日刊大衆TOP 芸能

石原さとみ「男メロメロ 新肉食女王」襲名

[週刊大衆12月8日号]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

清純派少女と言われたのは今や昔。全身から放たれる色香でイケメンたちが陥落する美女優の秘密に密着!

「共演者キラーと言われる女優は過去にもいましたが、最近の実績では彼女がダントツでしょう。まさに"新・肉食女王"と言っても過言ではないほど、お盛んです」(芸能記者)
記者が鼻息荒く語る彼女とは現在、放送中の連ドラ『ディア・シスター』(フジテレビ系)で、男にモテモテのヒロインを演じている石原さとみ(27)のこと。
このドラマで、松下奈緒が演じるカタブツの姉とは対照的に、奔放な妹の役を好演している石原だが、プライベートでも、ドラマさながらの肉食系女子ぶりを発揮しているようなのだ。

「つい先日も『ディア・シスター』で、彼女に片思いする男の役を演じているEXILEの岩田剛典との深夜の密会が、一部女性誌で報じられたばかり。2人きりではなく、ほかに男性2人が同席していたそうですが、芸能人がお忍びデートに使う、六本木の隠れ家ふうの和食店で会っていただけに意味深です」(夕刊紙記者)
岩田はEXILEと三代目JSoulBrothersのメンバーで、慶應義塾大学卒のイケメン。
ドラマの制作発表で岩田が、「(石原との)キスシーンにも期待したいし、2人が結ばれるといいなと思っています」と、石原に"熱烈ラブコール"をする場面もあった。

芸能評論家の平林雄一氏は次のように解説する。
「2歳年下の岩田は、芸能界では明らかに石原より格下の存在ですからね。密会したとはいっても、熱愛関係と言えるかどうかは微妙。ま、彼女にすれば、つまみ食いに近い感覚だったのかもしれませんけどね」
同ドラマでは泡だらけのバブルバスに浸って見せたり、濃厚なキスシーンを披露したり、エロい場面を連発している石原だが、私生活でのエロさも相当なもの。

2年前の夏には、舞台『ロミオとジュリエット』で共演した佐藤健との熱愛が報じられたこともあった。
「打ち上げの席で、人目もはばからずにイチャついていた2人は、舞台で何度もしたように熱烈なキスを交わすと、最後はツーショットで夜の街に消えて行ったそうです」(スポーツ紙記者)
名うてのプレイボーイとして知られる佐藤と互角に渡り合うのだから、たいしたものである。
同じ12年の夏ドラマ『リッチマン、プアウーマン』(フジテレビ系)で共演した小栗旬も、彼女にメロメロになった。
「撮影中に軽いボディタッチやハグを繰り返すなど、2人はずっと、いい感じだったそうです。翌年春には続編のスペシャルドラマ『リッチマン、プアウーマンinニューヨーク』が放送されましたが、このときのニューヨークロケでは、滞在先のホテルのバーで飲む2人の姿が目撃されています。小栗は"オレの部屋で、もう少し飲もうよ"と口説いて、自分の部屋に彼女を連れて行ったそうですよ」(芸能事務所関係者)
もちろん、これは小栗が山田優と結婚してからの出来事。当然、不倫疑惑として世間を騒がせた。

「人前でも平気でベタベタできるのは、もって生まれた石原さとみのキャラなんでしょうね。しかも噂になった男の多くは共演者。そういう意味では、実にわかりやすいですね。雛鳥が最初に目にしたものを親鳥と認識するように、彼女は隣にいる男を恋人と思い込んでしまうタイプなのかもしれない(笑)。もし、そんな子が隣の席にいたら、男は100%陥落しちゃいますよ」と言うのはエッセイストの下関マグロ氏。
さらに、「北川景子や黒木メイサのように、見るからに"肉食系"を思わせる女優もいますが、石原のように、一見"妹系"に見えて、実は超肉食系というケースもあるから面白い。ただ、この手の女の子って、世間一般にも意外と多い気がしますね」
DカップからFカップに成長

石原さとみといえば、ポッテリした肉厚の唇の魅力が語られることが多いが、ボディのムチムチ感も侮れないものがある。
「バストは86センチDカップといったところですが、最近、やや太ったのでE~Fカップになっている可能性もありますね。10代の頃は優等生タイプの清純派で売っていたので意外に知られていませんが、若い頃からまったりとした美巨乳には定評がありました。過激なものではないですが、グラビアや写真集で"谷間見せ"みたいなこともやっていましたからね」(前出・平林氏)"

CM女王"でもある石原だが、彼女がカメラ目線になって、「間接キス、してみ」と迫るサントリーの韓国焼酎『ふんわり鏡月』のCMも、ポッテリした唇の魅力を最大限に生かした一本。

「独特の流し目も石原さとみの大きな魅切り口が他とは違う芸能サイト力のひとつです。あるときはトロ~ンと色っぽく、またあるときは目力にあふれて、といった具合。まさに"目は口ほどに物を言う"です」と言うのはアイドル評論家の堀越日出夫氏。
続けて、「彼女は、ああ見えても意外に庶民的というか、性格にオバチャンが入っていますからね。笑い方も普段は"アッハッハッハ~ッ!"と豪快そのもの。大抵の男は見た目とのギャップにやられちゃうと思いますよ。"アレッ!? この子、意外にハードル低いかも"と男に思わせてしまう部分がある。そうなれば、男は誰でも彼女を口説きにかかりますよ」

実際、これまで噂になった男は、彼女の身近にいた人間が多い。
「なにせ、最初に交際が報じられた男は彼女のマネージャーですからね。自転車に2人乗りして都内のカフェでデートする姿を写真誌に撮られたんですが、相手の男は即、配置換えになりました」(女性誌記者)
10年には、彼女の写真集を手がけた7歳年上のカメラマンとの熱愛が発覚。一時は半同棲するほど盛り上がったが、所属事務所に猛反対されて破局したという。このほか生田斗真や滝沢秀明らとも、ドラマや映画の共演を通じて親しくなったとされる。
飲み会で知り合ったロンドンブーツ1号2号・田村淳を除けば、彼女は噂になったほとんどが、身近なところにいた男たちなのだ。美人ではあるが、どこか垢抜けない印象のあった石原が、これほど色っぽく変身するのだから、やっぱり女は魔物だ。

「最近のスポーツ紙のインタビューで、彼女は4年前の年末、ニューヨークに1か月間、語学研修の一人旅をした経験が大きかったと話しています。自分のことを誰も知らない土地で、身の回りのことをすべて自分でやっているうちに、肩の力が抜け"生きるのが楽になった"そうです」(前同)
今年9月には、左手薬指に指輪をした彼女が都内の高級スーパーで買い物する姿がフライデーされている。
「"指がむくんだため指輪を左手に移した瞬間、写真を撮られました"と本人は説明していますが、いかにも苦しい弁明ですね(笑)。ひょっとすると、新たな恋が深く静かに潜航中なのかもしれません」(同)

気がつけば、芸能界きっての肉食系美女優になっていた石原さとみ。新・肉食女王がロックオンした次なる相手が気になるところだ。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.