日刊大衆TOP 芸能

温水洋一インタビュー「痴漢シーンで『アソコも触って』と言われました(笑)」

温水洋一インタビュー「痴漢シーンで『アソコも触って』と言われました(笑)」

1989年、世の中はバブルに浮かれ、華やかで浮かれたトレンディドラマが隆盛を極めていた時代に、主にレンタルビデオ店で貸し出されるための映画として東映Vシネマが誕生した。そこで繰り広げられるのは、オシャレとは程遠い、一般映画でもテレビドラマでも描けない、暴力、カネ、エロスにまみれた世界。そんな社会からはみ出したアウトローたちの血沸き肉躍る物語に、トレンディな世の中に馴染めない不良たちは熱狂し、こぞってレンタルビデオ店に詰めかけた。そこで熱狂的に支持された男たちがいた……。

あれから25年。幾多の"Vシネマ帝王"が生まれては消えたなか、いまだVシネマ界で、またそれ以外の場でも、熱狂的に支持され続ける男たちがいる。
今回、東映Vシネマ25周年を記念して、そんな男たち、哀川翔、寺島進、小沢仁志、小沢和義、浪岡一喜、本宮泰風、大杉漣、温水洋一、竹中直人……などなど、魅力的な面々が再び大集結! 25億円を25人の悪党たちが奪い合う、ザ・Vシネマな映画、『25 NIJYU-GO』が製作された。

Vシネ特別インタビュー第三弾は、これまでお話を伺ったコワモテの"Vシネマの帝王"たちとは一線を画す、個性派俳優・温水洋一が登場! 
一見、東映Vシネマとは無関係そうに思える"ぬっくん"だが、実はとあるエロスシリーズで大活躍していた過去がある。果たしてその作品とは……!?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

――温水さんとVシネマって馴染みがないように思えますが、実は名作と名高いエロスもののシリーズに出ていらっしゃるんですよね。

温水 そうなんですよ。Vシネマっていうとドンパチとか任侠もののイメージがありますが、ギャンブルとかエロチック路線もありまして。Vシネマは確か『パチンカー奈美2』 (93年・光石冨士朗監督)という作品に出たのが最初だったかな。その次に、東映ビデオの『痴漢日記 尻を撫でまわしつづけた男』(94~97年・富岡忠文監督など)シリーズにレギュラーで出させていただきましたね。ま、最初はレギュラーになるとも思ってないんですけど(笑)。1994年くらいかな? 

――94年というと、温水さんご自身がまだそんなにドラマや映画に露出してないころですよね?

温水 ええ、当時はまだ大人計画という劇団にいまして、映像の仕事はそんなにやってなかった時期ですね。ちょこちょこ端役で出していただいていた時期だったので、『痴漢日記』のプロデューサーさんからお声掛けいただいたときは嬉しかったなぁ~。今までよりも役が大きかったし、けっこう短い間にシリーズでどんどん撮ったので「あ、お金ってこんなにもらえるんだ」みたいな(笑)。

――『痴漢日記』シリーズで温水さんが演じられた、「ガム男(がむお)」という役は強烈でしたね。もう、いまの温水さんからは想像がつかないくらいギラギラしていてヤバい感じが醸し出されていて……。

温水 ギラギラ……そうですよねぇ(笑)。『痴漢日記』は主役の男性がだいたい痴漢グループのなかに巻き込まれて話が始まっていくんですけど、僕の「ガム男」は、その痴漢グループの古参の一人。いつもガムを噛んでいて、狙った獲物を痴漢したあとに噛んでいたガムを印(しるし)としてスカートにつけて去っていくんですよ。だから、ガムを噛みがなら痴漢のターゲットとなる獲物をギラギラした目で追いかけているという……まぁヤバいですよね(笑)。
だって僕、いまだに言われますもん。『痴漢日記』はたまにWOWOWとかで一挙放送されたりするんですよ。そのあとでテレビ局に行ったりすると「ガム男よかったね~」ってプロデューサーの方に声を掛けられたり、某国民的アイドルの方にも「ガム男見たよ!」なんて言われて「本当ですか!?」と驚いたこともありました(笑)。それはありがたいなぁと思うし、自分のフィルモグラフィの中でも大切な作品として残っていますね。
でも、いまだにそう言ってもらえるのは、やっぱり『痴漢日記』という作品が単なる痴漢物のHなVシネマではなくて、素晴らしい作品だったという証明だと思うんです。シリーズを通して台本もよかったですしね。


――痴漢ものなのに?

温水 いや、あれは悲しいお話なんですよ!! そりゃあ痴漢はダメですよ? 痴漢はダメなんですけど、やめたくてもやめられない痴漢集団の悲しい性といいますか……。

――ごめんなさい、拝見していますので本当は知ってます(笑)。痴漢ものだけど男も女も切ないし、心温まるし、素晴らしい作品ですよね。温水さんが男主役となる『痴漢日記4』なんて号泣しましたよ。

温水 うわ~、ありがとうございます! そうなんですよねぇ~。だいたいどの作品も中盤までは、螢雪次朗さんとか大森嘉之君とか痴漢仲間が、居酒屋で焼き鳥をつまみながら「今日は○○線の何両目にいい女がいてさ」みたいな話とか、痴漢の美学みたいな話をマジメに語り合ったりしているんですけど (笑)、最後はその回の主役の女の子のためにみんなで一肌脱ぐ。それでも恋は実らず去っていくという……。僕の回も、相手役の清水ひとみさんが演じた真帆も、何とも言えない切なさを背負った女性で、彼女のためにガム男と仲間が奔走する。ハートウォーミングないいお話でしたね~。

――シリーズ撮影中に、印象に残っていることはありますか?

温水 人情味あふれる人たちのお話だったし、共演した方々とも和気あいあいとして撮影は本当に楽しかったんですけど、体力的にはハードでした。だから、やっぱり大変だったな~ということが一番に思い浮かびますね。
なにが大変かって、撮影期間が一週間くらいしかなかったから睡眠時間が全然とれなかったんですよ。それがツラかったのと、もう一つは、ゲリラでいろんなところに行って撮影するから、街の騒音とか救急車のサイレンが鳴り止むのを待っている時間がなくて、オールアフレコ(撮影中に音声は録らず、映像に合わせて後でセリフを録音すること)だったんですよ。『あれ? マイク持ってる人がいない……』って気づいたときは衝撃でしたね(笑)。
一応、ちっちゃなマイクロレシーバーでセリフを録ってはいるんですけど、結構アドリブでしゃべることも多かったし、それを記録してくれる人もいないから、自分で台本にメモしたりして。後日、東映のアフレコルームで3日くらいかけてオールアフレコしたんですけど、僕、全部アフレコでやるのは初めての経験だったから、リップを合わせたりするのがすごく大変でした。

――ゲリラ撮影は、たとえばどういうところへ?

温水 う~ん……これは時効だと思うので言いますけど、許可なしで埼京線に乗って撮影したりしてました(笑)。

――えー! 本当に痴漢が多くて有名な電車ですよね!?

温水 カメラを風呂敷で包んで隠して(笑)。エキストラをたくさん入れて、一般のお客さんの中に紛れて撮影をしたりしていましたね。

――普通に乗り合わせたお客さんが見て勘違いして「キャー、痴漢よ!」とか騒がれることはなかったんですか?

温水 あ、実際に手がアップになって触っているようなシーンは緑山のスタジオの中にセットを作りまして、そこで撮っていたから大丈夫です(笑)。

――なんだ、失礼しました。でもその触るシーンも結構、過激でしたよね?

温水 そうなんですよ。もちろん触られる方も皆さん、演じているわけですけど、なんか僕も触りながら「あれ? この人、本当に嫌がってるんじゃないかな。大丈夫?」と思うこともありました……というか、シリーズ一作目は普通のプロダクションの女優さんがいらっしゃったんですが、本当に嫌がってましたね(笑)。
富岡監督は、僕にだけコッソリ「リハーサルはスカートの上から軽いタッチでいいけど、本番はスカートをまくりあげてパンツの上からアソコの部分も触って」って言うんですよ。「え!! 本当にやるんですか?」みたいな(笑)。
何度も確認したんですけど「リアルさを追求したいからやってくれ」と言われれば、僕ら役者は監督のいう通りにやらないといけないですからね。それで本番になって本当に触ったら、相手の女優さんはすごく嫌がった。言葉にはしないけど、目が「え、ここまでするって聞いてないよ!? スカートの上からじゃないの?」と非難している感じで……。僕の手をはじいて身をよじって、結果、確かにすごくリアルな痴漢の映像が撮れていました。でも『2』からは、触ってもOKなグラビアの女性が呼ばれていましたけど(笑)。

――東映V25周年を記念して『痴漢日記』もDVD化されて発売されますから、『1』とそれ以降の作品の痴漢シーンを見比べてみるのもいいかもしれませんね。

温水 あ、発売されるんですか! 嬉しいなぁ。たぶん違うと思いますのでぜひ見比べてみてください(笑)。

――さて、今回の映画『25 NIJYU-GO』では、60億円を横領して女につぎ込む九十九という役を演じられていますね。話の軸となる25億を持って逃げる男ですが、演じてみていかがでした?

温水 確かに話の軸となる男なんですけど、九十九はとても情けない変態ですね(笑)。でも60億も横領しておいて、いろんな人に命を狙われながらも妙に飄々としている。ドンパチに遭遇しても、ひどい目にあっても、女性のお尻ばかりを追いかけて飄々としているんですよ。これは面白いなぁと思って、お話をいただいたとき事務所の社長さんに「ぜひやらしてくれ」と言いました。

――九十九はこう演じてやろうとか、考えていることはありますか?

温水 いや~、あんまり考えずにもう飄々としてようと思っています(笑)。なんといっても哀川翔さん、寺島進さん、小沢仁志さんとか強面の方々ばかりがいるので、僕はそうするしかない。だってもうスクリーンでの画が浮かびますもん、強面の方に囲まれて僕がヘラへラしているという(笑)。だいたい考えてもきっとわからないですからね。60億も横領して女性に使った人の気持ちなんて。

――共演者の方とはいかがですか?

温水 今まで共演していない人はいないくらい知っている方が多いので、現場は楽しいです。
哀川翔さんとも何度かご一緒させていただいているんですが、ただ、こうやってバンバン撃つ翔さんと共演するのは初めてなんですよ。間近で見たら本当にかっこよくて、翔さんが登場したら一気に“哀川翔 ザ・ムービー”みたいな感じになるんですけど、それは見ているファンの方も「待ってました!」って感じだと思う。そこに僕も一緒に登場できて、名前を連ねさせていただけるというのは光栄ですね。

――では改めて、見どころを教えてください。

温水 ほかにも大杉漣さんとか石橋蓮司さん、竹中直人さん、高岡早紀さんとか、錚々たるメンバーがみなさん楽しんでやっています。きっとド迫力で豪華なエンターテイメント大作になると思いますね。まぁ、僕的には久々にカラミがあるし、少しHなシーンもありますので、そこも見どころでしょうかね(笑)。ぜひ劇場に見に来てください!


(文:大道絵里子)

■プロフィール
温水洋一(ぬくみずよういち)
1964年、宮崎県生まれ。88年より数々の小劇場出演を経て、舞台・映画・ドラマ・バラエティと幅広く活躍。近作は、ベルギー・ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭で準グランプリを受賞した主演作『ABDUCTEE』(山口雄大監督‘13年)、『猫侍』(山口義高監督’14年)、公開待機作に『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』、『リトル・フォレスト 冬/春』、『騒音~THE FIVE OYAJI~』(関根勤監督)など。現在は「タカトシ・温水のぶらり旅」(CX)、「社会のトビラ」(NHK Eテレ)、「BE!ポンキッキーズ」(BSフジ)にレギュラー出演中。


“Vシネの帝王”哀川翔 主演
『25 NIJYU-GO』
11月1日(土)全国公開!!


悪徳刑事コンビ、横領公務員、老舗ヤクザ、強欲ホステス、謎の殺し屋……。『ワケアリ』の現金25億円に、25人の悪党たちがそれぞれの思惑を胸に、一気に群がる!! 裏社会を舞台に繰り広げられる、欲望と本能のバトルロワイヤル。25億円を奪うのは、いったいどの悪党か!?

出演:哀川翔、寺島進、高岡早紀、温水洋一、小沢仁志ほか
脚本:柏原寛司、大川俊道、岡芳郎、ハセベバクシンオー
監督:鹿島勤

●『25 NIJYU-GO』公式サイト
http://nijyu-go.com/

●【東映×日刊大衆 特別企画】マンガ版『25 NIJYU-GO』公開中!!
最新話はこちら



(C)2014東映ビデオ

温水洋一インタビュー「痴漢シーンで『アソコも触って』と言われました(笑)」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.