日刊大衆TOP 社会

飲み屋でモテるマメ知識「メジャーリーグ」編

[増刊大衆]

旬の仰天トリビア一挙出し! 飲み屋でモテる! 中年男子のマメ知識

キャバクラやスナックで女の子と話題が続かない……そんな中年男子に送る、とっておきの雑学トリビア集。これさえ覚えておけばネタに困らないこと間違いなし!? 是非ご活用あれ!!

犯せば報復されるMLB暗黙の掟!

メジャーリーグには、ルールブックに書かれてない暗黙の掟が、いくつもある。
たとえば投手が三振を獲ったとき、あるいは打者がホームランを打ったときのガッツポーズ。大量リードしているときの盗塁や送りバント。パーフェクトやノーヒットノーランを継続中の投手に対してバントヒットを狙うこと――。これらはタブーであり、卑劣で恥ずべき行為とされている。なお、掟を破った者には、死球による報復が待っているという。
メジャーでは選手の労働組合も超一流

「世界最強の労働組合」と言われるMLB選手会の力は、報酬によく表れている。
全選手の平均年俸は3億2000万円。この金額は日本プロ野球の8・5倍、韓国プロ野球の32倍だ。
特に驚くのは年金制度の充実ぶり。選手が掛け金、保険料を負担する必要は一切ない。
財源には放映権料やライセンス収入などが当てられ、1日でも一軍登録されると受給資格が生じる。金額は現役時代の年俸、成績に関係なく、在籍期間で決まる。9年超在籍の松井秀喜は、年間約1000万円の年金になるという。
ボール1個の値段ギョーテンの3億円

1998年9月27日、カージナルスのマーク・マグワイアが史上初の70号ホームランを打った。翌年、そのボールがオークションにかけられ、なんと270万ドルという高値で落札された。当時のレートで約3億円である。
球場でボールをキャッチしたのは、7ドルのチケットを買って観戦中の、年収3万ドルの平凡な青年。幸運は、どこに転がっているのかわからない。
ベーブ・ルースは"二刀流"の達人!

名選手ベーブ・ルースはレッドソックス時代、投手と打者の"二刀流"だった。
デビュー2年目に18勝、3年目23勝、4年目24勝と活躍し、ワールドシリーズでも勝ち投手に。しかもその間、3割を超える打率を残す。ヤンキース移籍後は打撃に専念するが、投手として94勝46敗、防御率2・28の通算成績を残した。
最強打者の打順は3番それとも4番?

チームの最強打者は4番なのは日本野球の常識だが、さて、メジャーでは?
実は、ベーブ・ルース、マーク・マグワイア、サミー・ソーサ、バリー・ボンズなど歴代のスーパースターの多くが3番を打った。「先発投手が最も不安定な1回に、ベストヒッターが打つべき。4番だと打順が回らないことがある」こう話す関係者も少なくない。メジャーには「4番信仰」はないようだ。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.