日刊大衆TOP 芸能

ズバリ本音で美女トーク☆小林幸子(歌手)

[週刊大衆1月5日,12日合併特大号]

ズバリ本音で美女トーク☆小林幸子(歌手)

もっと画像を見る

「12年に紅白に落選したことをプラスに考えています。自分を見つめ直すいい機会だったかも」

2014年11月に、日本武道館で行ったデビュー50周年記念コンサートを成功させた小林幸子さん(61)。長い歌手生活の中でも初めての武道館"単独"公演とあって、すべてを歌い終えたときには感無量だったという。最近では"ラスボス"の愛称で若いファンからも人気を集めている小林さん。老若男女に愛され続ける世代を超えたスーパー歌姫の魅力に迫ります!

――50周年記念コンサート成功、おめでとうございます。

小林 ありがとうございます。人は夢を見る、夢がかなう、そして夢の続きを追いかけていくと言いますが、本当にそのとおりですね。日本武道館のステージには何回も立っているのですが、単独の公演は初めてだったので、本当にうれしかったです。50周年の集大成になりました。

――会場には、昔から幸子さんを応援している年配のファンの方や芸能界の仲間が集まる一方、コンサートはニコニコ動画の『ニコニコ生放送』でも中継され、若いファンの方も多く視聴してくれたそうですね。

小林 そうなんです。若い方だけでなく、私の友人たちの中にも『ニコ動』で見たという人がたくさんいて。柏原芳恵ちゃんや都はるみちゃんも「東京にいなかったから『ニコ動』で見ました」って連絡をくれました。

――最近、演歌にはなじみのない若いネットユーザーからも、カリスマ的な人気を集めているそうですね。

小林 "ラスボス"ですから(笑)。

――ラスボス?

小林 もともとは、NHK紅白歌合戦での巨大衣装で歌う姿が、ロールプレイングゲームの最後の敵を彷彿(ほうふつ)とさせることから、ラストボス=ラスボスと呼ばれていたそうなんです。はじめは"ラスボス"の意味も知らなかったんですが、皆さんが面白がって言ってくださることはいいんじゃないかな、と。この間、夏木マリちゃんから「ラスボス、誕生日おめでとう!」ってメールが来たときは、おかしかったけど(笑)。

――14年はバーチャルアイドル・初音(はつね)ミクなどのボーカロイド(歌声合成技術。通称ボカロ)の曲をカバーしたCD『さちさちにしてあげる♪』が大ヒット。そもそも、どうしてボカロ曲を歌ってみようと思ったんですか?

小林 これも『ニコ動』への出演がきっかけです。"ラスボス"と同様、はじめは「ボカロって何ですか?」って感じだったのですが、いろいろと勉強させていただく中で興味を持ちはじめて。仕事を抜きにして『ニコ動』の「歌ってみた」という部門に、『ぼくとわたしとニコニコ動画』という曲をカバーして、投稿してみたんです。すると、3日間で100万回以上もアクセスがあって……。

――すごい! でも、新ジャンルの曲を歌うことへの抵抗はないんですか?

小林 私もこの50年間、演歌だけではなく、歌謡曲やスタンダードナンバー、ジャズ、シャンソンと何でも歌ってきましたから、抵抗はなかったです。50年間の歌手生活の中で培ってきた引き出しを開けて、歌わせていただくのは達成感もありますし。ただ、最初は大変でしたけど(笑)。

――どのあたりが?

小林 実際に歌ってみると、ボカロ曲はコンピュータで作成した曲なので、いきなり2オクターブ上がるような普通ではありえないような、音階やメロディラインが出てきたり、ブレスする所がなかったりするんです。

――初音ミクさんは36節ある曲でも1回も息継ぎなしで歌っちゃうわけですよ。初音ミクは人間じゃないですからね(笑)。

小林 そうなんです。でも、人間は息をしないといけないですから。私もプロの歌い手として、「ここでは切れない!」と思って歌うんですけど、呼吸困難になったりもしました(笑)。でも、新しいことにチャレンジすることは楽しいし、面白いですよ。

――チャレンジといえば、8月には日本最大の同人誌即売会『コミックマーケット(コミケ)86』に一般サークルとして参加したそうですね。

小林 皆さんのエネルギーがすごかった! 炎天下にもかかわらず、3000人くらいの行列ができて。暑い中、わざわざ並んでくれた皆さんから「お疲れ様です!」なんて言っていただいて、こっちが元気をもらっちゃいました。

――すごい盛り上がりだったんですね。

小林 本当に。CDが完売したあとも、まだ1500人くらいの方が並んでくれたんです。あの会場では来る人も、ブースを出す人も、全部をひっくるめて"コミケの参加者"というくくりなんですよ。そういう一体感や独特の熱気があって、楽しかったですね。

演歌は古臭くなっちゃダメ!

――お話をうかがっていると、芸歴50年を誇るベテラン歌手でありながら"新しいことに挑戦しよう!"という気持ちが伝わってきます。

小林 性格なんですよ。面白そうなら、まずやってみる。基本的に、何かをやっているほうが楽しいんです。

――そうした幸子さんから見て、今の演歌界はどうですか?

小林 演歌は間違いなく、日本人の心に染み込んでいる素晴らしいものです。ただ、どこかで旧態依然としている部分もありますよね。たとえば歌舞伎は古典ですが、演歌を古典にしてはいけない。歌舞伎には長~い歴史があって、もともとが古いわけです。でも、演歌そのものは100年も200年も歴史があるわけではないですから。

――確かに、「演歌」と呼ばれているものは、戦後に誕生したものですね。

小林 そういう意味では演歌も、もっと進化しなくてはいけないなと思うんです。ビートルズは60代から上の世代の音楽。でも、今でも新しいじゃないですか。音楽性もあるんでしょうけど、演歌も固定観念に縛られて古臭くなってはいけないジャンルなんです。「古い」と「古臭い」とは違いますからね。

――演歌を心から愛する歌い手であるがゆえの思いですね。

小林 私一人でできる規模の話ではないですけど、新しいチャレンジをして少しは風穴を開けられたらな、と。ただ、演歌の世界と今の若い人たちの世界を無理に融合させようとすると、ややこしくなってしまうので、そこは気をつけないといけない。それをしたら若い人たちは、ついてきてくれないと思います。

――確かに、若い人はそういう"匂い"に敏感です。

小林 最近、NHKがコミケに初めて企業ブースを出展することがニュースになっていましたが、「コミケ」という言葉自体、私たちの世代はよくわからなかったと思うんです。私の活動が、結果的に少しでも私たちの世代と若い人たちの世代の文化の橋渡しになっているとしたら、それはうれしいことですね。

夫婦ともに飲んべえなんです

――そうした状況を考えれば、14年の紅白に幸子さんが選ばれなかったことには疑問を感じます。

小林 いえいえ、ありがとうございます(笑)。

――明石家さんまさんも「小林幸子さんや美川憲一さんが出ていない紅白は、俺はちょっと許せない」と、ラジオで発言していました。

小林 さんまちゃんがラジオで言ってくれたみたいですね。それはすごくうれしかったです。ただ、紅白に関しては、NHKが独自の考えの中で選ぶことなので、私のほうから、それについてどうこう言うつもりはありません。今はですね、12年に33年連続出場していた紅白に落選したことをプラスに考えているんです。歌い手・小林幸子を改めて見つめ直すうえでは、良い転換期だったのかもしれません。

――プライベートでは、11年11月に医療関連会社社長のご主人と入籍なさいました。結婚生活も4年目ですが、夫婦関係に変化はないですか?

小林 全然変わらないです。ラブラブというか、結婚した翌年から事務所内部の問題で世間をお騒がせしてしまったので……。主人とは夫婦というよりも"戦友"のような関係ですね(笑)。

――お二人ともお酒がお好きとか?

小林 二人とも飲んべえです。まずビールから始まり、ワインになって……。

――ワインは1本くらい空けるんですか?

小林 それは当たり前です(笑)。最近は焼き芋の焼酎に凝っていて。アレはおいしいですよ、とても香ばしくて。

――14年の年末はご主人と海外で過ごされるそうで。

小林 一緒にアラブ首長国連邦のアブダビへ行くんです。主人の仕事の関係で向こうに知り合いがいて。

――以前から観光親善大使を務めている台湾をはじめ、過去にはロサンゼルスやブラジルでも公演を行っていますよね。アブダビへはプライベートを兼ねてですか? 一部では「"日本のレディー・ガガ"としてドバイでコンサート」なんて報じられていますが。

小林 "日本のレディー・ガガ"ですか(笑)。あの衣装を持って行くとなると、空輸というわけにはいかないですからね。コンテナで運ぶとなると、日数もかかっちゃいますし。台湾でも2~3週間はかかっちゃうんですよ。ただ運ぶだけじゃなくて、港で積荷のチェックもありますしね。

――そういう苦労もあるんですね。

小林 はい。でも、実際に米国でのコンサートのお話もいただいていて。私自身、50周年の節目を終えて、海外でだったり、海外に発信する何かだったりもやりたい気持ちはあります。

――では、歌手生活51年目の抱負は海外進出ですね。小林そうですね。50周年を終えて、また一から新しい小林幸子を探していこうと思っています!

チャレンジ精神を忘れず、常に進化し続ける小林さん。日本のラスボスが世界のラスボスになる日も近い!?

●ポラロイドプレゼント●
小林幸子さんのポラロイドをご応募いただいた方の中から抽選で一名さまにプレゼント!
住所・氏名・年齢、「小林幸子さん ポラロイド希望」と明記のうえ、こちらへメールをお送りください。
応募する
※会員登録が必須となります。

こばやし・さちこ
1953年12月5日生まれ。新潟県出身。オーディション番組をきっかけに、10歳のときに作曲家の古賀政男にスカウトされ、芸能界入り。『おもいで酒』『とまり木』『もしかして』『雪椿』ほか多くのヒット曲を持つ。近年では、ネットユーザーからも熱い支持を得ている。公式ブログ『Smile Diary』ほか、フェイスブックやツイッターも更新中。

ズバリ本音で美女トーク☆小林幸子(歌手)

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.