日刊大衆TOP 芸能

引退試合の対戦相手が語るアントニオ猪木「イノキさんと戦うということが最高の栄誉だった」

[俺たちのプロレスVOL.3 平成のアントニオ猪木]

レスラーとして現役を引退後も、その抜群の知名度とカリスマ性で、プロレスや格闘技会だけでなく、国会議員としても光を照らし続けるアントニオ猪木。
先日発売された「俺たちのプロレスvol.3(双葉社スーパームック)」では、アントニオ猪木と関係のあった11人のレスラーの証言を集め、「平成のアントニオ猪木」をテーマに、燃える闘魂のカリスマたる所以を特集した。
なぜ人々はアントニオ猪木に惹きつけられるのか。今回は、その中から一部を抜粋して紹介したい。

第一回目は、総合格闘技UFCで活躍ののち、プロレスラーに転身。平成10年4月、東京ドームで行われた引退試合で対戦したドン・フライのインタビューからお届けする。


「イノキさんと出会って、そして東京ドームで対戦できたことは、とてもグレートな経験だ」

PROFILE ドン・フライ(Don Frye)
1965年11月23日生まれ。総合格闘家としてUFCの黎明期を支える。その後、1997年には新日本プロレスに参戦。アントニオ猪木の引退試合の相手も務める。PRIDEにも参戦して、髙山善廣とも対戦。火花が散るような壮絶な殴り合いは世界中のファンの度肝を抜いた。


──今回はアントニオ猪木の大特集ということで、猪木最後の対戦相手であるドン・フライさんに、猪木さんについての話をうかがわせていただこうと思います。

フライ イノキさんの特集号のインタビュー記事かい? とても光栄なことだな。それじゃ、電話インタビューを始めようぜ!

──よろしくお願いします。フライさんは、UFCファイターからプロレスラーになりましたけど、もともと子どもの頃からプロレスファンだったんですか?

フライ 俺とプロレスとの出会いは、5~6歳の頃だな。バージニアに住んでいた俺のお祖父さんの家のテレビで初めて観てね。その頃からプロレスのファンになったんだよ。

──そんな小さな頃からのファンだったんですか。

フライ 俺は子どもの頃から、毎日、荒野を駆け回ったり、馬に乗ったりして遊んでいて。友だちと取っ組み合いのケンカなんかもよくしていたから、大きな男たちが闘うプロレスにすぐ惹かれたんだよ。

──ちなみに、小さい頃は誰のファンだったんですか?

フライ 当時のスーパースターたちさ。テリー・ファンク、ブルーノ・サンマルチノ、スーパースター・ビリー・グラハム、リック・フレアーたちのことは好きだったし、憧れだったね。
──少年時代、日本のプロレスラー、アントニオ猪木の存在は知ってましたか?

フライ たしか6~7歳の頃だと思うけど、当時住んでいたバージニアにアントニオ猪木がプロレスの試合に来たことがあるんだよ。

──へえ~、そうだったんですか。

フライ 当時はまだ日本人を見るのも珍しい時代だからね。それもあってよく憶えていたんだ。

──では、1976年にアントニオ猪木vsモハメド・アリの異種格闘技戦が行われましたが、当時、その試合のことは知っていましたか?

フライ もちろん知っていたし、試合もちゃんと観ているよ。

──どんな感想を持ちましたか?

フライ グレートマッチ! 当時としては最高の試合だったの一言さ。とにかく緊張感があったし、アリとイノキさんというスーパースターが向かい合っているだけで魅了されるものがあった。異なる競技のファイター同士ということもあり、なかなかお互い踏み込むことはできなかったが、少なくとも1ラウンドはグラウンドゲームもあり、ボクシングとプロレスラーによる、まさにミックスド・マーシャル・アーツだったね。

──その猪木さんと、将来、闘うことになるとは、当時は思いもしなかったでしょうね。

フライ いまでも信じられないよ(笑)。イノキさんと出会って、そして東京ドームで対戦できたことは、とてもグレートな経験だ。

──フライ選手はUFCでプロ格闘家になる前、消防士をされていましたけど、当時はプロレスラーになる気はなかったんですか?

フライ いや、プロレスラーは子供の頃からの憧れだったからね、もちろんなりたいと思ったさ。ただ、当時のプロレスラーはみんな身体が大きく、身長は6フィート5インチ(195センチ)以上、体重は300パウンド(136キロ)を超えるような大男がたくさんいたから、直接プロレスラーになってトップを目指すのは時間がかかると思ったんだ。だからまず、UFCで成功を収めて、有名になってからのほうが近道だと考えたのさ。

──なるほど。消防士を辞めて、プロ格闘家になるときは、何かきっかけがあったんですか?

フライ ちょうど離婚したこともあって、自分の人生に変化がほしかったんだ。それで、子どもの頃から慣れ親しんだ、アスレチック的なことをすることに決めたのさ。オクラホマ州立大学ではカレッジ・レスリングのチームメンバーとして、全米チャンピオンになることもできたし、個人的にボクシングも習っていて、その後は柔道もやっていたからね。3つの異なるスタイルの格闘技を経験した自分に、アルティメット・ファイティングは合ってるんじゃないかと思ったのさ。

──当時、消防士の仲間たちはなんて言ってましたか?

フライ 「お前はクレージーだ!」ってみんなに言われたよ(笑)。でも、自分がUFCで優勝したあとは、みんなが祝福してくれたね。
──96年に『UFC8』さらに『アルティメット・アルティメット』と、UFC2大会で優勝したあと、97年から新日本プロレスのリングに上がるようになったきっかけはなんだったんですか?

フライ UFCでの最後の試合となった、96年の『アルティメット・アルティメット』の決勝戦(タンク・アボット戦)で拳を骨折してしまい、治療のため2カ月間休養をとっていたんだ。そうしたら、ブラッド・レイガンズが当時のUFCコメンテーターであったジェフ・ブラトニック(ロサンゼルス五輪レスリング金メダリスト)の知人だったことから、俺の連絡先を聞いたらしく、「ニュージャパン・プロレスリングのミスター・イノキ、マサ・サイトーと会ってみないか?」と誘われて、ブラッドの家で会うことになったんだ。あのとき、ほかにはフジタさん(藤田和之)、オガワさん(小川直也)も一緒だったよ。

──ブラッド・レイガンズを仲介したレスリングつながりで、パイプができたんですね。そのとき、どんな話になったんですか?

フライ ニュージャパン・プロレスリングでプロレスラーにならないか? という話だった。しかも、単発で試合をするのではなく、ちゃんと年間契約を結んで、フルタイムのプロレスラーとしてやってほしいという話だった。

──フライさんは、その誘いに対して、すぐにOKを出したんですか?

フライ もちろんさ。さっきも言ったとおり、プロレスラーになるのは子供の頃からの夢だったし、条件も素晴らしいもので、俺がトップレスラーになるプランもしっかりと考えていてくれた。まあ、そうじゃなくても、ブラッド、イノキさん、マサさんという、3人のヒーローに誘われたら、「NO」とは言えないよ(笑)。

※インタビュー前半部分のみ引用、全編は「俺たちのプロレスVOL.3」本誌でお楽しみください。

●聞き手=堀江ガンツ


誰も歩んだことのない道を、ひたすら歩み続ける――。今なお熱く燃える闘魂。11名が証言するアントニオ猪木の新事実を収録した「俺たちのプロレス」絶賛発売中!









「俺たちのプロレスVOL.3 平成のアントニオ猪木」(双葉社スーパームック)

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.