日刊大衆TOP 社会

野望は尖閣の先へ… 中国が「太平洋を狙い始めた!」

[週刊大衆11月03日号]

日本が誇る美しい南の島々が傍若無人に荒らされている!そこには尖閣同様に、中国の傲慢そのものの”野心”が!!

日本の海が無法国家によって蹂躙(じゅうりん)されている。
「その象徴的事件が10月5日、小笠原諸島・父島沖の領海内で起こりました。同海域で赤サンゴの密漁を繰り返していた中国漁船てっついに、海上保安庁が鉄槌を下したんです」(海保関係者)

同日午後3時半、警告を無視して不法操業を続ける中国漁船(10数隻の漁船団先頭にいた1隻)に、海保巡視船が体当たりし横付け。
完全武装した海保精鋭部隊が一斉に中国船(船員11人)に乗り移り、同船々長(39)を外国人漁業規制法違反で緊急逮捕したのだ。
「後に判明したのですが、同漁船の左右船べりには2メートルくらいの鉄製の槍がズラリ。海保の捕縛手順が少し狂えば、中国漁船員との間で死闘が繰り広げられていたかもしれません」(前同)
人類の宝である世界遺産・小笠原の美しい自然と日本の領海を荒らす、傍若無人な振る舞い。同海域での中国漁船の"海賊行為"は、今年に入ってから頻繁に行われているという。

海保の調査によると、つい最近でも9月15日に17隻、23日に25隻、そして10月1日には40隻もの中国不法漁船団が同海域に出没しているというのだ。
この中国無法者漁船団と遭遇し、恐怖の瞬間を味わったのはプロのフリーダイバー、篠宮龍三氏(37)。
「9月25日午後3時頃でした。父島沖でのダイビングを終え、港に帰ろうとしていたところ、進路を20数隻の船団(中国漁船)に妨害されたんです」
それらの船の多くは古く赤錆が浮き出ていたという。
「"どこの船だ?""何やってんだろう?""薄気味悪いな、まるで幽霊船だ!"など、同乗していたダイバー仲間は、皆、口々に気味悪がっていました」(前同)

その中国漁船団の第一の狙いは、小笠原沖に生息する貴重な赤サンゴだった。
「中国では、赤い色が幸福を意味するので、赤サンゴが富裕層を中心に人気です。質のいいものでは、1キロ150万円を超えることも。彼ら中国漁船団は、不法を承知で日本領海内に侵入。"宝石サンゴ"を求めて密漁を繰り返しているんです」(父島漁協関係者)
そもそも中国船の横暴は枚挙にいとまがない。たとえば、アジア屈指の大漁場・東シナ海。中国船団は、ここでも非道を繰り返しているのだ。

「強力な集魚灯を備えた最新鋭の漁船で、周辺の魚を巨大な網で捕り尽くし、漁場が再生不能なほど荒れてしまってもお構いなしです。なかでも、尖閣周辺での違法操業は、ここにきて激増。海保によると、今年1~9月だけで208件にも。これは昨年1年間の2.4倍。11年度の実に26倍です」(沖縄県漁協関係者)
このまま無法状態が続けば、いつか10年秋のような衝突事件が起き、日中が一触即発の状態になると関係者は危惧するのだが……。 太平洋を米国と二分する野望

「実は、それこそが中国の狙いです」と断言するのは防衛省関係者だ。
「中国政府の意を受けた漁船が他国領海に侵入して不法操業し、トラブルが起これば、これ幸いと自国漁民保護の名目で中国政府が猛抗議してきます。だほもし、船員拿捕といった事態に発展すれば、中国海軍が出張って圧力。相手国が屈しなければ軍隊を上陸させて、紛争下の島を制圧する作戦です」(前同)

つまり、漁船団大挙襲来の、もう一つの狙いは"領土拡大"だというのだ。
実際、中国は、これまで南シナ海で侵略行為をさんざん行ってきた。ベトナム領海内での石油掘削や、フィリピン南沙諸島の占拠これらと同様、今、その"魔の手"を日本にも本格的に伸ばし始めたという。
「それが、日本領海内での赤サンゴ密漁であり、尖閣での違法操業の数々となって表れているんです」(同)

不穏な動きは、これだけではない。
04年に中国の原子力潜水艦が石垣島周辺海域を領海侵犯した事件が発覚した。以降、中国の潜水艦隊は鳴りを潜めているように思えたが、実際は日本近海を中国潜水艦がうろうろしていることは、防衛関係者の間では常識。
やはりというか、ここ最近になって日本近海周辺でしきりにキナ臭い動きを見せ始めているという。

軍事評論家の神浦元彰氏が言う。
「習近平率いる中国海軍は、新たに対米防衛線を定め、現在、その構築に邁進(まいしん)中です。この対米防衛線構築が成れば、極東勢力図は根底から変わり、今後、新たな紛争のタネとしてクローズアップされるのは火を見るより明らかです」
ちなみに、中国が描く対米防衛線とは、まず近海防衛を目的とした"第一列島線"。これは九州を起点に沖縄、台湾、フィリピン、ボルネオ島に至るライン。尖閣諸島に対する中国の挑発は、このラインを確保する工作の一環だと言えよう。
そして、野望の完成図が"第二列島線"だ。

これは、伊豆諸島を起点として小笠原諸島、グアム・サイパン、パプアニューギニアに至るライン。
近年の小笠原での密漁は、中国がここにも手を伸ばし始めた表れなのだ。それが完成すれば、地図を見ればわかるとおり、日本の半分までもが"勢力域"に置かれることになる!

中国の最終目的は、この第二列島線の完全制圧なのだという。
「近い将来、習中国はこの列島防衛ライン内を自国領海と宣言し、太平洋の権益を米国と二分する野望を抱いています」(神浦氏)
そのとき……日本が無事であるはずはないだろう。

海洋強国を掲げ、領土的野心をむき出しにする中国。
太平洋の支配の布石はすでに打たれているのだ。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.