日刊大衆TOP 寺西一浩

第27回 「Mr.ボーイズオーディション」で約3500名の中のグランプリに輝いた春日純さん…『第5回東京ボーイズコレクション』レポート

2014-11-14

ボートレース福岡
http://www.boatrace-fukuoka.com
GⅢマスターズリーグ第4戦・週刊大衆杯(7月20日~7月25日)

100年先まで残したい「超・人間カタログ」東京レジェンドNAVI

だんだん、寒くなってきました。あっという間にもう冬ですね。今年も終わってしまいます。皆さん、風邪などひいてないですか?

お陰さまで、映画「東京~ここは、硝子の街~」も先日無事封切りしまして、現在、東京では、ヒューマントラストシネマ渋谷にてレイトショー上映しております。ぜひ、映画館でご覧いただきたいと思っております。

集合


さて、前回映画に出演の内山麿我さんとの対談を致しました『第5回東京ボーイズコレクション』で、「Mr.ボーイズオーディション」というオーディションが開催されました。

この、「Mr.ボーイズオーディション」は、全国から集まった約3500名の男の子の中から、選ばれた122名が代々木体育館でランウェイし、当日、サンケイスポーツが制作した公式パンフレットについてくる投票用紙に好きな男の子の番号を書いて投票するもので、要するに、男の子版のAKB48みたいなものですね(笑)。

これがまた盛り上がりまして(笑)、見事に第1位、グランプリに輝いた春日純さんに本日は、いろいろお話を聞いちゃおうと思い、取材しました!

2483


「春日さん、見事、グランプリおめでとうございます」

「ありがとうございます。とても嬉しいです」

「今日は、いろいろ聞きたいことがありますが、まず、何でオーディションを受けたのか教えていただけますか?」

「今回、たまたま知人の紹介でオーディションを知り、受けることになったんです」

「そうなんだ。グランプリになった感想は?」

「やはり、反響がすごいです。自分が思っているよりもいろんな人に”おめでとう”と言われますし、普段話したことない人からも声をかけられます。
今も何で自分が選ばれたのかと思うことがありますが、自分のできる限りの努力はしてきたつもりですし、何より、応援してくれた人たちに感謝したいですね」

「応援してくれる人あってのグランプリですもんね! ところで、春日さんってどんな人だったんですか? 将来の夢とかあったら、教えてください」

「僕は幼少の時から目立ちたがり屋で、マルチタレントを目指してたんです。高校の時までずっと、お笑い芸人を目指してました。でも、大人になるにつれてその夢も色褪せていき、自分のやりたいことをごまかして働いてきたんです。
夢をあきらめかけたとき、今回のオーディションを紹介され、もう一度やってみようかなと思ったんです。運よく、グランプリになれたので、これからは、子供の頃からの夢だったマルチタレントになれるように頑張りたいと、思うようになりました」

「ぜひ、頑張ってほしいです。最後に、春日さんが考える"東京"の魅力って何だと思いますか?」

「そうですね、僕の"東京"に対する感想としては、正直、家賃も高いし、空気も汚いし、人でごった返してるし、人は冷たいと感じるときもありますよ。
ただ、淋しがり屋な僕からすると、懐深く受け止めてくれるように感じるので、僕は東京が好きです。自由で破天荒な僕に対して、毎日、いろいろな人に会わせてくれて、出会いとチャンスをくれるし、何より飽きさせない。自分の可能性に挑戦できる街だと思ってます」

春日さんのように、夢を形に変えて、現実にしていく、まさに"東京"という街は、本当に不思議で可能性に満ちてますね!

第6回東京ボーイズコレクションは、来年2015年3月12日に開催されますが、「第2回Mr.ボーイズオーディション」も開催したいと考えています。未来のスターを発掘できるように、続けていきたいです。

ちなみに、第5回東京ボーイズコレクションの様子は、11月15日、BSスカパー!にて放送されます。ぜひ、お楽しみに!!

http://www.tokyoboyscollection.jp


寺西一浩(てらにし かずひろ) プロフィール
1979年10月2日生まれ
3歳で、女優・山岡久乃に見初められ子役として活動。慶應義塾大学法学部卒業。慶應大学在学中に出版したエッセイ『ありがとう眞紀子さん』が話題となり文壇デビュー。
その後、24歳の時、業界最年少で芸能プロダクション、株式会社トラストミュージックエンタテインメント代表取締役に就任し島倉千代子歌手生活50周年事業を成功させる。
その後は、小説家、プロデューサーとして活躍。著書に、「クロスセンス」「新宿ミッドナイトベイビー」「女優」、世界初電子書籍連載小説「Mariko」を配信。
2011年、「女優」が映画化されるにあたり、自身が監督デビュー。
「女優」は、第15回上海国際映画祭正式招待作品に選ばれ主演・岩佐真悠子とレッドカーペットを歩く。また、第25回東京国際映画祭、東京中国映画週間特別上映作品に選ばれ開幕式でグリーンカーペットを歩き話題となる。2013年、映画「東京~ここは、硝子の街~」を監督・脚本・プロデュース(出演:中島知子、田島令子他)。日本最大級の男性ファッション&音楽イベント「東京ボーイズコレクション」を大原英嗣氏と共に主催。ゴールデンバード賞主催。2014年、「新宿ミッドナイトベイビー」が映画化決定。


【関連書籍】
島倉家 これが私の遺言
島倉家
これが私の遺言
新宿ミッドナイトベイビー
新宿ミッドナイト
ベイビー
ありがとう 眞紀子さん
ありがとう
眞紀子さん
クロスセンス
クロスセンス
女優
女優
Mariko
Mariko

【映画・公演ポスター】
クロスセンス
クロスセンス
女優
女優
女優
女優
新宿ミッドナイトベイビー
新宿ミッドナイト
ベイビー

【イベント】
【寺西一浩公式ブログ】

  • 奥手な彼を一瞬でその気にさせるアプローチ方法

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.