日刊大衆TOP 芸能

芸能美女「下ネタ女子会」最新勢力図

[週刊大衆10月20日号]

女たちのドンチャン騒ぎが止まらない!意地と意地とがぶつかり合う、エロい飲み会の実態を暴露する!

その様相はまるで戦乱の三国志。現在、そう例えられるのが、芸能美女たちの夜の覇権をめぐる大バトル。

「10月末は、各派閥の一大集会ともいえるハロウィーン・パーティが控えており、各々、動きが活発になってきているようですね。これまでは、小泉今日子率いる美女軍団『小泉会』と、神田うの率いるセレブ軍団『うの会』の2大派閥が幅を利かせていましたが、この両派を急拡大中の新興派閥が猛追し、勢力争いは激化の一途となっているようです」(芸能プロ関係者)

ということで、芸能美女たちのエッチな女子会の最新事情を、徹底取材でお届けしよう。

まずは最大派閥であり、現在も勢力を拡大している「小泉会」。若頭に米倉涼子、番頭格には飯島直子が控えるゴージャス美女軍団で、以下、長澤まさみ、榮倉奈々、香里奈といった、そうそうたるメンバーが名を連ねていることは、本誌既報のとおり。

「発足のきっかけとなったのは、まさに2年前のハロウィーン・パーティ。小泉が飯島や米倉、榮倉などに声をかけてカラオケ店のパーティルームに集まったそうです。小泉がメンバーらに店のコスプレ衣装を着るよう命令すると、誰も逆らうことなくこれに従い、美女たちの谷間&パンチラだらけのコスプレ大会が繰り広げられたと、小泉と飯島が『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で語っています」(テレビ誌記者)

というから、今年のハロウィーンもド派手なパーティが繰り広げられる可能性は十分。そんな小泉会、注目の新顔は蒼井優だという。

「蒼井は舞台で共演して以来、酒、タバコ、男と、すべてにおいて小泉の考え方、生き方に共感し、心酔しているそうですね。小泉も、そんな蒼井を将来の幹部候補と、期待を寄せて可愛がっているそうです」(芸能評論家・織田(おりた)祐二氏)

また、NHK朝ドラ『あまちゃん』で共演した有村架純も、もちろん取り込んでいるようだ。

「有村は『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)でビール好きを公言していましたから、すでにすっかり溶け込んでるはず。股間にバナナを当てて歌い踊る、長澤の下ネタの洗礼を浴びているのでは」(織田氏)

着々と新メンバーの拡充が図られている「小泉会」に対し、「うの会」はやや停滞気味か。伊東美咲や倖田來未、小倉優子といった有名ママタレントたちが名を連ねているが、「ペニオク騒動の渦中にあった、ほしのあきを強制脱退させたことで、求心力が落ちてきたかもしれません。目立った新メンバーの話が伝わってきませんね。それでも、年商100億円とも言われるうののビジネス人脈につながっていることの旨味には換えられないようで、メンバーたちは今も熱心に、うののビジネス術や"完全母乳"にこだわる子育て論に耳を傾けているようです」(芸能記者)

そんな2大勢力を猛追中なのが、お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜率いる「春菜一家」だという。
「吉高由里子やPerfumeのあ~ちゃん、人見知りで知られる安室奈美恵も、面倒見のいい春菜には心を許し、呼びかけに応じるそうですね。吉高がドラマで共演した元AKB48の大島優子を連れてきたこともあるそうで、今後、大島を慕うAKB勢が続々、加入してくる可能性もありそうです」(放送作家)

そして現在、この「春菜一家」に"あの大物"が興味を持ち始めているという話があるのだ。

「春菜の笑いのセンスを気に入り、自身の番組によく起用する志村けんです。7月には、『志村座』(フジテレビ系)にゲスト出演させ、春菜会(春菜一家)を話題にしていました。若くかわいい子に目がない志村は、そのメンバーの華やかさに大いに興味を持ったようで、下心含みながら、春菜一家の後見役を買って出たとか」(前同)

これは、志村が抱える「志村大奥」とも言うべき美女軍団と、「春菜一家」の合体を意味するのだという。

「最近の志村のお気に入りである、グラビア出身で、現在は女優としても活躍する多岐川華子をはじめ、杉原杏璃、尾崎ナナ、原幹恵などといったグラドル界の面々が加わってくることになります。彼女たちは志村との飲み会で鍛えられた、ある意味、下ネタの精鋭。ノリのいい吉高、脱ぎたがりの大島あたりとも相性はよさそうですから、エッチな盛り上がりでは『小泉会』をも上回るんじゃないでしょうか」(同)

この「春菜一家」とともに台風の目となりそうなのが、沢尻エリカ率いる「新・沢尻会」の存在だ。

「かつて、沢尻を"エリカ様"と慕う、上野樹里、中川翔子、堀北真希、香椎由宇、若槻千夏など、若く勢いのある女優、タレントのほかに、唐沢寿明や渡部篤郎、伊勢谷友介などのイケメン俳優らの"男子部"まで存在し、夜の六本木を牛耳っていた、伝説の『沢尻会』が、メンバーも一新され、華麗に復活を遂げているんです」(芸能記者)

この「新・沢尻会」には、沢尻とは高校時代からの親友だという、あびる優や岩佐真悠子に加え、ドラマ『ファーストクラス』(フジテレビ系)で共演した佐々木希や菜々緒なども名を連ねており、六本木のクラブのVIPルームで、ドンチャン騒ぎを繰り広げているという。

「男性関係が派手なメンバーが多く、酔うほどに共演イケメンとのエッチな交遊話がポンポン飛び出すようになるそうですね」(前同)


木下優樹菜も沢尻会に加入!?

テレビ美女評論家の八木晶王氏は、この「新・沢尻会」の勢力拡大のカギを握る人物として、新加入組の佐々木希の名前をあげる。

「大人になって丸くなり、軍団の首領としての風格が出てきた沢尻は、一時は不仲も伝えられた佐々木とも電撃和解し、意気投合しているようです。佐々木の親友で、かつての沢尻とは衝突しそうな元ヤンキー・木下優樹菜の取り込みも、今なら可能でしょう。木下は交友関係が非常に広く、青山テルマや加藤ミリヤなどといったトップミュージシャンともつながっていますから、『新・沢尻会』にひとつ強力な人脈が加わることになりますよ」

このように、「春菜一家」同様、「新・沢尻会」も「小泉会」「うの会」を大いに脅かす存在に急成長しているのだ。

また、小規模ながら業界内で注目されているのが、元AKB48・前田敦子の「ブス会」なる集まりだ。

「10年のドラマ『Q10』(日本テレビ系)で共演し、お互いを"ブス"と呼び合う前田、高畑充希、柄本時生、池松壮亮の4人の集まりです。前田は、彼らには心底、心を開いているようで、交際中の尾上松也との、のろけ話も全て打ち明けるようです。その一部始終が、週刊文春の記者にバッチリ聞かれていたこともありました」(芸能記者)


『Q10』の共演者という括(くく)りがあるため、今後、増員は見込めそうもないが、「意外にもガードがゆるく、周囲の目も気にせず、大衆居酒屋で話し声を店内に響かせているといいますから、思わぬスクープが取れるのではと、その動向が芸能マスコミにマークされているんです」(前同)

今後も、美女たちのエッチな女子会の動向から目が離せない。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.