日刊大衆TOP 社会

自衛隊VS中国軍の結果は? 「自衛隊の最強装備2015」にその答えがある

集団的自衛権や着々と軍拡を進める中国軍などのニュースが流れ、「もし自衛隊が中国と戦ったら、勝てるのだろうか?」と不安を感じている人も多いだろう。
この不安は、実際に自衛隊がどのような装備になっているのか、知らないことから起こっている。我が国では戦闘機や護衛艦といった、具体的な装備品についてメディアなどで語られることが少ないからだ。“敵を知り、己を知れば百戦危うからず”の言葉がある通り、まず知っていればこそ、不安なく平穏な日々が送れるのだ。

その軍備を“知る”ために最適なガイドである『自衛隊の最強装備2015』(双葉社)が、このたび発売された。
本書では陸・海・空の最新装備を写真と詳細なデータで丁寧に解説。中国、韓国軍の装備解説と合わせ、現在の「日の丸軍」・自衛隊がどのぐらいの実力を持っているのかがわかるようになっているのだ。

それぞれの装備で驚くのは、やはり科学技術の進化。例えば陸上自衛隊が配備している「10式戦車」は電子機器を満載し、非常に高い射撃命中度を実現した「世界最強」の呼び声も高い戦車だ。広範なネットワーク機能も備え、味方戦車と情報共有をしながら作戦を進められるため、対ゲリラ戦闘にも、大きな戦力になるといわれている。

001
三菱重工業がその英知を結集して作った世界最強戦車である10式戦車


海上自衛隊では、やはり最新、最大のイージス艦といわれる「あたご」型イージス護衛艦だろう。これまでの「こんごう」型イージス護衛艦よりもバージョンアップしたイージスシステムを採用しており、艦対空ミサイルの質も向上。軍拡著しい中国軍の、空からの攻撃に備えている。

002
「あたご」型イージス護衛艦は、高い防空戦闘能力で中国の空の脅威に備える


航空自衛隊と聞くと、やはりF-15J「イーグル」が“顔”ではあるが、注目すべきは現在開発が進められている「日の丸ステルス戦闘機、「心神」だ。レーダーに映りにくいステルス戦闘機の開発は、アメリカ、ロシア、中国が進めているが、日本もその高い技術を生かし、今年中に試作機を初飛行させる予定、というところまでこぎつけた。その性能は米空軍のF-22「ラプター」を上回るともいわれ、各国からも注目を集めている。

003

004
日本のステルス戦闘機「心神」の開発は世界中が注目している


この他にも多目的輸送機であるMX-22「オスプレイ」や、空母型護衛艦である「いずも」型ヘリ搭載護衛艦など、自衛隊が配備をすすめる最新装備は数多くある。

005
固定翼機とヘリコプターの長所を併せ持つ「オスプレイ」は島嶼防衛に大きな期待が集まる


これらの最新装備を運用するには、高い技術が必要になるのだが、自衛隊員の練度は非常に高く、中国軍の幹部も舌を巻くほどといわれている。
集団的自衛権や尖閣諸島の問題など不安につながる話題が多い昨今だが、この本を読む限り、自衛隊の装備は十分といえるだろう。ぜひ一読をすすめたい。









「戦後70周年『日の丸軍』はここまで進化した!! 自衛隊の最強装備2015」監修:井上和彦(双葉社)
全国書店で発売中!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.