日刊大衆TOP 芸能

芸能美女「最強のケンカ女王」決定戦

[週刊大衆12月15日号]

業界内でひそかにささやかれる"犬猿"有名人たちの対立関係――。そんなヤバすぎる真実を暴露した『遺恨だらけのテレビ&芸能界タブーなケンカ101番勝負』(双葉社刊)が11月25日に発売され、さっそく話題を呼んでいる。
そこで今回、芸能美女のケンカ・エピソードから、それぞれの戦闘力を勝手に分析&評価、芸能界の「ケンカ女王」を悪ノリ120%で決定しちゃいます。

「腕っ節に自信のあるヤツ、出て来いや!?」
の呼びかけに、真っ先に手を挙げそうなのは、木下優樹菜(26)。元ヤンキーを公言し、「人生で一番熱くなったのは中学のタイマン」と言うのだから、その戦闘力&経験値は相当スゴそう。
「木下の通っていた中学校は、東京・葛飾区でも有数の超ヤンキー校。学校の近くの"タイマン公園"で行われる"タイマン・トーナメント"で、その学年の番長を決める伝統があったそうです。木下は、そのトーナメントに決勝戦まで勝ち進み、副番長を務めていたとか。それ以外でも、バトル経験は数知れず、"(女同士で)髪の毛を引っ張り合い、いつもゴッソリ抜いてやった"みたいな武勇伝がいくつもある」(芸能記者)
そんな木下に対抗しうるのは、地元の秋田では有名なヤンキーだったという、佐々木希(26)だろう。その美しさからは想像もできないが、
「金髪やカラーコンタクトの使用をとがめた体育教師の股間を"うるせえんだよ!"と思い切り蹴り上げたそうです。当時、佐々木がこなしてきたタイマンは"負けたら丸坊主"というローカル・ルールで、これに無敗で中学を卒業したという伝説もあります」(前同)
今は親友の木下と佐々木だが、もしガチ対決したら、いったい、どんな勝負になるだろうか。お笑い芸人でテレビ美女妄想家のユリオカ超特Q氏は、大胆にも、こう予想する。
「ケンカの舞台は、当然、公園でしょう。ただ、公園はママ友との社交場ですからね。ママとなった木下さんが、かつての闘争心を取り戻せるかが勝負のカギ。僕の予想では、勝負は一瞬。髪をつかみにいく木下さんよりも一足早く、佐々木さんの新体操仕込みのキレのある前蹴りが木下さんのアゴをとらえ、倒れたところに非情のサッカーボールキック!顔をはらし砂利をなめる木下さんを、無傷で、きれいな顔のままの佐々木さんが見下ろすシーンが目に浮かびます」

だが、この2人以上に「実はヤバい」という噂があるのは柴咲コウ(33)。
「なんでも、高校を2年で中退した後、カラーギャング全盛の池袋でケンカに明け暮れていたというんです。その美しさとステゴロの強さから、周囲の荒くれ者たちから"池袋のマリア"と呼ばれていたという伝説も」(女性誌記者)
そんな柴咲が、ブチのめしたいと思っているのは、吉高由里子(26)だろう。
「柴咲が務めていたフジテレビ系ドラマ『ガリレオ』のヒロインを、去年の第2シリーズで吉高に奪われたことを柴咲が根に持っているという噂がありますからね」(制作会社スタッフ)
だが、吉高も黙ってヤラれるタマではなさそうだ。
「吉高には、瀕死(ひんし)の交通事故から生還した生命力と、フルヌードも辞さない思い切りの良さがありますから、ちょっとやそっとじゃ音(ね)を上げないでしょう。流血し、歯が折れ、鼻が曲がっても笑みを浮かべて立ち上がる吉高の不気味さに"もうアンタの勝ちでいい"と柴咲が逃げ出すという展開は十分に考えられるのでは」(前出・芸能記者)

ドラマの因縁といえば、現在、同じ時間に放送されている『きょうは会社休みます。』(TBS系)と『ファーストクラス』(フジ系)で火花を散らす、綾瀬はるか(29)と沢尻エリカ(28)の対決もヤバそう。
「視聴率では綾瀬の圧勝ですから、元不良の沢尻としては、せめてケンカでギャフンと言わせたいところでしょう」(芸能プロ関係者)
だが綾瀬も負けていない。
「太りやすい体質をコントロールすべく、芸能界屈指のハードワークを自らに課しています。撮影現場では、共演の玉木宏に、挨拶代わりに"飛び蹴り"するそうですから相当の脚力です。プリッと上がったお尻は、その証明ですよ」(前同)

お尻となれば、沢尻も勝るとも劣らない!
「かつてファッションショーでの"ハミ尻パフォーマンス"が話題になったくらいですからね。ゴングと同時にヒップアタックで綾瀬さんを追い込むでしょう」
とは前出のユリオカ氏。そのまま沢尻が押し切る!?

「もともと戦意のない綾瀬さんは、すぐに"ごめんなさい!"と頭を下げるんですが、それがたまたまいい角度で沢尻さんのアゴ先をとらえてKO勝ち。綾瀬さんは、そういう幸運の星の下に生まれているんですよ」(同)
では、芸能界の最強美女は誰? ある放送作家はダークホースとして眞鍋かをり(34)の名前を挙げる。
「ブログへの脅迫書き込み被害に遭っていただけに、護身の必要を常に感じていたんでしょう。彼女は、イスラエル発祥の超実践派戦場格闘技"クラヴ・マガ"を習得しています。ナイフや凶器を持った相手に仕掛けられても、先に主導権を奪えるよう鍛えられており、腹筋もバッキバキに割れていますよ」

壮絶な美女たちの本気バトル。大晦日の夜にでも放送してくれないかしらん。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.