日刊大衆TOP 芸能

元AKB48エース・前田敦子 ファンも腰抜かす濃厚濡れ場2連発

[週刊大衆12月15日号]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

日本国民全員に泡を吹かせる――と言ったかどうか知らないが、"コスプレソープ嬢"役への挑戦が驚きをもって迎えられているのが、元AKB48の絶対的エース・前田敦子(23)。
ハツラツとしたボディとヒマワリのような笑顔がまぶしい一方、どこか陰があるギャップが魅力の"あっちゃん"。万が一、吉原に出勤することにでもなれば、大行列間違いナシの逸材だが、それが今、世に放たれるという。来年1月18日スタートのドラマ『翳りゆく夏』(WOWOW)でのことである。

テレビ誌記者が言う。
「原作は、赤井三尋による、江戸川乱歩賞を受賞した同名小説。渡部篤郎演じる窓際族の中年新聞記者が20年前の未解決事件を追う、本格派ミステリーです。あっちゃんの役は、容疑者の唯一の目撃者。事件当時、5歳児だった彼女が、成長して新宿・歌舞伎町のコスプレソープで働くことになるんです」
源氏名は華原優。同書には、
〈スチュワーデスのユニフォームに着替え〉
〈男の股間をズボンの上からまさぐる〉
〈男の耳元に吐息を吹きかけるようにして囁いた〉
という妖艶なシーンのあと、
〈唇が重ねられ、それは十秒、二十秒、三十秒と続いた〉
と濃厚なディープキス。
さらには、男が強引に服を脱がす模様や、なんと老人相手にフェラチオする場面までもが描かれているというのだ。
これ以上は、放送コードアウト!?
前田の進撃はそれだけにとどまらない。映画での最新主演作もヤバすぎると評判なのだ。
「ラブホテル店長の彼氏(染谷将太)と同棲する女性を妖しく演じるのが、R15指定の映画『さよなら歌舞伎町』(来年1月公開)。
監督は、濃厚なラブシーンで話題になった『ヴァイブレータ』で知られる廣木隆一氏。いやがうえにも期待は高まるんです」(制作会社スタッフ)
それもそのはず。予告編では、彼に「ねえ、しよっ……」とセックスを求めたり、イチャイチャと服を着たまま"駅弁ファック"。股間をこすりつけ合ったりと、セクシャルなシーンの連発なのだ。

女性誌記者が言う。
「河西智美、板野友美、篠田麻里子……。元AKB48の選抜メンバーは、卒業後の仕事ぶりは今のところ、みんな微妙ですよね。成功と言えるのは、"手ブラ"が話題になった写真集『脱ぎやがれ!』の大島優子くらいでしょう」
だから、前例にならってあっちゃんも脱ぐのだと意地悪な見方をするが、一方、「ポジティブな脱ぎだ」と言うのは、芸能プロダクション幹部。
「あっちゃんの演技力は、同世代でもズバ抜けています。紛れもない、本格派の映画女優になりつつあるんです。2012年の『苦役列車』と、翌年の『もらとりあむタマ子』で主演し、日本映画プロフェッショナル大賞を2年連続で受賞した彼女のこと。脱ぐことで、さらなる脱皮を図るんでしょう」(前同)

目指せ国際派女優! 潮を吹かんばかりの名艶技で、世界の観客全員に泡を吹かせて!!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.