日刊大衆TOP 社会

飲み屋でモテるマメ知識「夏のスタミナ食材」編

[増刊大衆]

旬の仰天トリビア一挙出し! 飲み屋でモテる! 中年男子のマメ知識

女の子と話題が続かない……そんな中年男子に送る、とっておきの雑学トリビア集。これさえ覚えておけばネタに困らないこと間違いなし!? 是非ご活用あれ!!

夏に食すウナギはなぜかオスばかり

日本の夏のスタミナ食といえばウナギ。特に土用丑の日には、たった1日で年間消費量の半分近くを食べ尽くすという。そして、そのほとんどがオスである。
ウナギは、稚魚のときは性が未分化。成長過程で雌雄が決まる。川で育つ天然ものの雌雄率は半々なのに養殖池で育てると、なぜか9割以上がオスになる。日本で売られているウナギは、ほぼすべて養殖もの。結果的に我々はオスばかり食べることになるわけだ。「養鰻」は「ようまん」と読むが、「ようちん」と読んだほうが実態に近い。
精のつくニンニクでも食べ過ぎると逆効果

はるか紀元前の昔から、ニンニクは精のつく食べ物とされてきた。万里の長城を建設したとき、労働者に配ったという話もある。
しかし、食べ過ぎると、逆に活力を失うことも。ニンニクの成分・アリシンによって、体が貧血状態になるというのだ。血が薄くなれば当然、下半身のパワーも落ちてしまう。薬も飲み方次第では毒になる。何事も度が過ぎたらロクなことにならない。
ヤマイモ食べてネバーギブアップ

「ヤマウナギ」とも呼ばれるヤマイモは、精のつく食品だ。あのネバネバに含まれるタンパク質やムチンに男性機能を高める効果があることが証明されている。 ビタミン、カルシウム、食物繊維も豊富で、疲労回復や整腸作用も期待できる。同様の効果は納豆にもあるという。ネバネバ食品は、男の"元気の素"なのだ。これは食べネバ。
意外すぎる野菜が夏バテを防止する

スタミナ食材のイメージはないが、意外といいのがキャベツ。ビタミンUの含有量が多く、弱った胃を修復し、潰瘍を予防する。ストレスの多い現代人には強い味方になりそうだ。
また最近、注目を集めているのがアボカド。大量に含まれるビタミンEが体の若さを保ち、下半身を元気にすると、評判なのだ。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.