日刊大衆TOP 芸能

イニシャルが限界! 匿名座談会 業界関係者が暴露する最悪の共演NGタレント

[遺恨だらけのテレビ&芸能界! タブーなケンカ10番勝負]

賞を独占されてキレまくった実力派女優、奴隷のように管理され、交友を制限されているエロタレントまで、芸能界の内情を知り抜いた業界関係者が、ガチバトル中の険悪関係をすべてバラす!

TBSの女子アナで同僚に一番嫌われたTとは!?
同世代の演技派女優が大嫌いなAがいびった相手
事務所にまもられすぎて反感買いまくっているN


座談会メンバー
=噂好きで手も早い、キー局ディレクター
AP=口の軽いキー局アシスタントプロデューサー
=そこそこ売れているけど決して売れっ子ではない放送作家
=地獄耳のスタイリスト、イケメンのゲイ

TBSもフジも、女子アナ同士は犬猿の仲

 最近、露骨に仲が悪いのって誰でしょうね?

AP この秋からフリーになったTと、TBSのMは、ガチで仲悪いぞ。TBSのエースを争う人気者同士だったわけだが、Mをなにかと敵視するTに対し、実は気が強く上昇志向も強いMも自分から歩み寄ろうという気はなく、アナウンス室でもほとんど口を利く事がなかったというからな。

 Mにも、独立の噂はありますよね。

AP 実は、Tが所属している事務所は、MとTの2人の獲得を狙っていたというんだ。だが、TはTBSを辞めてまで比べられるのはまっぴらと、同社入りの際に、"Mを入社させない"という条件を事務所に飲ませたという話があるくらいだからな。

 Mの方だって、イヤでしょう(笑)。Tは、M以外の女子アナたちからも、ガチで嫌われていましたからね。先輩アナKがMや後輩アナたち5~6人と、それぞれの自宅を持ち回りで行っている女子会があるのですが、Tは、これに一度も誘われたことがないそうですからね。TBSで、完全に浮いていたんでしょう。

 フリーになって、いきなりフジのバラエティ番組のMCが決まったことで、今度は、フジの女子アナたちからブーイングの声が上がっているそうですね。第一子を出産し、先日、仕事復帰を果たした、フジOGのTまでもが、"愛着ある古巣が荒らされるようでイヤ"と、Tのフジ参入にアレルギー反応を見せたという話もあります。

AP フジのアナもアイドル的な人気があるが、あくまでも正統派。ぶりっ子キャラでのしあがったTは、いわば邪道のアイドルアナだから、Tの気持ちは分からないでもないですね。

 まぁ、嫌われるキャラは、どこ行っても嫌われるんだよ。

 そのフジでは、KとSの不仲ってのも、よく伝えられていますが、あれは本当ですか?

 本当ですよ。番組以外ではほとんど会話もないし、目も合わせない。アナウンス室でも、周囲が一番気を遣うのが2人だといいますね。

AP 元々、S一人でMCをやっていた『Mテレビ』が、Kとのツートップ体制になったことが原因だろうな。原稿読みに不安のあるSに変わって、Kがニュース原稿のほとんどを読むようになったし、Sとしては面白いはずがないからな。

 一部では、Sが結婚したNアナとKが付き合っていたという話もありますが?

 実際は、付き合うってまでの関係ではなく、NアナがEカップ美乳のKに一方的にデレデレになっていたというのがホントのところ。

 それで、ますます"K憎し"の感情が強まっていったわけですね。納得です。 紅白であの曲を歌うのはMかあのMか?

AP 女子アナ以外でパッと思い浮かぶのは、歌手Mと女優Mだな。あの大ヒット映画の主題歌を巡る意地の張り合いだよ。

 とくに意識しているのは、「心に響かない」などと酷評されている歌手M側ですよね。

AP そう。女優Mサイドは実はたいして意識していないだろうけど、歌手Mの方は、間違いなく強烈にライバル視しているんだよ。同局を番組で歌うとき、「女優Mさんの話はNGで」っていわれるからね。

 でも、本当なら歌手Mは女優Mに感謝しなきゃいけないんじゃないですか?

 どうしてですか?

 だって、テレビ関係者は、本当は劇中で歌っている女優Mに歌わせたいのに、出てもらえないから、エンドソングを担当した歌手Mを呼んでいるっていうのが本当のところじゃないですか。酷評されながらも露出を増やしてイメージを定着させ、NK紅白への出場を、ほぼ確実なものにしたわけですから。

AP 本当は女優Mに出て欲しいっていうのは、まさにその通りだな。

 すでに2人の紅白出場は確実ですけど、じゃあ2人にどう歌わせるのかっていうのが、NHKとしては非常に悩ましいようですね。歌唱力では歌手Mが上だから、女優Mサイドは一緒に歌うのを嫌がるだろうといわれているんです。  NHKの采配に注目ですね。

 あと最近、聞いたので面白かったのは、FとKの不仲説ですね。

 2人は2013年の映画『R』で共演して、キスシーンまで演じた仲で、すっかり意気投合したと思われていましたが、違うんですか?

 Fの事務所サイドが、映画のPR中にブチ切れたそうなんですよ。「"W主演"のはずなのに、いつもKの扱いが大きいじゃないか!」と。

 では、あくまで事務所同士の不仲ということですか?

 そうばかりじゃないらしい。当初、2人の関係自体はスゴく良かったんだけど、Fって可愛い女の子が大好きで、気に入ると、毎日でも遊びたいっていうタイプなんですよ。それで、あんまりしつこくされたKが、LINEをブロックしたっていう話があって(笑)。

 Fは、恋多き肉食系女子として知られていますけど、実は、女のコもイケちゃうっていう説もありますよね。Kは、身のキケンを感じたのかもしれませんね。
男を取り合ってSに嫌がらせするS

AP ちなみに、そのKやT、Sら、某事務所の主力級女優は、当然のごとく、同プロをクビになったSとは共演NGだろ。

 とくに騒動を起こした、映画『C』で共演し、後輩の不祥事に関係者らへの謝罪をしてまわった経験を持つTは、絶対にNGなんじゃないですか?

 それなんですけど、Sの方が、Tを避けているという話を聞いたことがありますよ。
 それまたどうして?

 実は、S以上に気が強いのがTで、これまでに何人もの若手女優を泣かせてきているというんです。離婚したNにほとんど子どもを会わせていないというし、とにかく怒らせると大変みたいですよ。過去の経緯も考えると、会えば衝突は必至です。ドラマ『F』(フジテレビ)で、やっと女優として再評価されてきたSですから、敢えてリスクをとる必要はないという判断でしょうね。

 2人のバトル、見てみたいけどね。

 ちなみに最近、Sが昔、ドラマの現場で「気に入らない子を泣かせたことがある」と告白していますけど、泣かされたのはタレントSらしいですね。

 タレントSがJ事務所のKにお熱を上げているときに、SがKにちょっかいを出したり、Kに悪口を吹き込んだりと、何かとタレントSを目の敵にしていたというのは有名な話でしたからね。

 Sは、いまの『F』の撮影現場ではどうななんですかね? 同じくヤンキー育ちのSやNあたりと、バチバチやっていないのかな?

 そうであれば楽しいんですが、出演者たちと仲良く女子会を開いているようだから、随分と丸くなったようですね。

AP 若手女優なら、トラブルメーカーというか、気の強さが目立つのはAじゃないか? 9月に終了した『W2014』(フジテレビ)の現場でも大変だったと聞いているよ。
 どう大変だったんですか?

AP Aは、同世代で"実力派"といわれている演技力の評価が高い女優へのライバル心が強烈なんだよ。なのに、M、Nと共演させたもんだから、終始、不機嫌だったって。

 とくに、元FのMに対しては、"アイドル上がり"と完全に下に見ているといいますよね。あるファッション誌で2人の対談を組んだら、Aはホスト役にもかかわらず、Mの顔を見ようともせず、気乗りしない様子で記者の方ばかりを向いてしゃべっていたため、気の強いMも、帰る頃には「何なのよ、あの子!」と激怒していたという話を聞いたことがありますから。

 『W2014』がフジテレビの開局55周年記念企画じゃなかったら、どっちかが出演を断っていたかもしれませんね。

AP 実際、現場の雰囲気の悪さが画面にも出ていたんだろう。視聴率は平均7・7%と惨敗だったもんな。
自分のモノマネタレントの整形を笑うR

 あと、ケンカを見たわけじゃないですけど先日、「あ、Bって本気でSHELLYのこと嫌いなんだな」って思いましたよ。

 ハーフタレント同士のライバルですからね。

 ある番組で、芸人がわざと間違えてBを「SHELLY」って呼ぶミニコントをはじめたときがあったんですが、最初こそ「もぉ~」なんてやり過ごしていたんですけど、3回目くらいのテンドンで、普通に不機嫌になっていましたからね(笑)。

 あ、私それ、まったく同じシーンをSHELLYでも見たことがありますけど、彼女は怒っていませんでしたよ(笑)。

AP あの2人、ハーフで人気だってだけで、タイプが全然違うんだよ。Bはイジられるのが、もともと好きじゃない。毒舌タレントAに「元気の押し売り」や「よく見りゃブス」なんてあだ名をつけられたときも、本気で怒ってたもんな。だから、芸人がやりやすいのは、圧倒的にSHELLY。だけど、ファミリーに強いのはB。そのあたりの評価の差が、Bとしては面白くないんだろうな。

 キャラ被りでいうと、Rと、激似タレントとして登場したMですが、実は、共演NGにしているのは、後発のMの方だっていうから意味が分かりませんよね。あれ、なんなんですかね?

 RがMに会ったら、「あ、目がなんかヘ~ン。フフフ」(※Mには整形疑惑がある)とか、平気で言ってきそうですからね(笑)。

AP キャラ被りが原因の共演NGって、他にもあるけど、意外と格下の方がNGにしていることがあるんだよ。人気女優Nに似ていると言われるSも、Nと共演NGらしいからな。並ぶと損するからだろうな。実物はNのほうが数段上だもんなぁ。

 一時、番組を一緒にやっていたのに、今は不仲が伝えられている女芸人OとセクシータレントDってのは、あれはガチですかね?

 あれは半分はガチでしょうね。

 『R』(テレビ朝日)のOの誕生会に知人がどれだけ集められるかっていう企画のときに、Dに電話したら番号が変わっていたんですよね。

 実は、Dの事務所の管理体勢が異常にキビシいんですよ。Oに飲みに連れ出されでもして写真でも撮られると、せっかく増えてきたCMの契約に影響するからでしょう。マネジャーがいつもピッタリ張り付いて、プライベートもガッチリ管理されているようです。元々、ご主人様に仕えるのが好きなDは、そんな環境が案外心地いいようで、それに素直に従っているんですよ。

 リアルに、ご主人様と奴隷の関係だっていう噂もありますよね。だからって、番号を変えて報告もなしでは、Oはいい気はしないだろうな。

 それでも別にいいとDは思っているんでしょうね。
朝ドラ共演者と二度と共演できないN

AP 仲が良かったはずなのに、今は不仲っていうと、実力派女優MとOもそうだろう。
 2人は1歳違いで年も近く、映画『G』や『S』、ドラマ『S』で共演して、すっかり意気投合したはずじゃなかったんですか?

AP 共演中は良かったんだが、『日本アカデミー賞』で、Mが最優秀主演・最優秀助演の女優賞2冠を達成したことで、関係に大きくヒビが入ったんだよ。実は、Oは両方にノミネートされていて、少なくともどちらかは受賞できるだろうと気合いを入れて、胸元のスリットも大胆なノーブラセクシードレスで授賞式に挑んだものの、ふたを開けてみたら、MがO以来35年ぶり2人目の快挙。結果的に、引き立て役になってしまいましたからね。

 彼女の気の強さは有名で、NHK朝ドラ『K』のヒロイン交代騒動のときも、相当、怒っていたそうですからね。次の『U』のHへのヒロイン・バトンタッチセレモニーへの出席も、「(ヒロインの老年期を演じた)Nさんが出るのが筋でしょ」と、最後まで断固拒否の姿勢だったといいますからね。

AP Mの2冠が決まったあとの荒れぶりったらなかったそうだからな。中途半端に仲が良かったもんだから、余計にジェラシーが燃え上がったパターンだな。だから、もうOとMの共演はないだろうといわれているんだよ。今後、Oが主演女優賞でもとったら、気分も変わるかもしれないけどな。

 この時代に『日本アカデミー賞』をそこまで重要視している女優も珍しいですけど。逆に好感が持てますね(笑)。

 あと僕が聞いたのは、NHK朝ドラ『A』のNですよ。とにかく、イメージの定着を嫌って、『A』の共演者たちとは、基本的に絡まないようにしているそうですね。

AP ドラマの次回作がなかなか決まらないのは、そのせいだな。なにも、そこまで徹底しなくても良さそうなもんだけどな。事務所の戦略とはいえ、そのせいでNへの風当たりが強くなってしまっては、あまりメリットもないような気がするが。

 まさにその通りで、共演ドラマの企画が浮上しながら、何度も断られている同い年のA周辺は、「もう、こっちがお断りだ」と激怒していますからね。『A』の終了直後は、続編の制作も噂されましたが、Nサイドがその態度ですから、まずあり得ないといわれていますね。
ペニオクタレント同士の低レベルな争い

 あと、ボクが見ていて面白いのは、一昨年に騒動となった、ペニオクタレント同士の牽制のしあいですね。例えば、グラドル上がりのKはモデル出身タレントKとの共演を明らかに避けています。ママタレント同士で、テレビばかりでなく、イベントなどでも一緒になってもおかしくないんですけど。

 タレントKはきちんと謝罪をして、テレビ出演を自粛しましたが、Kはちょうど産休と重なったこともあって、タレントKのような謝罪もないままに、シレ~っと「産休が明けました」みたいな顔でテレビに出始めましたからね。Kは、タレントKと一緒になって蒸し返されでもしたら面倒なことになると、仮おさえの段階で企画書にタレントKの名前があると、何かと理由をつけて出演を断ってきますからね。

 Kは、そのタレントKを面と向かって痛烈に批判したNも避けていますよね。自分も袋だたきにされるんじゃないかって。そんなことを続けていたら、単に仕事が減るだけだと思うんだけど(笑)。

 ずっと引きこもっていたYもそうだけど、Kもとっとと謝って、一回、恥をかいておけば良かったのに。

 ちなみに、HやKなど、グラビアアイドルにペニオクサイトのステマを広げた騒動の主犯格といわれるMは、目下、海外で悠々自適のセミリタイア生活を送っているという話ですよね。有力なスポンサーがいるという噂もあるし、実はペニオクサイトの運営にも関わっていて、相当、金を儲けたという噂もありますね。

AP 明日はどうなるかも分からない芸能人。喧嘩や共演NGなんかヤメて、皆、仲良く助け合っていけばいいと思うんだけどなぁ(笑)。

その他にも様々な芸能界のバトルを紹介したムック「タブーなケンカ」絶賛発売中!
別冊週刊大衆「永久保存版 遺恨だらけのテレビ&芸能界! タブーなケンカ101番勝負」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.