日刊大衆TOP 芸能

東京五輪から50年 当時を知る3人が覇気なし現代日本に大エール!「日本中がひとつになった1964年」

[週刊大衆10月27日号]

体操の天才・内村 濃いワキ毛の秘密

今からちょうど50年前の1964年10月10日、日本国民が待ちに待った東京オリンピックが、ついに開幕した。アジア初の五輪となった東京大会には世界から史上最多(当時)の93の国と地域が参加。

15日間にわたってアスリートの熱き戦いが繰り広げられた。終戦から19年。焼け跡から復興を遂げた日本が、再び世界の仲間入りを果たしたことを国民に強く印象づける大会でもあった。

この年、五輪開催に合わせて東海道新幹線が開通。高度経済成長の波に乗る日本は、熱く燃えていた!

バレーボール金メダルリスト 宮本恵美子 「皆でひとつのボールを追いかけた」

東京五輪の最後を盛り上げたのが、閉会式の前日、10月23日に行われた女子バレーボールの決勝戦だ。

"東洋の魔女"と言われた日本代表チームは、宿敵ソ連を相手に3-0のストレート勝ちを収め、金メダルを獲得した。その中心メンバーとして活躍したのが、サウスポーのエースアタッカー、宮本(現姓・寺山)恵美子さん(77)だった。

「バレーボールは東京オリンピックで初めて正式種目に採用されたうえ"金メダル確実"と言われてましたでしょ。だから、決勝戦でソ連を破り、君が代を聞いたときはホッとした気持ちのほうが強かったですね。日本代表12人のうち、10人は日紡貝塚のチームメイトでしたが、日紡貝塚と日本代表の監督を務められた大松(だいまつ)先生と主将の河西(かさい)昌代さん (結婚後は中村姓。昨年10月3日に逝去)なくして、私たちの金メダルはありませんでした」

日紡貝塚を率いた大松博文監督(78年11月に逝去・享年57)は選手を徹底したスパルタ式トレーニングで鍛え"鬼の大松"と呼ばれた。

また"おれについてこい!"の名セリフでチームを金メダルに導いたことでも知られる。日本代表のお家芸・回転レシーブを考案したのも大松監督だった。

「会社の寮も最初は15畳の部屋に15人で寝てました。食事も私たちには卵が1個余分につくくらいで、あとは一般の社員と一緒。朝8時から午後3時半までは仕事で、それから練習をするんですが、夕食後も練習。夜中の1時、2時はザラで、ときには明け方の4時、5時ということもありました。もちろん、その日も8時出勤です。よく、あれだけキツイ練習をしたなと思いますが、大松先生は"体力に勝る外国人に勝つには練習しかない。相手が3やるなら、こっちは7やらにゃ勝てん"と言うのが口癖でした。厳しいだけでなく、先生はときどき、息抜きに選手全員を大阪に連れていってくれました。映画を観たあとに喫茶店でチョコレートパフェを食べるのが、何よりも楽しみでねぇ」

国内で無敵だった日紡貝塚は60~61年の欧州遠征で24連勝し"東洋の魔女"の異名を取る。

60年の世界選手権リオデジャネイロ大会は銀メダル、62年の世界選手権モスクワ大会では金メダルを獲得し、宮本さんはMVPに選ばれている。

「大松先生も私たちも、62年の世界選手権の優勝を花道に引退するつもりだったんです。ところが、JOCは"東京五輪まであと2年、頑張ってもらいたい"と。あとから知った話ですが、先生は選手全員の親元を訪れ"お嬢さんをあと2年、お預かりします"と挨拶して回っていた。律儀な先生らしいエピソードです」

172センチの長身で整った顔立ちの宮本さんは"元祖アイドルアスリート"でもあった。

実際、男性ファンの多さはダントツだった。

「自分で言うのもなんですが、けっこう人気はあったみたい(笑)。ファンレターももらったし、海外遠征に行くと外国の選手に声をかけられることもありました。そうそう、私が日紡貝塚でまだレギュラーになれない頃、憧れていた男性がいたんですよ。その人にデートに誘われ、寮を出て彼の自転車の荷台に腰掛けて出かけようとしたところ、偶然、後ろから河西さんが現れて"宮ちゃん、バレーとどっちが大事?"って言うんです。慌てて荷台から飛び降りちゃいました(笑)。あのとき河西さんが現れなかったら、私の人生も違っていたかも(笑)。私は試合のときに"自分が決めてやる!"と思ったことは一度もないんです。皆でひとつのボールを追いかける、それが大松先生と私たちが目指したバレーボールだったんですね」

タレント なぎら健壱 「開会式の空は抜けるように青かった」

フォークシンガーでタレント、エッセイストとしてけんいちも活躍中のなぎら健壱さん(62)は、銀座生まれの江戸っ子だ。高度経済成長の真っただ中とはいえ、64年の日本はまだまだ貧しかった。

東京五輪を小学6年生で迎えた、なぎら少年の目に映ったオリンピックとは……!?

「オリンピックの開会式があった10月10日、東京の空が抜けるように青かったのをハッキリ覚えてます。開会式の終わりのほうで航空自衛隊のブルーインパルスが5機、大空に5つの輪を描いて見せたときは、子供心にも晴れがましい気持ちになりましたね。アタシは銀座の生まれでかつしかすが、小3のときに葛飾に引っ越しまして。小6のときに小学校の抽選に当たって、五輪の陸上競技を見に行くことになったんです。意気揚々と国立競技場に出かけたものの、スタンドはガラガラ。外国人選手が黙々とトラックを走っているだけで面白くもなんともない。引率の先生も飽きたんでしょう。

20分もしないうちに"じゃあ帰ろうか"。それで青山墓地でお弁当を食べて帰ってきた(笑)。"オリンピックは実況と解説つきのテレビで見るに限る"というのが、そのときアタシが得た教訓でした。五輪のための突貫工事によって、東京は大変貌を遂げました。首都高速を羽田空港まで延ばすために築地川を埋め立て、景観は二の次にして日本橋の上に道路をかけるような無茶もやった。五輪が残した負の部分は決して小さくない。

でも、その一方で東京オリンピックが日本人にとって戦後最大のイベントであり、お祭りだったことも事実。日本中があそこまでひとつになったのは東京五輪以外にないと思いますよ。だんらんまだ一家団欒があった時代というのかな。1台のテレビに家族全員がかじりつき、声をからして日本選手を応援する光景が見られたのは、あの時代が最後だったような気がします。2020年の東京五輪には賛否両論があったけど、アタシは賛成。クールジャパンじゃないけど、日本のすごさをもう一度、世界に発信して"恐れ入りました"と言わせてみたいね」

『東京五輪音頭』の人気歌手 橋幸夫 「忙しかったという記憶しかない」

60年に『潮来笠』(いたこがさ)でデビュー、大ヒットさせた橋幸夫さん(71)は、64年の東京五輪開催当時、21歳。62年に吉永小百合とのデュエット曲『いつでも夢を』で、第4回日本レコード大賞を受賞するなど、ヒット曲を連発していた橋さんは、すでに押しも押されもしない歌謡界のトップスターになっていた。

「東京オリンピックの頃はものすごく忙しかったという記憶しかありません。開会式も、その他の競技もニュースで結果を知るくらいで、テレビ中継を見た記憶がないんですよ(笑)。唯一の例外は"東洋の魔女"と言われた女子バレーボールの金メダルかな。あ の試合は感動しましたね。当時は映画、舞台、テレビテレビもVTRなんてない時代だから、すべてナマ。夜行列車を乗り継いで地方公演に出かけ、その合い間に『平凡』『明星』といった芸能雑誌の取材を受けるという、そんな日々が続いてました」

"さすがは東京"と言わせたい

「62年には『東京五輪音頭』という曲も出したし、五輪と縁がないわけゃなかったんですけどね。♪オリンピックの顔と顔、という歌詞でおなじみのこの曲は、三波春夫さん、三橋美智也さんをはじめ、レコード会社各社の競作になった。じゃあ、ビクターからは僕で、ということになったんです。64年と言えば、前年にデビューした舟木(一夫)君に続いて、西郷(輝彦)君がデビューした年。これで、いわゆる"御三家"がそろったわけです。まぁ、僕のほうがデビューも早かったし、年長だったので、御三家と言われても、正直、ピンとこなかったんだけどね(笑)。

五輪の前と後では、東京の街も大きく変わりました。東京生まれの人間にとってはうれしくもあり、寂しくもあったんですが、あのとき東京が、日本がひとつになって、熱く燃えていたことは確かです。50年前のオリンピックで日本は戦後の復興ぶりを世界にアピールしたわけですが、次の五輪は経済大国になり、成熟した日本の姿を世界の人たちに見てもらうチャンス。やるからには"さすがは東京"と言われるような大会にしてもらいたいし、したいよね。僕も自分のラジオ番組『橋幸夫の地球楽団』(TBSラジオ・日曜22時~)で、おおいにPRするつもりです。個人的には、この際、都内にある電信柱をすべて地下に埋めてほしい。それくらい思いきったことをやるべきでしょう。東京の街並みは、きっと見違えるくらいキレイになりますよ。実は、2020年の東京五輪は僕のデビュー60周年の年でもあるんです。そういう節目の年に、今度こそゆっくり、オリンピックを楽しみたい。今は、そんな気持ちですね」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.