日刊大衆TOP 社会

墓に埋葬されたゾンビ猫ちゃん、奇跡の生還!

アメリカのフロリダ州で、いま話題沸騰中の「奇跡の猫」がいる。

その雄猫・バートは、1週間以上前に自動車にはねられ、路上で血まみれで倒れていたところを、飼い主のエリス・ハトソンさんに発見された。呼んでも反応はなく、体も冷たいことから、獣医はバートがすでに息絶えていることを確認し、ハトソンさんは深い悲しみの中で埋葬を済ませた。

ここまでは、ああ、猫ちゃん可哀相に…というお話だ。しかし、このストーリー展開には続きがあった。何と、その5日後、ハトソンさんのもとに、この世を去ったはずのバートが戻ってきたというのだ!

頭部や顔面は激しく損傷し、顎も砕けて泥まみれなその姿は、まるでゾンビのようだったという。そんな状況から、インターネットでは「ゾンビ猫」のニックネームも飛び交っているとか。
ハトソンさんはすぐさま病院へ連れて行き、片方の眼球を摘出し、顎をワイヤーで固定する緊急手術が行われた模様だ。

同州タンパベイの動物愛護団体ヒューメーン・ソサエティは、「彼は自力で地中から脱出したようだ。衰弱かつ脱水状態で、歩くことも困難な状態だった」と述べ、彼を「ミラクル・キャット(奇跡の猫)」と呼んでいる。

奇跡的に内臓に損傷がなかったせいか、バートは快方に向かっており、人懐っこく喉を鳴らして人間に甘えているという。

小さな命だが、こんなにも世界に反響をもたらしたことに、大いに感動を覚える。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.