日刊大衆TOP 芸能

寺島進インタビュー「Vシネは俺にとって一筋の光明だった」

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

寺島進インタビュー「Vシネは俺にとって一筋の光明だった」

1989年、世の中はバブルに浮かれ、華やかで浮かれたトレンディドラマが隆盛を極めていた時代に、主にレンタルビデオ店で貸し出されるための映画として東映Vシネマが誕生した。そこで繰り広げられるのは、オシャレとは程遠い、一般映画でもテレビドラマでも描けない、暴力、カネ、エロスにまみれた世界。そんな社会からはみ出したアウトローたちの血沸き肉躍る物語に、トレンディな世の中に馴染めない不良たちは熱狂し、こぞってレンタルビデオ店に詰めかけた。そこで熱狂的に支持された男たちがいた……。

あれから25年。幾多の"Vシネマ帝王"が生まれては消えたなか、いまだVシネマ界で、またそれ以外の場でも、熱狂的に支持され続ける男たちがいる。
今回、東映Vシネマ25周年を記念して、そんな男たち、哀川翔、寺島進、小沢仁志、小沢和義、浪岡一喜、本宮泰風、大杉漣、温水洋一、竹中直人……などなど、魅力的な面々が再び大集結! 25億円を25人の悪党たちが奪い合う、ザ・Vシネマな映画、『25 NIJYU-GO』が製作された。

Vシネ特別インタビューの最終回を締めくくるのは、北野武監督作品でもおなじみの寺島進が登場! 今や誰もが知る一流俳優、しかし25年前は大部屋俳優だった!? Vシネマ25年の歴史とともに自らの半生を振り返る!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

――寺島さんは記念すべき東映Vシネマ第一弾、『クライムハンター』(大川俊道監督 89年)にもご出演されているんですよね。

寺島 そう。もう25年前だから、俺が大部屋でやってる頃かな。
Vシネが誕生した最初って、映画でもできない、テレビドラマでもできない、画期的なものを作ってやるぞ! って趣旨があったじゃない? 『クライムハンター』はその初めての試みだから、現場はすごく活気があってキラキラしてたな~。とにかく銃器にこだわっていて、すごいガンアクションをやってやる! というテーマの作品で楽しかったね。

――寺島さんはどういう役だったんですか?

寺島 剣友会にいたころだからアクション要員でね。サブマシンガンをブッ放しながらビルから落っこちていく役だった。でもちゃんと"赤っ鼻"って役名をもらったんだよ。だから『よし! このアクション、キメてやる!』みたいな、いい意味で気負っていた部分があったかなぁ。

――実際、キメました?

寺島 そりゃ、ちょっとはアピールできたんじゃない?(笑) そのときは役者として25年やっていけるなんて思っていないわけでしょ? 小さい役だったけど、俺にとっては『この先やって行けるかな……』と思えるような、一筋の光というか、そんな現場だったね。

――よく「Vシネマの現場は過酷」といいますが、寺島さんの思い出に残る、大変だったVシネマって何ですか?

寺島 大変っていうか、よく覚えてるのは『ピアスの女』(辻裕之監督 95年)っていうSMの世界を描いた作品があって。ヒロインが風吹アンナちゃんと、松本コンチータっていう濃いメンバーだった。風吹さんは本物のSだから……いやSだったかMだったか忘れたけど(笑)、とにかくホンモノだから、芝居的には辻監督が「OK」を出してるんだけど、「いや、リアルに考えたらこうはならない」とか言って納得しないんだよ(笑)。それでまた芝居を直したりしたことがあったね。俺なんか全然わからないから、それを聞いて『そうなんだ、ローソクってこうやって垂らすんだ。縛るときはこうやって縛るんだ……』なんて勉強させてもらったんだけど。



――そんなお話を聞くとレンタルして見たくなりますね。

寺島 いいよ、見なくて! 恥ずかしいよ(笑)。
あと、ホンモノといえばさ、任侠もののVシネマで初めて主演やらせてもらったのが『関東やくざ戦争』(石原興監督 03年)って実録ものだったんだけど、当時はホンモノの人たちがウロウロしてて、やりづらかったねぇ。暴対法もできたし、今では考えられないけど、そんなこともあった。でも石原監督がうまく愛情をこめて気を遣って撮ってくれてね。それは本当にありがたかったな。
あとは5、6年前にやった白竜さんの主演作品の現場も大変だった。白竜さんから直々に「いつごろ空いてんの?」みたいな感じでオファーの電話がかかってくるんだよ(笑)。過酷な現場になることはわかってるから『うわぁ来たよ~』とか思うんだけど、断れないでしょ? 「いつっていうか……○月×日なら空いてるんですけど」って言うと、「じゃ、その一日でいいから」ってなる(笑)。
だから一日だけなんだけど、その一日が長かったね~。平気でてっぺん(深夜0時)超えるし。昔は「低予算」と言いながらもそれなりだったけど、最近は本当にどんどん予算が削減されてるから、現場がどんどん過酷になってる。出演者もそうだけど、スタッフはもっと大変で可哀想だよなぁって思った。

―――いろんな種類のご苦労をされてますね。

寺島 そうね。でも俺、そんなに本数は出てないんだよ。Vシネマが全盛の頃、生意気にも時流に逆らって「Vシネ? 出ないよ、俺」なんて、そういう時期もあったから。

――そうなんですか!? それはなぜですか?

寺島 なんかね、役もストーリーも同じような作品が続いてパターン化された感じがあって、正直言って一瞬、飽きたの。でもさ、同世代の俳優仲間がVシネマで頑張ってるわけじゃない? そういうのを見ると、ちょっと俺も参加すっかなぁってつられたところもあった。やったらやったで面白かったしね。

――つられた俳優さんとは、たとえばどういう方ですか?

寺島 哀川翔さんもそうだし、遠藤憲一さんもそうだね。でもやっぱり一番は小沢兄弟かなぁ。なんか小沢のアニイもカズ君(小沢和義さん)も、2人とも頑張ってたんだよね~。いや、今も頑張ってるんだけど当時は特に。新しいことをやろうっていう熱意がすごくて。小沢のアンちゃんが「テラもVシネに協力してくれよ」なんてしょっちゅう連絡してきたりするもんだから、そう言われると『じゃあ協力するか!』みたいな感じになる。結局、役者の気持ちってそういう一言で大きく左右されるから。で、実際にやると面白いから、またいろいろやるようになったりしてね。25年の間にはいろんな時期があった。

――Vシネマファンも「寺島さんが出てる!」と思うだけで違いますもんね。

寺島 そう? そういうお客さんが多いと嬉しいねぇ。

――ちなみに、役者さんって作品の内容につられることはないですか? 危険な雑誌の編集者とかライターって、だんだん言葉遣いが悪くなっていくそうです。売り上げの話をしているときに「シノギがさぁ」なんて使ったり。

寺島 それは、ない(笑)。ちょっとエラそうだけど、俺たちは何万人という役者さんがいるなかで選ばれてきた代表者だからね。限られた役を奪い合うわけで、就職率ってすげえ低いわけ。だからこそ、キャスティングに落ちた人たちの痛みとかもわかんねぇと。そういう痛みも感じながら、代表者として「ああ、寺島進が出たなら自分はその役につけなかったな」ってねじ伏せないとダメなんだ。どんな作品だってやりたかった人はたくさんいると思う。そいつらの代わりに「俺たちがやってやるからな!」という気持ちで楽しんでやってる感じだね。やるからには、責任があることだからね。そういう意味では、みんなマジメだよ。

――改めて、寺島さんにとってVシネマとはどういう存在ですか?

寺島 楽しむ場所だね。やっぱりいろいろ予算が減ってタイトになってはいるけど、規制に捉われなくていい、自由にやらせてもらえるって部分は変わりない。だからのびのびやれてすごく楽しいし、楽しめるし、楽しんだもん勝ちだなと思ってる。うん。



――今回、そんなVシネマに限りなく近い映画『25 NIJYU-GO』ですが、現場はいかがですか?

寺島 だから、撮影中も楽しくてしょうがなかったもんね。哀川さんと絡んでても楽しくてしょうがない。
やっぱりVシネ独特の空気感もあるし、脚本は柏原寛司さんとか、大川俊道さんとか、もう素晴らしい脚本家が書いているから面白いんだよね。脚本の力というか、ベースがしっかりしてるからアドリブを入れたりして遊べるんだと思う。これが妙な説明台詞ばっかりだったら頭が「???」って疑問符ばっかりで遊びどころじゃないから。
鹿島監督も初めてなんだけど、遊び心があって「もっとこうやろう」みたいな感じでキャラクターを膨らませてくれる。だから、すごく面白いよ。

――25年前の寺島さんが、今の寺島さんを見たら、どう感じると思います? 『クライムハンター』の"赤っ鼻"から25年経って、東映Vシネマの記念作品に出演する、素晴らしい俳優さんになった姿を見て……。

寺島 いやいやいや、何言ってんの(笑)。
でもそうだなぁ……気持ちはあんまり変わらないよね。人間ひたむきさがないと下品になるっていうじゃない? だからひたむきさは変わらないし、変わらないでいなきゃと思ってる。良くも悪くも人生いろいろあるけど、どんなときも変なふうに変わらないでいるっていうのが、人としての基本だと思うしね。
今回この作品に出てる人っていうのはみんな変わらないんだ。哀川さんは最初からスターだったけど、今も昔も全然変わらないもんね。ずっとスター街道を走り続けるって本当に大したもんだし、すごいと思うけど。
俺、デビューして30年なんだけど、この世界に入って5年後にVシネができた。右も左もわからない、役者でやって行けるのかもわからないってところに"赤っ鼻"があって。少しづつ仕事が忙しくなると、生意気になって反抗してさ、Vシネマを避けようとした時期もあったけど、でもまた帰ってきて。やっぱり面白いなぁと思って続けた先にこの『25 NIJYU-GO』があった。やってて正しかったなって思ったね。

――なんか感動です……。Vシネマに思い入れのある出演者ばかりで作られた『25 NIJYU-GO』が、本当に楽しみです!

寺島 だから、この映画は俺の中で"お祭り"だと思ってる。楽しんでいる人を見てると、見てるほうも楽しくなるじゃない? 反射鏡みたいなもんで、こっちが楽しまないと意味ないと思うんだ。
Vシネマ自体もこの祭りをやったことでさらに盛り上がって、5年後には『30 SAN-JYU』をやって欲しい。そしたらまた出たいよ。そのためにもいい歳の取り方をしたい。変わらなくてもいいけど、進化はしないとな。なんといっても寺島は「進」だから(笑)。でも難しいんだ、これが。


(文:大道絵里子)

■プロフィール
寺島進(てらしますすむ)
1963年11月12日、東京都生まれ。『ア・ホーマンス』(松田優作監督86年)でデビューし、その後、北野武監督に見出され『その男、凶暴につき』(89年)以降、北野作品の常連となる。『交渉人 真下正義』(06)では、日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞するなど、受賞歴も多数。近作は声優として出演した『思い出のマーニー』(米林宏昌監督 14年)、『イン・ザ・ヒーロー』(武正晴監督 14年)など。また東映Vシネマ12年ぶりの新作となる『流し屋 鉄平』(榊英雄監督)にも主演、来年3月 リリース予定。


“Vシネの帝王”哀川翔 主演
『25 NIJYU-GO』
11月1日(土)全国公開!!


悪徳刑事コンビ、横領公務員、老舗ヤクザ、強欲ホステス、謎の殺し屋……。『ワケアリ』の現金25億円に、25人の悪党たちがそれぞれの思惑を胸に、一気に群がる!! 裏社会を舞台に繰り広げられる、欲望と本能のバトルロワイヤル。25億円を奪うのは、いったいどの悪党か!?

出演:哀川翔、寺島進、高岡早紀、温水洋一、小沢仁志ほか
脚本:柏原寛司、大川俊道、岡芳郎、ハセベバクシンオー
監督:鹿島勤

●『25 NIJYU-GO』公式サイト
http://nijyu-go.com/

●【東映×日刊大衆 特別企画】マンガ版『25 NIJYU-GO』公開中!!
最新話はこちら



(C)2014東映ビデオ

寺島進インタビュー「Vシネは俺にとって一筋の光明だった」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.