日刊大衆TOP 芸能

小沢仁志インタビュー「ヤクザ映画はなくしちゃいけない文化」

小沢仁志インタビュー「ヤクザ映画はなくしちゃいけない文化」

1989年、世の中はバブルに浮かれ、華やかで浮かれたトレンディドラマが隆盛を極めていた時代に、主にレンタルビデオ店で貸し出されるための映画として東映Vシネマが誕生した。そこで繰り広げられるのは、オシャレとは程遠い、一般映画でもテレビドラマでも描けない、暴力、カネ、エロスにまみれた世界。そんな社会からはみ出したアウトローたちの血沸き肉躍る物語に、トレンディな世の中に馴染めない不良たちは熱狂し、こぞってレンタルビデオ店に詰めかけた。そこで熱狂的に支持された男たちがいた……。

あれから25年。幾多の“Vシネマ帝王”が生まれては消えたなか、いまだVシネマ界で、またそれ以外の場でも、熱狂的に支持され続ける男たちがいる。

今回、東映Vシネマ25周年を記念して、そんな男たち、哀川翔、寺島進、小沢仁志、小沢和義、浪岡一喜、本宮泰風、大杉漣、竹中直人……などなど、魅力的な面々が再び大集結! 25億円を25人の悪党たちが奪い合う、ザ・Vシネマな映画、『25 NIJYU-GO』が製作された。

Vシネ特別インタビュー第二弾は、“顔面凶器”の異名を持つ現役Vシネマの帝王、小沢仁志が登場! 俳優業だけにとどまらず、監督、プロデューサーとしてVシネマ界を支え続ける"アニイ"は、テレビならピー音満載であろうVシネマ秘話を豪快に語ってくれた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小沢 なに? 今日は俺が何人、Vシネマ女優とやったか言えばいいの?

――ぜひお聞きしたいですが、今回はいいです(笑)。

小沢 あれ、そう?(笑) だいだい俺が出ているVシネマに女自体があんまり出てこないからな。もう、むさっ苦しい現場ばっかり。打ち上げなんか男だらけで最悪だよ。

――そういう男くさい任侠作品を中心に、出演したVシネマは500本以上という小沢さんですが、最初に出演した東映Vシネマって覚えていますか?

小沢 『ベレッタM92F 凶弾』(原隆仁監督'90)かな? 岩城滉一さんが主演で、あと村上里佳子も出てた。岩城さんがレーサーの役だったんだけど、真夏にすげえ田舎にロケで行ってさ。またそこが記録的な猛暑で、気温は40℃近くまで上がったんだよ。もう、うだるように暑かったことを強烈に覚えてるな。弁当のとき、スタッフがふざけてフライパンにたまご落としたらソッコーで目玉焼きができたんだから(笑)。
俺がまだ20代前半のころだから、主役と敵役の間にいて、殺されちゃうような役だったと思うけどね。

――最近は主演されている印象が強いですが、最初の頃は敵役が多かった?

小沢 そうだな。まぁ、そもそも俺はスターじゃなくてアクターだから。

――アクター! どういう意味ですか?

小沢 Vシネマって、選ばれたスターがいてその人が完全無欠の主役って世界だろ? だから脇はスター以上に魅力的に映っちゃいけないという不文律があるわけよ。それはどういう武器を扱うかとか、どういうアクションをやるかとかね。まぁ、なかには(哀川)翔さんみたいな人もいるけど……翔さんは間違いなくスターだろ? でも自分より敵役の俺が目立つようなことをやっても「どんどんやって」っていうタイプなんだよ。「むしろやって」みたいな(笑)。それがまたかっこいいんだけど、でもそれはすごく珍しくて、普通はそうじゃないわけ。だから俺が主役のときはそういうつまらない構図じゃなくて、周りの人間もイキイキしてもらって、作品全体のグレードを上げたいと思ってる。そう思うのがアクター。

――なるほど。小沢さんは監督やプロデューサー業も兼任されることが多いようですが、それは自然な流れという感じがしますね。

小沢 そうだな。

――Vシネマって撮影期間が短くて寝る時間もない、アクションシーンはハードな要求をされるから大変、限られた予算の中でやりくりするからいろんな面で厳しい……などなど、過酷だった思い出を語る役者さんが多いです。なかでもOZAWA組(小沢仁志監督の撮影現場)は過酷だったという話がよく出てくるんですが、それも作品のため?

小沢 まぁ最近、確かによく言われるけど(笑)、でも大袈裟に言いすぎなんだよ、みんな。
過酷っていうか……予算が少ないからこれだけしかできないっていうのは、作る側のいいわけだから。お客さんはそんなの関係ない。三千万円くらいで作ったVシネマでも、『スターウォーズ』と同じ値段でレンタルしてる。そこで俺らが「申し訳ないな」と思ったら終わりだろ? 予算は少ないかもしれないけど、いかにしてゴージャスに見せるかが勝負なんだよ。そのためにはいろいろ考えるし、そりゃあ、多少は体も張るよな?
たとえば中世の城みたいな場所が撮りたくてもセットを作る金がないなら、大阪のUSJに行ってハリーポッターのアトラクションでゲリラ撮影しちゃえ! みたいなスピリッツ? 本当にあそこでやったら次の日パクられると思うけど(笑)。でも俺、あれを何かで見るたびに『ここでドンパチとかカーチェイスをやってみてぇ』って思ってるもん。

――USJのセットを見てそんなこと考えるんですか!(笑) 日々、Vシネマ魂ですね。

小沢 だって、そっちのほうが楽しいじゃん。それはスタッフも同じ気持ちで。
これは俺の監督作じゃなくてプロデュースに関わった作品だけど、『実録・東声会』(辻裕之監督)を撮ったときもみんなすごかった。上海に『カンフーハッスル』とか『上海グランド』でも使われた、1930年代の街並みが再現されたオープンセットがあるんだよ。『東声会』は戦後間もない時代から始まる話。そこを使えば作品のグレードが一気に上がるから使いたいと思ったんだけど、そこを使うと予算の3分の2がたった1日のロケでなくなってしまう。そうなったら日本で撮影する間は、スタッフもキャストも弁当はおにぎり一個くらいしか出せないわけ(笑)。「そうなるけどいいか?」って聞いたら、みんなが「絶対に行きたい!」って言うんだよ。


――スタッフも熱いですね。

小沢 そりゃあ、だって気持ちいいもん。広大なオープンセットの大通りにエキストラを500人呼んで、昔の車をバンバン走らせて。24時間の契約だから、その24時間をフル稼働させて、撮れるものは全部撮りまくった。モニターも見えないのに、巨大クレーンにちっちゃいカメラをガムテープで止めて、ブワ~~っと引きの画を撮ったりね。みんなイキイキしてたな。で、パッと見るとエキストラ200人くらいが脇で休んでるんだよ。「なんでわざわざ500人も呼んだのに休んでるんだよ!」って聞いたら「人を入れ過ぎたら車がかっこよく走らないから」って(笑)。

――贅沢ですね!

小沢 そういう活劇スピリッツみたいなもんがVシネマにはあって、いいと思うね。
そもそも映画だったら、たとえば金属バットで殴って血がバ~っと出たら「カットね」といわれる。でもVシネって関係ないから。どれだけやりまくれるか(笑)。『組織犯罪対策部捜査四課 通称マルボー』って作品で、東京都知事暗殺計画って話をやったんだけど、俺、ゲリラでロケやったもん。

――ゲリラで撮影すること多いんですか?

小沢 ほとんどそう。そして、エキストラ呼べない時は歌舞伎町。なんかそれっぽい感じの人がいっぱい歩いてるじゃん。俺、歌舞伎町一番街を「待て、コラ~~!」とか言いながらしょっちゅう走ってるよ。

――雑誌だと、歌舞伎町でカメラは出すな、というのが鉄則なんですけど……。

小沢 俺は危なくないもん。地回りが来ても「あ、小沢さんか」と思うだけ。

――それ、小沢さんだからできる独自の技ですよね(笑)

小沢 まぁ、歌舞伎町は俺の生まれ故郷だからな。百人町生まれだから。中学生の大半は歌舞伎町にいたから、みんな大目に見てくれるんじゃない?(笑)
やっぱり見る人は、歌舞伎町で撮ってたら「お!」っと思うわけよ。だったら、たとえば歌舞伎町で銃を構えて倒れる画だけ撮っておいて、あとでCGとか効果音を足せば「すっげ~本当に歌舞伎町で撮ってるよ」と思う。 お客さんはその臨場感を楽しみたいわけ。
あと、歌舞伎町って実際にいろんな事件が起こるだろ? パトカーが止まってて、おまわりがいっぱいいて、やじ馬が集まってるような場所を見つけたら、そこに役者を行かせる。それで警官に「おう!」と敬礼して、道を聞いてこさせる。声なんて入らないからな。それを刑事が犯人を捜してるシーンに使ったり。

――あとで怒られないんですか?

小沢 パトカー撮ってたら「なにやってんだ!」っておまわりが来たんだけど、役者に「すみません、パトカーマニアなんで」って言わせたよ(笑)。
映画だといろんな人の責任問題になるかもしれないけど、Vシネってそのへん気にしない人が多いから、そういうところも俺は好きだね。

――あの手この手ですね(笑)。

小沢 そりゃそうだよ。それでスケール感が出て、ライブ感というか、臨場感がでたら最高だろ? そういうのがいいんだよ。

――出演した500本以上の作品のなかで、特に印象に残っている作品はありますか?

小沢 Vシネマもいろいろと流行があるんだけど、一時期、実録ブーム(実話をもとに伝説のやくざ、組織、エピソードなどを描く任侠Vシネマ)があった。実録ブームの初期の頃、Vシネマで作った『広島ヤクザ戦争』は印象に残ってるな。 予算もデカかったし、Vシネマっていうよりは、映画館でやらないだけで完全に本編みたいな構えがあって。すごかったね。

――いまはちょっと考えられないですけど、当時は実録モノって、本物の方も現場に見学にきたりしていたって聞いたことあるんですけど、いざこざがおこったりしなかったですか?

小沢 いや、そんなのはないよ。そういうことはないけど、暴対法ができる以前は、某先輩が名だたる親分をセットに連れてきて困ったことはあった。俺が某有名な方の役をやっているときで、その親分が「お前かぁ、俺の親父をやってるのは。頼むぞ!」って来て、ずっと俺のことを見てるんだよ。これはもう、やりにくいぞ~(笑)。

――そういうときはどういう気持ちでやるんですか?

小沢 文句は言わせねぇよ、みたいな。そういう意味では気合い入るけどね。でも監督より存在感のある人たちがバンバンバンって揃っているわけだから。もう、独特の雰囲気だったね。

―――アクションシーンなどで、小沢さんご自身が危ない目に合ったことはないですか?

小沢 そりゃフィリピンとか海外に行けばいろいろあるよ。でもアクションシーンでケガをするのは、別に俺が好きでやってることだから、痛くても痛いとは言わないし、病院にも行かない。行ったら撮影が止まるから。
肩の筋肉を切ったときだって撮影を続けたもんな。自分では手が上げられないから、スーツを切って後ろから腕に添うように棒を突っ込んでおいて、助監督が後ろから棒を上げたら俺の手が上がる、みたいな(笑)。そんなことばっかり。


――爆破や弾着(銃で撃たれたように見せるために、少量の火薬などを服に仕込む特殊効果)シーンは大きな音が出るので、普通、鼓膜を守るために耳栓をするものですが、OZAWA組や、小沢さん主演作に常連のみなさんは耳栓をしないとお聞きました。「耳栓したら、小沢さんたちに笑われるからできない」と本宮泰風さんもおっしゃっていましたが、そういう伝統があるんですか?

小沢 おかげで難聴気味だけどな(笑)。でも爆破の場合、耳栓をすると音が小っちゃくて距離感がわからなくなるから逆に危ない。特にフィリピンとかで撮るときは、火薬量がアバウトだからマジで危ないんだよ。俺、それで何回も火に包まれてるからね。だから、若いやつには危機を回避するために耳栓はやるなと教えているわけ。まぁ、Vシネマは過酷っていうけど、過酷というより戦場だな。

――改めて、小沢さんにとってVシネマとは?

小沢 ちょっと真面目に答えると、Vシネマっていうのは、若いやつらが世に出ていくための登竜門になる場所であると思うし、あるべきだと思っている。そのためにもまだまだ俺が頑張らねぇとな。
だから、変なやつがいる盛り場とかに行かないようにしてるもん。最近はそれがモットー。だって、サラリーマンが酔ってると、タチ悪いぜ? 「おう、お前あれだろ?」ってしつこく寄ってきたりね。「ハイハイわかったわかった」って対応してたら「なんだよ、その態度は!」って掴み掛ってくるからね。マジでヤクザよりタチ悪い。そもそもヤクザは寄っても来ないから。そういうやつがいるとほんっとイライラするけど、そこはぐっと堪えて我慢してソープランドでもいくか! と気分転換、みたいな(笑)。
俺がなんか事件起こしたら、残りは白竜さんしかいないからな。でも白竜さん、おじいちゃんであんまりアクションできねぇから、やっぱり俺が頑張らないといけない(笑)。

――そうやってVシネマ界を牽引して25年。今回、東映Vシネマ25周年記念作品となる、映画『25 NIJYU-GO』に出演されるわけですが、小沢さんはヤクザの組長役だそうですね。

小沢 そう。俺がやるヤクザの田神ってやつは、ラスト近くまで翔さんと対立する敵役。俺はもともと東映の敵役から上がってきた俳優だから、また原点に戻って「さぁ~暴れるぞ……」と思ってますよ。
ただ、今回はひとクセもふたクセもあるキャストが揃ってるから、みんないろいろと考えて仕掛けてくると思う。だからガキみたいに一から十まで暴れまくるんじゃなくて、みんながガーッと前に出ているときは引っ込んでおいて、たくさん人が死んだあとに「どうだ~」っていう独り勝ちを狙ってるんだ。
翔さんは「小沢、ちょっとは手え抜けよ」とか言ってるから「わかった」って返事してるけど、そんなこと一切思ってない。普段の倍やってやろうと思ってるよ。とことんやってやろうと……(笑)。
まぁそういう算段もあって、最初はヌボ~っと演じて、あえておとなしい衣装にしてるんだよ。でも最後はすげぇ派手になるから。まぁ、すごいアクションシーンになるのは間違いないから、期待していてほしいね。

――Vシネマ誕生25周年記念の作品に出演する思いはありますか?
 
小沢 そりゃあやっぱり、参加できてうれしいよ。Vシネ初期の頃は俺も東映ビデオ作品にばっかり出てたし、東映ビデオに対する思い入れは深いからね。
世の中的には、暴力団排除条例以降、『ヤクザ映画ってよろしくないんじゃない?』みたいな雰囲気があって、Vシネマ=ヤクザというイメージで嫌う人もいる。でもヤクザ映画はいつの時代もあったエンターテイメントジャンルで、なくなっちゃいけない文化だと思うんだ。特に、やっぱり東映っていうのはヤクザ映画の最高のブランドだろ? その火を消さないように頑張り続けてもらいたいよ。 
またVシネマというのは、翔さんとか初期から活躍したスターたちがいて、その下の世代のスターがまた出てきて……という、常に世代が更新されて変わっていく伝統がある。だからまた新たなスターをどんどん出してもらって、ずっとやり続けていってほしいよね。そしてまた5年後には30周年記念作品をやってほしい。そのとき「小沢は使うな」って言われないように、俺も頑張り続けねぇとな。


(文:大道絵里子)


■プロフィール
小沢仁志(おざわひとし)
1962年、東京都生まれ。主な出演作に、『ビー・バップ・ ハイスクール』シリーズ、『SCORE』(室賀厚監督'95)、プロデュース兼主役を務めた『太陽が弾ける日』(横井健司監督'07)、監督・脚本・企画・出演をつとめた『二代目はニューハーフ』('13)など多数。俳優業に留まらず監督・プロデューサーとしても多くの作品を手掛けている。


“Vシネの帝王”哀川翔 主演
『25 NIJYU-GO』
11月1日(土)全国公開!!


悪徳刑事コンビ、横領公務員、老舗ヤクザ、強欲ホステス、謎の殺し屋……。『ワケアリ』の現金25億円に、25人の悪党たちがそれぞれの思惑を胸に、一気に群がる!! 裏社会を舞台に繰り広げられる、欲望と本能のバトルロワイヤル。25億円を奪うのは、いったいどの悪党か!?

出演:哀川翔、寺島進、高岡早紀、温水洋一、小沢仁志ほか
脚本:柏原寛司、大川俊道、岡芳郎、ハセベバクシンオー
監督:鹿島勤

●『25 NIJYU-GO』公式サイト
http://nijyu-go.com/

●【東映×日刊大衆 特別企画】マンガ版『25 NIJYU-GO』公開中!!
最新話はこちら



(C)2014東映ビデオ

小沢仁志インタビュー「ヤクザ映画はなくしちゃいけない文化」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

  • 哀川翔インタビュー「Vシネの撮影は“戦いの現場”だった」 哀川翔インタビュー「Vシネの撮影は“戦いの現場”だった」

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.