日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】スポーツ選手が「引退」を考えるとき

[週刊大衆12月01日号]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

人生に役立つ勝負師の作法 武豊
スポーツ選手が「引退」を考えるとき


中日ドラゴンズの山本昌投手が契約を更改。50歳になる来年も現役でマウンドに立つことになりました。
ジャンプの葛西紀明選手、サッカーのキング・カズこと三浦知良選手、テニスのクルム伊達公子選手らレジェンドは、すごいの一言です。なかには僕をその一員に入れる人もいますが、まだまだ、その域には達していません。

スポーツ選手にとって、引退の考え方は人それぞれです。数字を決め、そこに達しなかったときにやめる選手もいれば、ひとつの勝負の中で、ふっと自分の限界を感じてやめる選手もいます。「まだ、やれる」という気持ちが切れない限り現役を続ける選手もいれば、ボロボロになり、人から後ろ指をさされてもなお現役にこだわる選手もいます。新聞には、「来年で引退する確率は9割以上。でも、来年で最後にしますとは言いません」という山本昌投手のコメントが載っていましたが、投手としてマウンドに立つのは当たり前で、優勝に貢献したい――そんな強い思いと同時に、やれるという自信があっての言葉だと思います。

そういえば、ここ1~2年、僕もずいぶん引退についてよく聞かれました。ある人は申しわけなさそうに。また、ある人は当然、考えていますよねという顔で、質問をぶつけてきます。でも、正直なところ、まだ何も考えていないというのが本音です。来年こそ「凱旋門賞」を勝ち、日本馬、ここに在りというところを世界のホースマンに見せつけたいし、「日本ダービー」もあと2~3回は勝ちたい。唯一、勝っていないGⅠ「朝日杯FS」でも優勝したいし、もう一度、海外に拠点を置き、まだ行ったことのない世界中の競馬場をめぐってみたい……

やりたいことを数え出したら、後から後から、いくらでも出てきます。 ラーが連覇を達成 僕は3連覇を達成

近いところでは、今週末、京都競馬場で行われるGⅠ「マイルチャンピオンシップ」での3連覇もそのひとつです。

一昨年、サダムパテックで初優勝。昨年はトーセンラーで連覇を達成。騎手として今年、3連覇を狙えるのは僕だけですし、連覇の権利を持っている馬は、トーセンラーだけです。過去にこのレースを連覇したのは5頭。84年、85年のニホンピロウイナー。91年、92年のダイタクヘリオス。97年、98年のタイキシャトル。04年、05年のデュランダル。06年、07年のダイワメジャー。どの馬もマイルでは絶対的な力を持った馬ばかりです。距離3200メートルの「天皇賞・春」で2着の実績を持つトーセンラーですが、やはり、ベストはマイル。京都のコースも相性バッチリで、自分の競馬ができれば結果はついてくるはずです。

気負わずに、でも、大胆に――。気になるのは、当日の天候と馬場状態ですが、エジプトの太陽神、ラーから名づけられた馬名が、なんとかしてくれることを信じましょう。騎手としては初となる3連覇へ。誰よりも、僕が一番、ワクワクしています。


■武豊 プロフィール
1969年3月15日、京都生まれ。1987年の騎手デビュー以後、通算3500勝、日本人騎手初の海外GI制覇、年間200勝突破など数々の金字塔を打ち立て、現在も活躍中。

【武豊】スポーツ選手が「引退」を考えるとき

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.