日刊大衆TOP トレンド

新築購入で30万円分が貰える「住宅エコポイント」が復活!

新築購入で30万円分が貰える「住宅エコポイント」が復活!

環境に優しいエコ住宅を新築したりエコに配慮したリフォームをすれば一定のポイントがもらえ、1ポイント=1円換算で様々な商品や商品券と交換したり、追加工事の費用に使える「省エネ住宅ポイント」、通称「住宅エコポイント制度」。これがなんと、2月3日に3度目の復活を果たすことになった。

もともとの目的は地球温暖化対策の推進及び経済の活性化で、一度目は鳩山由紀夫内閣時(2010年3月~2011年7月末)に緊急経済対策の一環として、二度目は野田佳彦内閣時(2012年1月~7月)に東日本大震災の被災地復興支援を目的に実施された。国交省によると、これまでの累計発行ポイントは新築とリフォームを合わせてなんと3428億7911万ポイント(2014年12月末時点)。そして今回は、905億ポイントが用意されているという。

さて、そんなお得な住宅エコポイントだが、今回、大きく3つの変更点がある。
まず1つめが、完成(完成検査済証の日付)から1年以内、かつ居住に使われたことがないエコ住宅を自己居住用に購入した場合は、30万ポイントが付与されるという点。建てられて時間の経った新築分譲も対象になり、完成在庫を圧縮させることが狙いだ。

2つめは、中古住宅の購入と同時にエコリフォームを実施すると、付与ポイントが追加される「既存住宅購入加算」が適用されること。昨年12月27日以降に中古住宅の売買契約を締結し、その日から3カ月以内に一定基準のエコリフォームの請負契約をした場合のみ、10万ポイントを上限に付けられるという仕組みだ。

3つめは、ポイント発行対象のエコリフォームが、「窓の断熱改修」と「外壁、屋根・天井、床の断熱改修」のどちらかだったのが、指定された住宅設備3種類以上を新設リフォームすれば対象になるというもの。
新しく指定されたのは「太陽光利用システム」「節水型トイレ」「高断熱浴槽」「高効率給湯器」「節湯水栓」のうち3種類以上を設置すれば、ポイントがもらえる。枠をかなり広くしたのだ。
気になる発行ポイント数だが、「エコ住宅の新築」「完成済み新築エコ住宅の購入」が、ともに30万ポイント。
そしてエコリフォームは上限30万ポイントで、耐震改修をすればさらに15万ポイントが別枠加算できる。これが最もお得なパターンだろうか。
エコリフォームに対するポイント発行数は、断熱改修だと、外壁12万、屋根・天井3万6000、床6万(いずれも1戸あたり)、バリアフリー改修は上限6万、先に挙げたエコ住宅設備は一律2万4000、リフォーム瑕疵保険への加入1万1000(1契約あたり)ポイント。耐震改修以外は、前回より増額されている。

いずれにしろ、エコ住宅を買ったりリフォームするだけでお得感が生まれる、この制度。購入や改修を検討しているなら、いまのうちにやっておけばいい。建築需要増のためのバラマキ政策の側面はあるものの、便利なポイントが受け取れるのはありがたいところ。もらえるものはもらって、パーっと使っちゃいましょう!

新築購入で30万円分が貰える「住宅エコポイント」が復活!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.