日刊大衆TOP 芸能

ズバリ本音で美女トーク☆高宮まり(プロ雀士)

[週刊大衆11月17日号]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

ズバリ本音で美女トーク☆高宮まり(プロ雀士)

「グラビアの水着は普段着ない面積の小さなものばかりだからGカップのおっぱいがハミでちゃう」

美しすぎる"Gカップ・プロ雀士"として、麻雀の対局にグラビアにと大活躍中の高宮まりサン(26)。11月5日にはイメージDVD『女神降臨 高宮まり』もリリースし、活動の幅を広げてますます注目度が高まる美女のリアルな"今"をじっくり聞いてきちゃいました! 美ボディも魅力的!

――テレビで拝見した麻雀を打っているときと、普段の雰囲気は違うんですね。

高宮 そうですか?

――はい。麻雀中のイメージと違って、小柄でかわいくて、優しそう。

高宮 ありがとうございます(笑)。確かに麻雀をしているときは怖そうとか近寄りがたいとか言われますね。目つきも違うと思います。

――勝負師の目と、癒し系の瞳のギャップが最高ですね~! 11月5日にはイメージDVDが発売されるとか。

高宮 はい。タイトルは『女神降臨 高宮まり』 で、これはMONDO TVで放映されている『女神降臨』から、私のグラビアシーンをまとめたものです。

――発売前なので中身は拝見できていないのですが、どんな内容なんですか。

高宮 去年にサイパンで撮影した映像と、今年、バリで撮影した映像の2本立てです。水着はもちろん、お料理を作ったり、セクシーな家庭教師姿で誘惑するシーンや貴重なオフショットなど、いろいろ撮影しました。

――オススメのシーンは?

高宮 私としては、お布団でゴロゴロしているシーンが好きです(笑)。暖かい日差しが差し込むベッドの上で、ゴロゴロ、ダラダラしているのって、気持ちよくないですか?

――はい、気持ちいいです。ちなみに、どんな格好でゴロゴロしているの?

高宮 ちょっとセクシーな水着です。

――とても気になる!

高宮 あとは、エプロン姿で料理をしているシーンも、好きです。

――裸エプロンですか!?

高宮 ……(絶句)。

――んなワケないですね。

高宮 新妻ふうのエプロンかな。バリの変わった卵で、オムレツを作ったりしました。

――いいですね。家庭的な一面も見られるわけだ。

高宮 去年はロングだったんですけど、今年からショートにしたので、髪型も2種類あるのが見どころかな。

――どうりでイメージが変わったと思いました。ショートも似合っていますね。でも、我々としては一番の見所はその大きなバストなんですが……。

高宮 ちょっと照れますね。グラビアの水着って普段は絶対着られない、面積の小さいものばかりなので……おっぱいがハミでちゃう。

――そのハミでちゃうバストは、何カップですか?

高宮 83センチのGカップです。

――スリムなのに巨乳、たまりません。何歳くらいから胸は大きくなったの?

高宮 高校生になった頃にはEカップで、高校卒業してからFカップ……。

――どんどん成長してる!?

高宮 麻雀を始める前は、もう少し太っていたので、GカップからHカップになりそうだったんですけど、少し痩せたので、今はFカップに近いGカップで落ち着いています。

――巨乳をコンプレックスに感じている女性も多いと聞くけど、高宮さんは?

高宮 ありますよー。私の場合、好きなファッションができないという悩みが。本当は"ゆるふわ系"みたいなファッションが好きなんですけど、胸が出過ぎちゃって、似合わないんです。

同じ色に染まる清一色が好き

――逆に得したことは?

高宮 こうやってグラビアのお仕事ができることかな。

――もともとグラビア志望だったんですか?

高宮 いえいえ。プロ雀士です。21歳で麻雀を覚えて、その半年後にプロになりました。それから、日本プロ麻雀連盟さんからカレンダーの出演依頼がきて、水着になったのがグラビアデビューですね。

――なるほど。そこから"見られる快感"を知って、グラビアにもハマったわけですね。

高宮 いえいえ(笑)。そういう快感はなかったです。それよりもグラビアってこんなに体力を使うのか、とビックリしました。麻雀は頭を使う競技なんで、まったく逆だなぁ、と。

――その麻雀ですが、始めたきっかけは?

高宮 当時、大学を二浪していて、いろいろ悩んでいたんですね。自分は何がしたいのかって……それで、昔から頭を使うことが好きだったので、麻雀を覚えてみようかな、と思ったんです。最初は雀荘でアルバイトしていました。

――勝負事が好きだったわけではないんですか?

高宮 はい。考えることが好きなんです。特に麻雀は、相手との駆け引きや、己との戦いがあって、頭を使いますから。

――高宮さんは麻雀界で、"猛撃プリンセス"の異名を持つほど、攻撃的な打牌で有名ですよね。

高宮 あはは。あんまりその呼び名、浸透していないと思うんですけどね。私は気に入っています。確かにここが勝負! と決めたときには、引かない性格ではありますね。

――格好いいですね。好きな役とかありますか?

高宮 清一(チンイツ)ですね! 一番美しい牌姿だと思います。

――混一(ホンイツ)じゃダメなんだ。

高宮 そうですねー。牌がきれいに揃っている光景が好きなんです。そういう意味では、三色同順なんかも私好みです(笑)。

――清一でツモったときは、やはり快感ですか?

高宮 もちろん。アドレナリンが出まくりですね。

――昨年は、『女流モンド杯』で優勝されましたが、アドレナリン出まくり!?

高宮 はい。そもそも、自分が優勝できるなんて思っていなかったので、不思議な感覚でしたね。

――勝つための秘訣みたいなものはありますか?

高宮 気合です。

――え? もっとこう戦略的なものじゃなくて?

高宮 はい。麻雀は気合ですよ。"何がなんでも、自分が欲しいものをツモってやる!"と気合をいれて、牌を持ってくるんです。あとは、自分との勝負ですね。

――どうやって自分と戦えばいいんですか?

高宮 私はいつもすべての状況や、そのときの自分の気持ちを"楽しむ"ように心がけています。"失敗したなぁ"と思っても、そんな自分の気持ちを楽しむ。そして、ここが勝負どころだと思ったら、怖がらずに前に出る……そういうのが楽しいんですよね。

――なるほど! やっぱり、麻雀の話になると目が輝いてきますね。プライベートでも、勝負どころでは勝負に出るタイプ!?

高宮 いやあ、普段の私って、本当"まったり"していますよ。休日はゴロゴロとテレビを見たり、料理を作ったり、4コママンガを読んだり……たまに出かけるとしても、美術館ぐらい。もちろん、麻雀の勉強もしていますけど。

――お酒は飲まないの?

高宮 少しは飲めますけど、めちゃくちゃ弱いです。すぐに具合が悪くなってしまうんですよね。でも食べるのは好きで、ひとりで焼肉も食べにいっちゃいます。

――そこは肉食系なんだ。

高宮 白いご飯とお肉があれば、もう何もいらないぐらい(笑)。

浮気ならひっぱたいて許す!

――恋愛も自らツモりに行くタイプですか?

高宮 全然。奥手なほうだと思います。

――好きなタイプは?

高宮 おだやかでかわいげのある人かな。一緒にいて温かい気持ちになれる人がいいですね。

――となると、年上のほうがいい?

高宮 そうですね。一緒にお散歩して、咲いている花を見て"かわいいね"と言い合えるような年上の人。

――でも、本当は雀士魂を内に秘めているから、浮気なんてされたら、絶対に許さないでしょ?

高宮 雀士魂と浮気の関係はよくわかりませんが(笑)、もし、浮気されたら、とりあえず、なぜ浮気したのか理由を聞きますね。もし、本気じゃなくて浮気なら、ひっぱたいて、許す!

――おおっ! それ、男としては一番いい形ですよ。

高宮 そうなの?

――はい。ひっぱたいてもらえれば、浮気の罪も少し許された気分になりますから。シクシク泣き続けられるほうが、辛いですね。

高宮 都合がいいですねー。

――そんなもんです。そういえば、イベントで雀荘にも行きますよね。その時、ナンパしてくる人とかは?

高宮 いませんよ! そもそも私、麻雀しているときの表情、怖いですから。誰も声なんてかけられないんじゃないかと思いますよ。

――へえー。一度、お手合せを願いたいです。

高宮 ぜひぜひ。手加減はしませんよ。

――そんなSっぽいところも魅力的です。これからの抱負を教えてください。

高宮 とにかく勝ちたい! これにつきますね!

――おおっ、雀士の目だ!

プロ雀士という勝負の世界に生きる女性とは思えない、とても穏やかでほのぼのとしたかわいい女の子の高宮まりさん。麻雀の話になった途端、「気合」「自分との戦い」など、熱く語ってくれるところが、印象的でした。ちなみに今一番欲しいものは、全自動麻雀卓だそうです。お金持ちの方、プレゼントしてあげて!

●ポラロイドプレゼント●
高宮まりさんのサイン色紙をご応募いただいた方の中から抽選で一名さまにプレゼント!
住所・氏名・年齢、「高宮まりさんのポラロイド希望」と明記のうえ、こちらへメールをお送りください。
応募する

高宮まり たかみや・まり
1988年11月8日生まれ。"猛激プリンセス"の異名を持つ攻撃的な打ち筋で人気急上昇中の美人雀士。11月9日、MONDO TVで生放送する『麻雀BATTLEROYAL 生放送スペシャル!』に出演予定。詳しくは【モンドTV】で検索してください!
公式ブログhttp://profile.ameba.jp/mari---joy/

ズバリ本音で美女トーク☆高宮まり(プロ雀士)

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.