日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】新たな伝説へ。キズナが帰厩しました

[週刊大衆01月26日号]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

人生に役立つ勝負師の作法 武豊
新たな伝説へ。キズナが帰厩しました


2013年のダービー馬、キズナが帰ってきました。
「参戦するレースはすべて勝ちたい」という強い気持ちで臨んだ昨年は、「産経大阪杯」で始動。ゴール前、鋭い伸び脚で勝ち上がりましたが、2つ目のビッグタイトルを狙った「天皇賞・春」では、伸び切れず4着。レース直後は、その原因がわからず、僕も頭をひねるしかありませんでした。

サラブレッドの中には、何のアクシデントもないのに、レース中、突然、走る気をなくしてしまう馬がいます。しかし、キズナはそんなレベルの馬ではありません。もう一段あるはずのギアが入らない……これはかなりショックでした。

理由が判明したのは、レース2日後です。左第3手根骨の骨折。全治6か月の診断でした。この時点で、「宝塚記念」も、「凱旋門賞」制覇の夢も、すべて白紙。ケガを治すところからのスタートになってしまったのです。
動揺しなかったと言ったら嘘になります。それでも、みなさんが想像しているほどではありませんでした。

なぜか?

理由は、必ず帰って来ると信じていたからです。あのときから、頭の中では、さらに強くなって戻ってくるというイメージが出来上がっていました。

そのキズナが昨年12月12日、佐々木晶三先生の元に帰ってきたのです。
馬場入りするところを偶然見かけ、思わず駆け寄ったときの僕の足取りは、久しぶりに恋人に逢ったような感覚で(笑)。さすがにスキップはしていませんが、心の中では、弾むようなメロディが流れていました。
東京五輪新種目に競馬を推します!

すでに調教を開始したキズナの復帰初戦は、2月15日の「京都記念」に決定。
その後のローテーションも、春は、昨年、優勝を飾った「産経大阪杯」から、今度こその思いが強い「天皇賞・春」、そして「宝塚記念」と続き、大山ヒルズを経由して渡仏。秋は「フォア賞」から「凱旋門賞」へと進むプランが前田晋二オーナーから発表されました。

さらに、"帰国後の状態を見ながら〞という注釈付きですが、ラストラン「有馬記念」へと進む予定です。ここまでが、キズナ伝説の第1章です。しかし、夢はさらに続きます。

2年後の2017年にキズナ2世が誕生。19年にデビューし、20年には主役としてターフに帰ってきます。そしてこの20年は……東京オリンピックが開かれる年でもあります。

開催都市が種目を追加提案できるというビッグニュースに今、僕の心は踊っています。野球&ソフトボール、空手などが有力候補として挙がっていますが、ヨーロッパ、アメリカ、アジア、オーストラリアなど世界中で開催されている競馬にもその資格は十二分にあるはずです。

たったひとつの勲章、金メダルを目指すHorse Racing――キズナの仔でそれを成し遂げられるなら、騎手としてこれ以上の栄誉はありません。競馬をオリンピック種目に――さあ、みんなで声を上げましょう!


■武豊 プロフィール
1969年3月15日、京都生まれ。1987年の騎手デビュー以後、通算3500勝、日本人騎手初の海外GI制覇、年間200勝突破など数々の金字塔を打ち立て、現在も活躍中。

【武豊】新たな伝説へ。キズナが帰厩しました

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.