日刊大衆TOP コラム

第46回 病気から豊胸まで…ニセ医者が当たり前に診療する中国の恐怖

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯



中国がニセモノ天国であることなど、日本人読者の皆さんはとっくにご存知だろう。海賊版DVDやCDはもちろんのこと、大学の卒業証書を大学の目の前で売っている、というのはかなり有名な話だ。私の本も堂々と海賊版が大都市の書店に並んでいる(もちろん印税など入らない)。

売る方も買う方も感覚がマヒしているのだが、知的財産権の保護を迫るWTO加盟から14年が経って、さすがに中国政府も法律の整備など対策に乗り出している。ただ、思いのほかニセモノは減っていない。

●診療費が安い無免許医者にかかった結果…

ニセモノ天国の中国では、医者のニセ物が当たり前のように存在する。病気はもちろん、豊胸などの美容整形なども無免許で行う者もいるという。そして、そのニセ医者が先日、とんでもない事件を引き起こした。

福建省の福州市で先月、労働者の男性(39)が医者に行ったまま帰って来なくなった。家族が探していたところ、男性は近くの川で麻袋2つに入ったバラバラ死体になって見つかった。
犯人は、この男性が診療に訪れたニセ病院のニセ医者だ。容疑者の男は四川省の実家に逃亡していたところを逮捕されたが、どうやら彼は点滴で間違った薬を投与して労働者を死なせ、見つかるのを恐れて遺体をバラバラにしたらしい。

粗末な民家に古びた木製の看板が掲げられ、ろくな医療機器もないこの施設を病院と称する方もかなり大胆だが、こんな病院にかかる患者がいるのは何より診療費が安いから。貧しい労働者や農民にとっては、こんなニセ医者でも病院にかからないで死ぬよりマシだ。

同姓同名で出身地と生まれた年が同じ医師の存在を利用して、ニセの医師免許証を作るケースもある。もはや、どの医者が本物でどれがニセモノか分からない……。

アダルトDVDの海賊版が可愛く見えるほど、中国のニセモノ事情は深刻なのだ。


李 小牧(リー・シャム) プロフィール
1960年8月27日
中国湖南省長沙市生まれ
バレエダンサー、文芸新聞記者、貿易会社などを経て、留学生として来日。東京モード学園に入学する。ファッションを勉強する傍ら、新宿・歌舞伎町に魅了され、「歌舞伎町案内人」として活動。ベストセラーとなった『歌舞伎町案内人』(角川書店)などを上梓し、執筆や講演活動を展開している。マスコミ登場多数。

第46回 病気から豊胸まで…ニセ医者が当たり前に診療する中国の恐怖

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.