまらないイベントでした」

このイベントから派生したのが、加藤綾子アナとTBS・田中みな実アナ(27)の"場外対決"だ。

田中アナは『サンデージャポン』の取材で会場に来ていたのだが、サンジャポのスタッフがカトパンに、「田中アナが好感度を上げるためにはどうすればいいか」と質問。これに対してカトパンが「ブリっ子しないほうがいいんじゃないですか」と答えたことから、"カトパンが田中みな実にダメ出し!"と報じられる騒動に発展してしまった。

「結局、カトパンは自身のブログで"私はダメ出しする立場にないし、そのつもりもなかった"と謝罪する羽目に。以前から不仲説がささやかれてた2人ですが、よそよそしいやりとりを見る限り、仲がいいとは言えませんね」(夕刊紙記者)

さらに、このイベントでは、セーラー服のコスプレをしたフジOGの高橋真麻(32)が、観客席に姿を見せるという一幕もあった。
「大のカトパンファンを公言するマーサが、テレ朝の番組収録の合間に会場に駆けつけ、黄色い声援を送ったんですが……周囲はドン引きでした」(芸能記者)

ちなみに、全国のテレビ番組情報と動画が見られるアプリ『ハミテレ』では、加藤アナと、学生時代から仲のいいTBSの枡田アナが浴衣姿で対談する動画を配信しているのだが、「カトパンが大笑いして前屈みになった瞬間、襟元から豊満な胸の谷間が見えそうになる"お宝ショット"が話題になっています」(女子アナウォッチャー)


ミタパンが練乳バナナを……

浴衣といえば、テレ朝の夏のイベント『テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り』では、竹内由恵アナ(28)らも浴衣姿を披露。

「浴衣のときは髪をアップにしますが、竹内アナは片方の髪だけ下ろすという変則技に挑戦。胸も意外にあるうえ、帯もユルめ。男心をソソる彼女のテクは心憎いほどです」(織田氏)

このところ、営業成績をバリバリ伸ばしているのが日テレOGの脊山[せやま]麻理子(34)だ。水着写真集、DVDに続いて、とうとう女優デビューまで果たした。

高橋克典主演のテレ朝の連ドラ『匿名探偵』にゲスト出演して、「脊山は"枕営業"が得意な女子アナ役を熱演。高橋におっぱいを押しつけ、自らワンピースを脱ぎ捨てると、下にビキニの水着をつけているという嬉しすぎる演出に興奮させられました。ワンピのスナップボタンをビリッと破る演出は、彼女自身のアイデアだとか。ビキニの水着も自前だそうです」(テレビ誌記者)と、評判も上々!

そんな彼女が、TBSの出水[でみず]麻衣アナ(30)にセクハラしまくったのが、8月放送の『ツボ娘』。
趣味のカメラを片手に、「本当はエロい女だと思うんですよ」と出水アナをホメ殺しにする脊山は、「ちょっと女の顔になってきた~」と、さらに挑発。

共演者が「マッチョが大好きなんですよ!」と追い討ちをかけると、デミちゃんは顔を真っ赤にして「やめて~ッ」と絶叫。最後は「脊山さんに、犯されてる気がします」といって恍惚の表情を浮かべた出水アナ。実は下ネタ好きと、とっくにバレてるデミちゃんなのだった。

昨年9月にフジを寿退社した本田朋子(31)は、6月放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』で、人妻アナにあるまじきケツバットの辱しめを受けた。

人気コーナーの"男気じゃんけん"に参加した彼女は、決勝で小川直也に負けて「やったぁ~!」と大はしゃぎ。その態度が「男気じゃない」と糾弾され、ケツバットを受けることに。テーブルに両手をつき、プリケツを突き出す彼女に容赦なくバットが振り下ろされる。ビシッという小気味いい破裂音とともに、「イヤァァァァ~!」悲鳴を上げながら崩れ落ちるホントモの姿は、まさに"公開スパンキング"そのものだった。

民放キー局はどこも夏のイベントを開催しているが、フジの『お台場新大陸』のPRで"擬似フェラ"をやらされたのは、三田友梨佳アナ(27)。

7月放送の『めざましテレビ』で、お台場新大陸の見どころをリポートしていたミタパンは「居酒屋えぐざいる」の商品「TAKAHIROのチョコバナナ」を試食することに。

反りの入った極太のチョコバナナの先端には、ご丁寧にも白い練乳がトロリとまぶされている。これがナニを連想させるかは、言わずもがなだろう。

「顔を上気させたミタパンは、正面からバナナをパックン! ディープにスロートしながら頬をすぼめるしぐさに"慣れている……"と感じたのは私だけでないでしょう(笑)」(織田氏)

三田アナと西武のイケメン内野手・金子侑司との熱愛が発覚したのは、その約2週間後のこと。イロイロ想像しちゃう!?

フリーの山岸舞彩[まい](27)は日テレ『NEWS ZERO』でミニスカを封印したのとは対照的に、フジのトークバラエティ『ワンダフルライフ』ではミニスカを解禁。美乳に加え、"美脚営業"も話題を呼んでいる。

「低めのソファを使って、太腿全開、パンチラ期待度を高めるなど、山岸のエロさを前面に押し出そうとする工夫の跡が窺えます。実は見せたがりといわれる山岸もノリノリ。パンチラギリギリの、きわどいカメラアングルにも納得しているとか」(テレビ誌記者)

ゲストに長渕剛を招いた回では、山岸も気合いが入ったのだろう。ノースリーブのミニスカワンピで、二の腕、胸のふくらみ、太腿を強調して見せた。

「相手が大物になればなるほど、露出度をアップさせるのが彼女の流儀ですからね(笑)。もっとも『ワンダフルライフ』は9月で打ち切りになることが決まったそうですが」(織田氏)

どんなTシャツもピチピチにしてしまう、むっちりボディが名刺代わりなのは、日テレ・水卜[みうら]麻美アナ(27)。

7月放送の『幸せ!ボンビーガール2時間SP』では、所持金9999円で2泊3日の台湾弾丸ツアーにトライした。

「巨乳を揺らしながらドライヤーをかける姿や、ミニスカのままベッドに横たわる姿が新鮮で、ミトちゃんと一緒に旅行しているような気分が味わえました。同番組で、Kカップ女子レスラー・のの子の決め技"オパィエ"(おっぱいを相手の顔面にぶち当てる必殺技)を紹介したときに、"ミトちゃんもやってみれば"と言われて、おっぱいを突き出し"オパィエ!"と叫んで、決めポーズを取った名場面も忘れられませんね」(テレビ誌記者)


杉浦アナがG巨乳をチラ見せ

同じ日テレの葉山エレーヌアナ(32)は今年4月、2年間の結婚生活にピリオドを打ち、シングルマザーになる決断をしたばかり。そんな彼女が、日テレの『汐博2014』のオープニングで、久々に元気な姿を見せてくれた。

「葉山アナは『天才!志村どうぶつ園』をモチーフにした全長15メートルの滑り台を滑り下りるデモンストレーションを披露したんですが、体にフィットしたポロシャツのおっぱいの部分が怖いぐらいにユッサ、ユッサ揺れてました」(女子アナウォッチャー)

推定Gカップの巨乳で知られるNHKの杉浦友紀アナ(31)は、サッカーW杯ブラジル大会の『デイリーハイライト』で視聴者からのツイッターを紹介する際、前屈みになって胸の谷間をチラ見せするサービス営業。

「一瞬、胸にサッカーボールを2つ隠し持っているのかと錯覚してしまいました」(テレビ誌記者)

女子アナの皆さん、本日もお疲れ様です!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.