日刊大衆TOP 芸能

ズバリ本音で美女トーク☆原幹恵(女優)

[週刊大衆10月13日号]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

ズバリ本音で美女トーク☆原幹恵(女優)

もっと画像を見る

「男の人の浮気はNGだけど女性の浮気は気持ちだけならOK!恋が女の子をキレイにするんです」

16歳で『第9回全日本国民的美少女コンテスト』でグラビア賞を獲得してから、早11年。今やすっかりオトナの女優に成長した原幹恵さん(27)。グラビアはもちろん、ドラマや映画でもマルチに活躍する彼女だが、最近は「恋愛観が薄っぺらい」とバラエティ番組で話題に……。果たして、本当はどうなのか⁉ 根掘り葉掘り聞いてきましたゾ。

――原さんには、何度もこのコーナーにでていただいてますね。

原 いつもありがとうございます。ほんと、よく出させてもらっていますよね。

――原さんも27歳かぁ。

原 なんですか~(笑)。芸能界デビューして、かれこれ11年になりましたよ。

――『全日本国民的美少女コンテスト』でグラビア賞を獲ったのが、16歳のときでしたね。

原 はい。この前、2年ぶりに美少女コンテストが開催され、プレゼンターとして行ったですが、懐かしい気分になりましたよ。私もあそこでワンピースを着て、立っていたんだなぁって思うと……。

――芸能生活11年を振り返ると、どんな気分?

原 やっぱり、あっという間に過ぎた気分ですね。

――いろいろあったと思うけど、楽しかった?それとも辛かった?

原 うふふ。もちろん、辛いこともたくさんあったけど、やっぱり楽しかったことのほうが多いですね。自分がやりたかったお仕事なので、夢がかなったんですから!

――グラビアアイドルとして、DVDもすでに32枚発売されました。

原 自分でもビックリです。しかも、今年の夏に出した最新作の『大切な人は、すぐ側にいた。』では、27歳にして、また制服を着ちゃいました!

――見ました!

原 どうでした? やっぱりキツいですか?(笑)

――いえいえ。少し恥じらっている原さんがかわいかったです。

原  アハハ。あれ、ブレザーじゃなかったら、もっとヤバかったです。

――セーラー服はもっと恥ずかしいんだ?

原 いやあ、セーラー服はほんと、もう無理ですよ。

――見てみたいけどなぁ。このDVDでは、夕陽の差し込むバーで、黒のスリットの入ったセクシードレスという大人っぽい姿も披露していますね。

原 ドレスの下はヒョウ柄のワンピース水着を着ていたんですけど、大人の雰囲気、出てました?

――もうムンムン! ああいうセクシーシーンでは、原さんも官能的な気分になるもの?

原 そうですね。私って、衣装でスイッチが切り換わるんです。セクシーな衣装を着たときは自然と、"こういう私を見て、どう思う?"みたいな気分になるかな。

――誘惑している感じ?

原 はい。

――イヤラしい目でジロジロ見られたい感じ?

原  いやいやいや(笑)。それはちょっと違いますよ。私としては、さりげない感じでチラッと見られつつ、"僕は見ていませんよ"って顔をされたほうが、ドキっとしますね。

――こんな感じ?(イヤラしい目で、チラチラ)

原 それじゃ"変な人"ですよ。

――アハハ。ところで、いつも思うんですけど、イメージDVDって設定がすごいですよね。

原 わかります。今回は、幼なじみと失恋旅行に出かけるという設定なんですけどね。正直、年々、恥ずかしさが増してきました。

――まあ、男の理想のシチュエーションですけどね。原さんとしては、どんな設定が、しっくりきます?

原 相手が"彼氏"のほうが入りやすいですね。もしくは、年上のお兄ちゃん的な男性に甘えるシチュエーションのほうが……。

マッサージはしてあげたい派

――じゃあ、お姉さん的なキャラで、男の子に甘えられるのは苦手?

原 苦手というか、あまり甘えられたことないから、どうすればいいか戸惑っちゃいますね。ただ、私ってどっちかと言うと、お姉さんキャラが多いんですよ。

――年下のファンのほうが多いんですか?

原 いえ、年上のファンが多いのですが、むしろ年上の方が、"お姉さんに甘えたい願望"が強いみたいですよ。きっと"少年"に戻って、リードされたいのでは!?

――なるほど! その気持ちも理解できます。男はいくつになっても、少年の心を忘れませんからね。

原 うふふ。

――グラビア以外でも、ドラマやバラエティと相変わらずマルチに活躍されていますね。最近では高橋克典さん主演の『匿名探偵』で、セクシーなマッサージ嬢を熱演しました。

原 怪しいマッサージ嬢ではないですよ(笑)。ちょっと色っぽい衣装でしたけど。

――毎回のように高橋克典さんにマッサージしていましたが、どうでした?

原 素晴らしい肉体でしたね! でも、人にマッサージするのって、演技とはいえ、緊張しちゃいますね。間違って変なスジを伸ばしてしまったら大変ですから。

――とはいえ、記者会見で高橋さんは、原さんのマッサージが素晴らしい、と褒めていましたよ。

原 ありがとうございます。一応、撮影前にプロのマッサージ師さんに教えてもらったので……。ただ、撮影のときは、カメラアングルの都合上、体の片側しかマッサージしていないんです。

――ええ!? 中途半端(笑)。

原 はい。右側か左側か忘れちゃったけど、どっちかがほぐれて、どっちかが凝っている状態なんです(笑)。

――それ、やだな。

原 アハハ。私もマッサージされるのが好きなんで、よく行きますけど、片側だけ凝ったままなんて絶対イヤですよ。

――ちなみに好きな男性がいたら、マッサージはしたいほう? されたいほう?

原 うーん。難しいなぁ。でも……してあげたいほうかな。自分より相手を癒してあげたい気持ちのほうが強いですね。

――献身的なんですね。

原 そうですよー。

――ところで、バラエティ番組『有吉反省会』に出演したとき、有吉さんに「恋愛観が薄っぺらい」と酷評されていました。

原 ……まあ、自分でもそう思うところはありますね。私って昔から、雑誌とかに書いてある恋愛ハウツーを鵜のみにしちゃうんですよ。たとえば、彼氏の浮気を防ぐには"問い詰めすぎないこと"とか。 男性は"浮気"を疑われてばかりいると、逆に浮気したくなるんですよね?

――ど、どうだろう……男性の立場から言わせてもらうと、浮気する奴は、問い詰められようが放置されていようが、しますけどね。

原 ひどーい!

――そんなものです。男を落とすテクみたいなものも、ハウツーを参考にしているんですか?

原 はい! これは間違いない と思うのですが、男性に"また会いたいな"と思わせるには、別れ際の表情が大事なんです。"バイバイ"って言ったときの一瞬の笑顔がよければ、男性はまた会ってくれる、と……。

――いや、そんなことより、ベッドで気持ちよくしてもらえれば、また会いたくなりますよ。

原 最低ですね!

――そんなものです(笑)。

原 男性の恋愛ハウツーもひどいものですけどね。"女は髪をなでれば、うっとりする"とか書いてあるじゃないですか。

――そのとおりでしょ!

原 全然。むしろムカつきます!

――じゃあ、原さんがグッとくる男の仕草は?

原 食事に行ったとき、料理を取り分けてくれるとか。普段そういうことしそうにない男性が、サッと取り分けてくれると、そのギャップにキュンときちゃう。

――やっぱり、ちょっと薄っぺらい気がするけどなぁ~(笑)。

原 なんですか、もう!(笑)

巨乳専用のブラを作りたい!

――27歳になったことで、大人っぽく変わった部分はありますか? たとえば、昔は男の浮気が許せなかったけど、今は許せるように なった、とか。

原 何歳になろうと許せるわけないじゃないですか(笑)。何を言っちゃっているんですか!?

――そうなんですか? じゃあ、 女の浮気は理解できるようになった、とかは?

原 女性の浮気は……気持ちだけならOKです。

――何ですか、それ(笑)。

原 だってほかの男性にときめくことで、女性はもっときれいになれるんです。

――じゃあ、男性も気持ちの浮気ならいいってこと?

原 男性はダメですよ。

――薄っぺらいというか、自分勝手だなぁ(笑)。

原 うふふ。

――おっと。もっと議論を続けたいところですが、そろそろ時間です。最後に今後の抱負を聞かせてください。

原 今やってみたいことは、下着のプロデュースなんです。というのも、私みたいに胸が大きい女性って、なかなかかわいいブラジャーがないんですよ。

――巨乳の悩みだ。

原 はい。しかも胸が大きいと太って見えるからコンプレックスに感じている女性も多い。それなのに世の中には、胸を大きく見せるブラばかりあって、コンパクトに収まってくれるかわいいブラがないんです。私自身、そういうブラジャーが欲しいので、作ってみたいなぁ、と思っているんですね。

――いいですねえー。服の上からはコンパクトでも、脱げばドーンか……。そのギャップこそ、男はソソられます!

原 そんな恋愛ハウツーは必要ないです(笑)。

原幹恵さんは外見はセクシー系ながら、根はとても真面目な優等生タイプのようです。だから、ちょっと意地悪な質問をすると、真に受けて立ち向かってきます。そういうところが、かわいいですよね。


●サイン色紙をプレゼント●
原幹恵さんのサイン色紙をご応募いただいた方の中から抽選で一名さまにプレゼント!
住所・氏名・年齢、「原幹恵さん サイン色紙希望」と明記のうえ、こちらへメールをお送りください。
応募する

はら・みきえ
1987年7月3日、新潟県生まれ。 O型。T163‐B94W61H88。2003年に『全日本国民的美少女コンテスト』でグラビア賞を受賞し、デビュー。以来、グラマラスボディを武器に、グラビア、バラエティ、ドラマなどで幅広く活動中。 公式ブログ:http://beamie.jp/?m=pc&a=page_h_home&target_c_member_id=1641

ズバリ本音で美女トーク☆原幹恵(女優)

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.