日刊大衆TOP 芸能

ズバリ本音で美女トーク☆半井小絵(気象予報士)

[週刊大衆11月10日号]

ズバリ本音で美女トーク☆半井小絵(気象予報士)

もっと画像を見る

精神的な強さを持っている男性が好きですね。 デートに行くなら"温泉旅行"がいいかなウフフ

NHK『ニュース7』でお天気キャスターとして注目され、“7時28分の恋人”の愛称で人気を誇った半井小絵さん。中高年のアイドルとして親しまれた癒し系が、初の写真集を発売するという。大胆なランジェリー姿にもチャレンジした撮影のマル秘エピソードから近況、そして素顔までズバリ迫った!

――今度、写真集を出されるとか。うれしい驚きです。

半井 私も最初、お話が来たときは"まさか私?"って思ったんですが……。いろいろ考えた結果、挑戦させていただきました!

――半井さんは『NHKニュース7』のお天気キャスターで、"7時28分の恋人"との愛称で親しまれた中高年のアイドル! ファン待望の写真集です。

半井 そう言っていただけると、何よりですけど。

――写真集のコンセプトはどんな感じでしょう?

半井 大人の女の格好よさを出したいな~と思いまして。当初、海外で撮影されるというお話だったのですが、それだと自分の中で格好いいイメージが浮かばなかったので、お願いして国内に。私が一度行ってみたかった富山県の雨晴(あまばらし)海岸をリクエストしました。

――富山県ですか!

半井 はい。雨晴海岸という地名も気象予報士の私にピッタリなんじゃないかな~と。だから、写真集は、富山から能登半島を私と一緒に旅をしている気分を味わっていただければ。

――いいですね~。しっとりとした大人の旅ですね。

半井 そうですか?

――能登半島といえば、演歌の世界ですよ。大人の男女が、日本海をバックに忍ぶ恋を育むイメージ。

半井 私に、その感覚はなかったです(笑)。今回の撮影のときも、男性と女性の目線の違いに驚きました。

――どんなところですか?

半井 カメラマンさんが太もも腿のアップを撮ったんですが、女性の目線では、脚なんか撮られてもキレイとは思わないんです。でも、男性は"その脚がいい!"って言うんです。感覚の違いが不思議でしたね。

――いや~、女性の脚は色っぽいですよ。

半井 そうなんですね~。あと、顔の表情も、私は女性が見ても格好いいって思ってもらえる、凛とした表情を撮ってほしいのに、気が抜けて、油断しているときの表情のほうが柔らかくて男性陣はいいと。

――まさに、そのとおり。

半井 なぜでしょう?

――半井さんの優しい表情に癒されるからです。

半井 へえ~。男性の目線って、やっぱり不思議。

――じゃあ、逆に半井さんお気に入りのシーンは?

半井 印象に残っているのは撮影の最終日。不思議なことが起こったんです。

――まさか、怪奇現象?

半井 いえいえ。むしろ、神様の存在を感じたほどですよ。最終日は予定を決めずに、車に乗って好きな場所で撮影しようということになったんです。それで私が"ひまわり畑に行きたい"と思い立ちまして。

――ひまわり畑なんて、そう見つからないでしょ。

半井 スタッフの方も"あるかなぁ"と言っていたんですが、調べてみたら、10分ぐらいの場所に、ひまわり畑があったんです。

――確かに、それは神がかっていますね~!

半井 はい。その畑で撮った写真は、ひまわりが私の周りで笑っているようで、すごく気に入っています。

――花が笑っている、なんかステキな表現ですね。

半井 それと私、職業柄、撮影場所も気象に関連する用語にこだわったんです。ひまわりも気象衛星ひまわりに掛けているんですよ。

――こだわりですね~。

半井 それ以外では、雨晴駅で撮った写真や、浴衣を着て、お祭りで撮った写真なんかも好きですね。

――なるほど。では、男性から見て、色っぽい写真も紹介してください!

半井 う~ん。すっぴんの写真ですかね。私は最初、ダメです、って言ったんですけど、カメラマンさんが"絶対撮りたい"と、おっしゃるので。でも、あとで写真を見せてもらったら、自分でも気づかなかった"恥じらい"が出ていて、なんかいいかもって……。

――恥じらう女性は実に色っぽいです!

半井 男性的には、こういうのがいいんですかね?

――個人的な意見として、濡れたワンピースから透ける素肌と白下着。豊かな胸の谷間がセクシーな紺色のランジェリーが、素晴らしかったな、と。

半井 あ~、はいはい。

地球と一体になれた気分

――コメントなしですか?

半井 だって、恥ずかしいんですよ! でも、紺色のランジェリーはお洒落で、私もお気に入りかも。

――では、もうひとつ。浅瀬で仰向けに浮いている写真もセクシーでした。白いワンピースがピタッと張り付いて、悩ましい体の曲線が浮かび上がって……。

半井 体のラインは置いといて、あれはいいですね!

――乗ってきました!

半井 早朝の海で撮ったんですけど、とても気持ちがよかったんです。朝日を浴びながら、波の音を聞いていると、地球と一体になれたような気分でしたよ。

――おおっ。"地球と一体"ですか。素晴らしい!

半井 ありがとうございます(笑)。

――ちなみに最近は、気象や防災の講演も全国各地でなさっているんですよね。

半井 はい。私は天気予報や防災情報の正しい知識を身につけることが、自分の命を守ることにつながると思っているんです。特に近年は集中豪雨が頻繁に起こっていますし。
たとえば、自治体が出す防災情報には、避難指示や避難勧告があるのをご存じですか?危険度はどちらが高いと思いますか?

――避難勧告ですかね。

半井 そう思われてしまいますか……。実は、危険度の高さでは指示なんです。指示には命令の意味がありますから。でも、勧告のほうが言葉として強く聞こえるので、勘違いされている方が多いんです。

――知らなかった……。

半井 だから、避難指示が出たとき"指示だからまだ平気"と避難しないと、命の危険もあるんです。

――半井さんはブログでもよく、災害に関する知識などを書かれていますよね。

半井 災害が起こる危険のあるときだけですけどね。普段は何を食べたとか、ネイルの話とか、他愛もないことを書いています(笑)。

――そういえば、今日のネイルもステキですね。それはコスモスですか?

半井 はい。秋らしいコスモスの花を描いてもらっているのですが、過ぎ去った夏がまだ恋しいといった思いを込めて、コスモスを夏っぽい青色にしました。そこに、少しずつ秋めいてくる、といった変化をつけようと、親指と小指は秋っぽい色にしているんです。

――細やかですね~!

半井 ありがとうございます。ネイルは本当に大好きで、少しでも剥がれてくると、恥ずかしくて。ノーメイクを見られたぐらいに。

――なんか意味深ですね。では、半井さんから見たステキな男性のタイプは?

半井 難しい質問ですね。精神的な強さを持っている男性がいいですね。自分というのをしっかり持っていて、人にも優しい。

つい飲み過ぎちゃうんです

――ではデートするなら、能登半島がいいですか?

半井 そうですね~。私は温泉も好きなので、温泉旅行も行きたいです。

――お酒も飲まれるとか?

半井 まあ、適度に。よく飲むのがワインとか梅酒とか……。

――酔っ払うほうですか?

半井 ほとんど酔っ払わないんですけど、たまに仕事で飲むと、ちょっと……。

――どうなるの?

半井 無理しちゃうんですよね~。場を盛り上げなきゃと思って、自分から注ぎに行って、注がれ返して。そうやってついつい飲んでいるうちに、酔っ払ってしまうときがあるんですね。

――周りを気遣って、頑張ってしまうんですね、いい人だな~。ちなみに今後、挑戦したいことは?

半井 いろんなことにチャンレンジしたいですね。

――では、女優も?

半井 いや、私なんて……でも、興味はあるんです。私は森光子さんが憧れの人で、NHKで天気キャスターをしていた頃、最初にお会いしたんです。
『放浪記』2000回で森さんがNHKにきたとき、私に会いたいとおっしゃってくださり、一緒に写真を撮っていただいたんです!

――つまり森光子さんのような女優になりたい、と。

半井 そんな大それたこと言ってませんっ!

――すぐムキになるところが、かわいいいですね。では読者にメッセージを!

半井 写真集には私自身も気づかなかった"素顔"がたくさん写っています。そういうところもご覧いただければ幸せです!



今後は、さまざまなジャンルに挑戦したいと語る半井さん。まずは彼女との富山~能登半島周遊の旅を楽しめる写真集をご覧あれ!


●サイン色紙プレゼント●
半井小絵さんのサイン色紙をご応募いただいた方の中から抽選で一名さまにプレゼント!
住所・氏名・年齢、「半井小絵さん サイン色紙希望」と明記のうえ、こちらへメールをお送りください。
応募する

なからい・さえ
1972年12月26日、兵庫県伊丹市出身。日本銀行に入行後、『NHK気象情報』や『NHKニュース7』などで気象予報士として活躍。現在は、NPO法人火山防災推進機構客員研究員として活動中のほか、全国各地で気象、防災についての講演を多数、行っている。ファースト写真集『雲の向こうへ』(イーネットフロンティア)は11月7日発売予定。発売記念イベントは、11月15日(土)17:30~福家書店新宿サブナード店にて。最新情報は公式ブログ:http://ameblo.jp/nakarai-sae/を要チェック!

ズバリ本音で美女トーク☆半井小絵(気象予報士)

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.