日刊大衆TOP 芸能

ズバリ本音で美女トーク☆田中美奈子(女優)

[週刊大衆02月23日号]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

ズバリ本音で美女トーク☆田中美奈子(女優)

もっと画像を見る

「"六本木でブイブイ"なんて全然。タレント仲間とは本当に健全にあなご釣りをしていたんですよ ウフフ」

1989年に『涙の太陽』で歌手デビューするや、瞬く間にスターの座に駆け上がり、90年代はトレンディドラマに欠かせない女優となった田中美奈子さん(47)。現在はドラマだけでなく、経済情報バラエティ番組にも出演し、輝きを増すばかり。そんな最旬美熟女のフェロモンの秘密に迫った!


――経済情報バラエティ『マネースクープ』(フジテレビ系)での記者ぶりが話題ですね。

田中 ありがとうございます。記者として取材ロケに出る日が来るなんて、自分でも驚きなんですけどね。

――有森也実さん、千堂あきほさんとの同世代トリオの自由過ぎるレポートぶりが、本当に面白いです。

田中 アハハ(笑)。私たち、従来のバラエティ番組の流れとかセオリーみたいなものを、いい意味で裏切っていますからね。

――それがとても新鮮です。特に、独特のテンポを持った有森さんとの漫才のようなやりとりが。

田中 彼女とは、90年の『トップスチュワーデス物語』(TBS系)で共演しているんです。海外ロケもあって、一緒にいる時間も長かったし、女ばかりでいろいろあった現場を、ともに乗り越えたことで、同志みたいな感覚があるんです。ベタベタした友達関係ではないんですけど、会えば、すぐに当時のノリがよみがえりますね。

――だから、お互いに自然体だし、天然ぽい有森さんに、田中さんも遠慮なくつっこめるわけですね。

田中 そうなんですよ。彼女に「今、彼氏いるの?」とか聞いたり、ハードにつっこめるのは、あの番組では私くらいですから(笑)。

――移動の車中でのフリートークが、特に面白いですよね。

田中 あのオバちゃんトークは、本当に勝手にしゃべっていますからね。ディレクターさんに"もういいです。編集が大変だから"なんて言われながら。それでも話が尽きない(笑)

――番組で、特に印象に残っているレポートなど、ありますか?

田中 "大人の色気を出すセミナー"で、笑顔の作り方や姿勢や表情、男性が喜びそうな褒め言葉なんかを教えていただいて、そのあと一般男性との「合コン」に参加させていただいたことですね。

――合コンは、何年ぶりでしたか?

田中 初めてですよ! なので、どうしたらいいのかわからなかったんですけど、教えていただいたことを私なりに実践してみたんです。

――男性陣の反応はいかがでしたか?

田中 結局、照れて先生の教えをほとんど実践できなかった有森が、一番人気だったんですよ。私は、流し目やスキンシップをちょっとオーバーにやりすぎたみたいで、"本当の田中さんが見たかった"って言われちゃって(笑)。

――一般男性には色っぽすぎたのかもしれませんね。

田中 そうなのかなぁ(笑)。それ以外だと、よく覚えているのは、1項目から検査ができる"ピンポイント健康診断"ですね。肺年齢を調べてもらったら、私、62歳っていう結果が出ちゃったんです。実年齢から19歳以内なら基準値ということでしたが、あれはショックでした。以来、有森とあきほちゃんが少し優しくなった気がします。

――いいチームワークですね。

田中 ドラマでは経験できないことをさせていただいて、本当にありがたいです。

――ドラマといえば、一昨年は、大ヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系)にも出てらっしゃいましたが、その前年には、コミックが原作の昼ドラマ『幸せの時間』(フジ系)が、大変な話題になりましたね。あれは双葉社の発行なんですよ。

田中 その節は、ありがとうございました。

――いえいえ、こちらこそ官能的なシーンに体当たりしていただき、ありがとうございました。

田中 まさか、40歳を過ぎて2人も子どもを産んだ私に、そういう話が来るとは思っていませんでした。

――夫の不倫から家庭崩壊が始まって、自分も禁断の関係に身を焦がしていくという役で、特に前半はセクシーシーンが満載でした。

田中 出演が決まったときは、まだ下の子も小さくて、出産後のまんまの体形だったので、これはお見せできないと慌てて、ウォーキングでシェイプアップして7キロくらい絞ったんですよ。クランクインしてからも、撮影がハードで、さらに1キロ減ったので、合計で8キロくらい痩せたんですよ。

――数々のセクシーな名場面の裏に、そんなご苦労があったんですね~。周囲の反応はいかがでしたか?

田中 当時、子どもが通っていた幼稚園の先生やお母さんたちが、妙に気を遣ってくるというか、あまり目を合わせてくれなくなったのが、一番の変化でしたね(笑)。
六本木で毎晩シャンパン!?

――そうなんですか。逆に、「見てるわよ!」って言ってくるお母さんもいたんじゃないですか?

田中 いましたね。純粋に楽しんでくださっているようなので、うれしかったですね。でも、あとになって考えてみれば、目を合わせない人たちも、実は見ていたんじゃないかと思って。

――むしろハマッていたんじゃないですかね。

田中 アハハハ。大変な撮影でしたけど、思い切ってやったおかげで、お仕事の幅も広がってきたので、本当に感謝しています。

――2月10日には、真矢みきさん主演のNHKの連ドラ『全力離婚相談』にゲスト出演されるそうですね。

田中 元ヤンキーの奥さん役なんです。夫を演じる玉袋筋太郎さんに、「○○だろ~、おい」みたいな言葉ばかり吐くので、できるか不安もあったんですけど、勢いでなんとかやりきりましたね。素晴らしい脚本の作品なので、ぜひ見ていただきたいと思います。

――それにしても、ずっと第一線で活躍されているのは、本当にすごいです。

田中 いえいえ、支えてくださる皆さんのおかげです。

――1980年代後半、"瞳に1億円の保険をかけた美少女"として登場し、人気ドラマへの出演や、歌手デビューで一気にスターになりましたが、振り返ると、どんな日々でしたか?

田中 私は、いたって地味な生活をしていたんですよ。

――そうなんですか!? 当時は、ボディコンを着て、夜の六本木でブイブイいわせているような、派手でお金のかかりそうな"バブルの象徴"のようなイメージがありましたよね?

田中 六本木で毎晩シャンパンあけてそうとか、よく言われましたけど、全然ですよ(笑)。にぎやかな繁華街の雰囲気が苦手で、ドラマや番組の打ち上げ以外では、そういう場所に、一切、近づきませんでしたから。お酒もほとんど飲めなかったし、飲んだとしても歩いて帰れる距離でちょっと飲んで、帰ってすぐ寝るといった感じだったんですよ。

――正反対のキャラクターで人気者になっちゃったわけですね。

田中 そうなんですよ。高校時代の友達とかは、「あんたどうして?」ってビックリしていましたからね。

――そのギャップに苦しんだこともありましたか?

田中 そんなに深刻に悩むようなことはありませんでしたけど、たとえばドラマでも、夜景の見えるバーのカウンターで一人……みたいなシーンがやたら多くて、困りましたよね。

――それはどうして?

田中 おしゃれなカクテルを飲んだりする演技を、当たり前のように要求されるんですけど、そんなの飲んだことないから、まず、グラスをどう持っていいかわからないんですよ。持ってみると、心もとない軽さでバランスも難しいじゃないですか。で、本番ではグラスが"カツン!"って前歯に当たってNGになったり(笑)。あとタバコでも失敗したなぁ~。
豪華メンバーで「あなご釣り」

――どんな失敗だったんですか?

田中 もちろん吸ったことがないから、撮影用のタバコを用意してもらったんですけど、いざ本番になると、鼻から煙が大量に、ぶわ~って出ちゃって(笑)、ハイ、カット。監督もスタッフも、大爆笑していましたよ。

――ハハハ。当時、仲のいいタレント仲間っていうとどんな方だったんですか?

田中 同じ事務所だった田村英里子とか、それこそ『幸せの時間』で夫役だった西村和彦くんや、石黒賢くん、安田成美ちゃんと結婚する前の、とんねるずの木梨憲武さんたちは、遊び仲間でしたね。

――すごいメンバーですね。どんな遊びをしていたんですか?

田中 本当に健全な遊びだったんです。深夜、品川プリンス(ホテル)のテニスコートに集まって朝までテニスしたり。江東区の木場の橋であなご釣りをしたり。いや~、懐かしいですね。

――最後に、今後の女優としての目標を教えてください。

田中 実は、一番やりたいことがまだやれていないので、挑戦したいですね。

――お~、なんでしょう?

田中 コメディなんです。あとは、アニメでも何でも、人間以外の役の声とかにも興味があるんですよ。ぜひ、そういったコメディや吹き替えの仕事にも挑戦したいですね。


「ようやく、仕事が実際の私のキャラに合ってきた」という田中さん。今年、さらなるブレイクの予感がしますゾ!

田中美奈子 たなか・みなこ
1967年9月12日、千葉県出身。カバー曲『涙の太陽』で歌手デビューし、超ミニスカートの美脚で「学園祭の女王」と呼ばれる。07年に結婚し、08年に女児、09年に男児を出産。現在は子育てをしながらも、数々のドラマに出演。レギュラー出演中の経済情報バラエティ『マネースクープ』(フジ系)では、新たな魅力を発揮している。

ズバリ本音で美女トーク☆田中美奈子(女優)

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.