日刊大衆TOP 芸能

日本テレビ水卜麻美アナに迫る「不倫芸人と食欲」

[週刊大衆11月3日]

「見た瞬間、"エッ!"と叫んでしまいました。壇蜜のように髪を右側に寄せ、彼女らしからぬ色っぽいヘアスタイルをしていたんですが、髪に隠れた右頬を見るとパンパンに腫れ上がっていて。そんな顔でテレビに出ていたんですよ!」
と話すのは女子アナウォッチャーだ。

衝撃をもたらした主は、ミトちゃんこと日本テレビの水卜麻美(みうらあさみ)アナ(27)。9月中旬、レギュラー出演中の『ヒルナンデス!』で起こった"異変"を放送作家が明かす。
「実は彼女、親知らずをぶっこ抜いてすぐに生放送に出演したので、腫れ上がった顔を隠すためにヘアスタイルを変えたんです。顔が大事な商売道具である女子アナは、歯の治療は、数日間テレビ出演がないときにするのが普通。ましてや水卜アナは、注目度の高い大人気アナ。これは、前代未聞の行動ですよ」
水卜アナにいったい何が起こったというのか!?

だが、ミトちゃんは、その日も松茸たっぷりのクリームコロッケを大口を開けて頬張っていた。
「仕事で見せる食への姿勢はもはや異常(笑)」(前同) とまで言われるが、確かに以前にも増して彼女の重量感が画面から伝わってくる。 それもそのはず、"大リバウンド"していたのだ!
「水卜アナの基本体重は55キロ前後ですが、総合司会を務めた8月末の『24時間テレビ』に向けて減量した結果、5キロのダイエットに成功したんです。だが、大役を果たした解放感で爆食い。現在は推定59.9キロ。60キロの大台に片足を乗せつつあります」(同)
そのおかげで頬はマシュマロのように、二の腕はお餅のように、そしてバストも中身がパンパンに詰まった肉まんのようにムッチリと膨れ上がっているのだ。
「周囲は、"ちょっとは抑えたら……"と心配していますよ」(同)

そんな声もなんのその、先日も先輩アナの羽鳥慎一らと焼き肉を4時間も食べたあと、コンビニでパスタを買うか葛藤し、すんでのところでフライドチキンに"妥協"するという、にわかには信じられない姿を写真週刊誌に激写されている。しかし、ミトちゃんは、食を我慢できない事情を抱えているという。

「"食欲の秋"と言われるように、この時期は普段よりも食のレポートが増える時期です。それに店側は水卜アナが来るとなれば、"これくらい軽く食べてくれるはず"と過剰なサービスをするんです。元来頼まれたら断れない性格の彼女は、期待を裏切れないので、いくら満腹でも嫌な顔ひとつせず、完食せざるをえないんです」(制作会社スタッフ)

そんなミトちゃんの"ノーと言えない"性格が、別のことでも激ポチャ化に拍車をかけているという。
「日テレのお局(つぼね)女子アナは口うるさくて、若い女子アナは容赦なく雑用を頼まれるんです。水卜アナくらい多忙なら普通は断りますが、彼女はすべて引き受けてしまう。それが局内でも人気があるゆえんですが、その分、仕事が長時間化し、ストレスがたまっているんです」(前出・放送作家)
ストレスの元はそれだけではない。実は本誌にも責任があるというのだ。
「週刊誌の記事をことさら気にしていて、"見てくださいよ! こんなこと書かれましたよ! キーッ!!"と、絶叫している姿をよく見ます」(前同)

ミトちゃんが絶叫しまくったに違いない、今年1月にフライデーされた日テレ報道局の彼との交際は続いているようだが、 「忙しすぎてまったく会えてないみたい」(同) という現状では、"癒し"は、まさに"食べること"しかないのだ。そんな彼女を、さらなる不幸が襲った。
芸能ジャーナリストの片岡亮氏が話す。
「実は、先日離婚したお笑い芸人の狩野英孝が、まだ離婚する前に水卜アナに連絡先を教えたそうなんです。ですが、彼女はまったく相手にしなかったようで、いくら待っても狩野に連絡はなかったそうですよ」
狩野と言えば、離婚原因としてW不倫が報じられ、"クズ芸人"の称号が与えられた男だ。

「周囲の"大食い期待"、過度のストレス、不倫芸人からのうっとうしいアプローチで、水卜アナは"食欲地獄"に陥ってしまった。突然の親知らずぶっこヌキは、食べられない時期を強制的に作ることで、食欲地獄から抜け出すためだったのではないでしょうか」(前出・放送作家)
水卜アナの英断(?)の効果を、本誌は注視していきたい。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.