日刊大衆TOP 芸能

高倉健 「知られざる素顔」と「男の美学」秘話

[週刊大衆12月8日号]

「健さんが亡くなったことは、今朝の報道で初めて知りました」
こう語るのは、東映の元社長・高岩淡(たん)氏だ。
「現社長の岡田裕介さんも"今朝知った"と言っていましたから、誰にも知らせてなかったんじゃないですかね。"迷惑をかけてはいけない"という健さん流"男の美学"を、最期まで貫いたんでしょう」(高岩氏)
11月18日、日本映画界屈指の名優・高倉健(本名・小田剛一)さんの死(享年83)が明らかになった。
次回作を準備中、体調を崩して入院。治療を続けるも、10日午前3時49分、悪性リンパ腫のため、東京都内の病院で帰らぬ人となった。故人の遺志により、親族だけの葬儀が行われたという。
〈往く道は精進にして、忍びて終わり悔いなし〉
所属事務所から報道各社へ送られたファックスの文言どおり、悔いの残らぬ安らかな死に顔だった。

「健さんは1931年、福岡県生まれ。明治大学を卒業後、東映のニューフェイスにスカウトされ、56年にデビュー。初主演作は『電光空手打ち』でした。60年代には、『網走番外地』や『昭和残侠伝』などのシリーズに主演。東映の任侠路線のスターとして爆発的な人気を博しました」(ベテラン芸能記者)
任侠ものが下火になると、幅広い作品に出演。77年には、名作『幸福の黄色いハンカチ』に主演。
「"不器用"な生き方しかできない刑務所帰りの男を演じ、第1回日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞に輝きました」(前同)
健さんは同賞を4度受賞したが、最後は99年公開の『鉄道員(ぽっぽや)』だった。
「健さんとの仕事で一番思い出に残っているのは、『鉄道員』です」
帯に健さんが推薦文を寄せた『銀幕おもいで話』(双葉社)の著書もある前出の高岩氏が、"秘話"を語ってくれた。
「実は、あの映画は、定年直前だった照明技師が"最後に、もう1回だけ健さんと仕事がしたい"と、私に持ってきた企画なんです。健さんは、その思いを汲んで出演してくれたんです」
同映画で4度目の日本アカデミー賞を受賞した高倉健だったが、最初は"若い人に贈ってください"と受賞を固辞していたという。
「ところが、授賞式の前日に電話がかかってきて"今、会えますか"と言うんです。実は、私の家の前から電話をかけてきていて、OKすると、すぐに玄関先にきて、"賞を受け取ります"と。自分が辞退したら、支えてくれたスタッフたちが遠慮して、賞を受け取りにくくなってしまう。それで受けることにしたんですね」
『鉄道員』は海外でも評価され、健さんはモントリオール世界映画祭で、日本人初の主演男優賞に輝いた。
「演技もさることながら、CMで使われた"不器用ですから"のセリフが代名詞になるなど、謙虚な人柄でも愛されました。ただ、その"素顔"は不器用どころか、常に周囲に気を遣う人でしたね」(前出・芸能記者)

ファンだけでなく、共演者やスタッフが健さんに惚れてしまった逸話は、枚挙にいとまがない。遺作となった2012年の『あなたへ』の現場もそうだった。
「初共演の綾瀬はるかも舞台挨拶で、"ホテルの部屋に帰ると、健さんからの手紙とフルーツの盛り合わせがあった"と告白。一瞬でハートを撃ち抜かれたようです」(夕刊紙記者)
同じく『あなたへ』で共演したビートたけし。高倉健とたけしの初共演は、85年の『夜叉』まで遡る。
「深夜に撮影現場入りしたたけしさんを、雪の中で健さんが花束を持って出迎えたというんです」(前同)
これには、たけしも大感激。以来、"健さん""たけちゃん"と呼び合う仲に。
「27年ぶりの共演となった『あなたへ』でも、健さんはロケ現場の駅まで迎えに行っていました」(同)
生涯で205本もの映画に出演し、昨年は映画界初の文化勲章を受章した"不器用な男"。喝采の中、58年に及ぶ役者人生に今、幕が下りた――。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

  • 哀川翔インタビュー「Vシネの撮影は“戦いの現場”だった」 哀川翔インタビュー「Vシネの撮影は“戦いの現場”だった」

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.