日刊大衆TOP 芸能

武藤敬司が語るアントニオ猪木「あの人は人生自体がプロレスの作品みてえなもんだからな」

[俺たちのプロレスVOL.3 平成のアントニオ猪木]

レスラーとして現役を引退後も、その抜群の知名度とカリスマ性で、プロレスや格闘技会だけでなく、国会議員としても光を照らし続けるアントニオ猪木。
先日発売された「俺たちのプロレスvol.3(双葉社スーパームック)」では、アントニオ猪木と関係のあった11人のレスラーの証言を集め、「平成のアントニオ猪木」をテーマに、燃える闘魂のカリスマたる所以を特集した。
なぜ人々はアントニオ猪木に惹きつけられるのか。今回は、その中から一部を抜粋して紹介したい。

続いて第二回目は、引退カウントダウンのファーストマッチをグレート・ムタとしてつとめた武藤敬司。かつての新日本プロレスの格闘技路線に反発して離脱した、天才レスラーが見たアントニオ猪木とは?


「猪木さん自身が格闘技ファンなんだよ。強い者フェチなんだよ。」

PROFILE 武藤敬司(KEIJI MUTO)
1984年新日本プロレスに入門。数々のタイトルを獲得した後、いわゆる格闘技路線に背を向けるように2002年全日本プロレスに移籍。2013年には新団体WRESTLE-1を旗揚げ。現在も同王者として団体を牽引しつづけている。


──90年代に繁栄を誇った新日本のドームプロレスが崩れたのは、武藤さんの離脱と、猪木さんの格闘技路線だったのかな、とも思うんですけど。

武藤 いや、一番の原因は新興勢力の台頭だよ。新日本の命綱だったドーム大会を、PRIDEとK─1もやるようになったからさ。プラス、その新興勢力にテレビが付いたからな。その宣伝力は絶大でさ、「もうプロレスの時代ではない、新しい格闘技が世の中のファッションなんです」って言われたら、プロレスはどんどんどんどんダサくなっちまうよな。

──世の中の空気として。

武藤 うん。で、猪木さんはレスラーに格闘技をやらせようとしただろ? あれは猪木さん自身が格闘技ファンなんだよ。強い者フェチなんだよ。

──強い者フェチ(笑)。だから、自分の団体もそういうふうにしたい、と。

武藤 そうそう。で、新日本がそうならねえってなったら、今度は「PRIDEのアントニオ猪木」みたいになったからね。

──そして新日本プロレスの悪口を言って(笑)。

武藤 「新日本プロレスはウソで、PRIDEは本物」ぐらいのこと言ってたもんな。

──そりゃ、新日本もたまったもんじゃないですね(笑)。

武藤 でも、プロレスっていうのは、見た目以上にいろんな技術が必要で、誰でもできるもんじゃないんだよ。だから道場があって練習が必要で、試合だって年間に200試合以上やって、ようやく身に付くものなんだ。やっぱり俺自身、それに対して費やしてきた時間を否定するのが本当に嫌だったんだよね。ヒザを壊したりしながらでもやってきたわけで、なんのために壊したんだ。プロレスのためだろうっていうね。

──そのプロレスの練習っていうのは、80年代の猪木さんがフルタイムでいた時代と、90年代以降では内容は違いましたか?

武藤 道場はともかく、会場で試合前にやる練習が違いましたね。俺が若手の頃は、スパーリングみてえな練習がすげえ多かったです。6時半から試合なのに、6時くらいまでリングでスパーリングやってたからね。もうお客も入ってる中でさ。
──昔はお客さんに練習を見せてたんですよね。

武藤 だから試合前からお客がリングの周りに集まってきて、その練習が面白くて観てたんだよ。猪木さんがいた時代は、そういうのがもっともっと多かったよ。そういう練習をしていたからか、昔のプロレスは最初の立ち会いから3~5分間ぐらいは、レスリングだけの非常にいいプロレスだったよね。感情移入しやすいというかさ。

──派手さはないけど、リングに引き込まれていくというか。

武藤 そうそう。ましてや俺が育った頃の第1試合なんて、ほとんど技なんて使わせてもらえなかったから、要はそれだけで魅せられるプロレスをやっていたんだよ。そのへんが、今とは違う。今のレスラーは、そこを省くもんな。それはお客が盛り上がってないイコール興味がないんじゃないかと勘違いしてるんだよ。俺なんか、お客がシーンと静まり返ってるときが一番好きだけど、いまのレスラーは客が盛り上がってないとビビッて、次から次へと技出そうとしちゃうんだよ。

── 飛んでみたり、エルボーやチョップのような大きな音が出る技で間を繋いだり。武藤さんって、そういう意味では、昔ながらの試合をしますよね。

武藤 そして、猪木さんのプロレスもそれなんだよな。

──確かに、猪木さんの試合は、最初の手四つから、観客はじわじわと引き込まれていきますもんね。

武藤 そうそう。プロレスはあの立ち上がりが大事なのに、それをやらなくなったのは、長州さんからだよ。もう、せっかちだからさ。

──長州さんのせっかちが原因ですか(笑)。

武藤 長州さんが、そういう〝前戯〟嫌いなんだよね。で、90年代は長州さんが権力握ってそういう文化作ったら、天山(広吉)も小島(聡)も(佐々木)健介も、みーんな長州さんみてえになっちゃってさ。それで長州さんみてえなプロレスがはびこるようになっちゃったんだよ。

──「はびこる」って(笑)。

武藤 ロックアップ、ヘッドロック、ロープに振ってタックルって、み~んな試合の始まり方が一緒だもんな。それで「うわ~っ!」って大声出してのストンピングね。

──そう考えるとある意味、武藤さんって猪木スタイルを今も引き継いでる数少ないレスラーなんですね。

武藤 そうかもしれない。長州さんの影響をまったく受けなかったのは、俺とか蝶野ぐらいのもんだからね。俺自身、今になって、自分が猪木さんの影響を受けてるなって思うことが多いよ。

──では最後に、武藤さんが考える、猪木さんの凄いところってなんですか?
武藤 猪木さんのすげえところは、リングを降りてからも、政治活動でも何でも、ずっと〝プロレス〟をやってるところだよな。やっぱり、普通の人ができないことをやってるよ。レスラーの基本って、そこじゃん。お客は普通じゃない、異次元の世界を観にプロレス会場に来てるわけだから。とくに昔はそうだったと思う。今はレスラーがちっちゃいし、普通の人にしか見えないじゃん。その点、猪木さんは全然普通の人じゃないもんな。だから、引退してもう15年以上経ってるのに、今だにアントニオ猪木を演じきってるというかさ。プロレスラーのままでいる気がしますよね。

──ガウンとタイツを穿いてないだけで、いまも〝現役プロレスラー〟のまま、というか。

武藤 そうそう。常に何かに向かって走り続けてるし。泳ぎ続けないと死んじゃうマグロみたいにさ、常に何かに挑戦し続けてるよね。だいたい普通の人だったら、アントニオ猪木を演じるだけで、苦しくて死んじまうよ(笑)。あの人だからできるんだよ。何十億も借金抱えたこともあるし、暴漢に斬られたこともあるし。だから、ああいう人がやるプロレスっていうのは、たまらなく面白いんだよね。それがさっき言った、運動能力を超越したプロレス。技術論だけじゃなく、あの人が背負ってるものすべてがリングに反映されてるし、人生自体がプロレスの作品みてえなもんだからな。


※インタビュー一部分のみ引用、全編は「俺たちのプロレスVOL.3」本誌でお楽しみください。

●聞き手=堀江ガンツ


誰も歩んだことのない道を、ひたすら歩み続ける――。今なお熱く燃える闘魂。11名が証言するアントニオ猪木の新事実を収録した「俺たちのプロレス」絶賛発売中!









「俺たちのプロレスVOL.3 平成のアントニオ猪木」(双葉社スーパームック)

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.