日刊大衆TOP 社会

すべての男の憧れ! ヒモになりたいアナタに贈る10の方法

[ヴィーナス02月06日号]

すべての男の憧れ! ヒモになりたいアナタに贈る10の方法

安倍政権が推進する“女性活用”の効果か、巷では男を養いたがっている女が増殖中! 働き疲れた男たちよ、このブームに乗らない手はナイ!

給料も上がらないし、働くなんてバカバカしい! そんな男たちの憧れといえば……そう、"ヒモ"!
とはいえ、を男を養いたい女なんているのか!?

「女性の社会進出とともに妻の扶養下にある"主夫"の数は急増しています。1996年には4万人程度だったのが、2010年には11万人となり、現在も増加中です」(女性誌記者)

働く女性はヒモに抵抗がない人も多いというが、なんと、人気AV女優の紗倉まなチャンも、その一人! 理由を、こう語ってくれた。
「私は仕事をしたり外に出ることが好きで、家にじっとしているのが苦手。だから、母のように家にいてくれる人がいると安心するんですび。のんびりした人のそばにいると気持ちも落ち着きます。料理、洗濯、掃除といった家事全般をしてもらえるのが理想です(笑)」
こんな美女のヒモになれるなら、何でもしちゃう!?
そこで、本誌は憧れのヒモ生活の実態を徹底取材。ヒモになる極意を探った!

「複数の女性のヒモを"掛け持ち"しているホストもいましたよ」と苦笑するのは、『シャンパンタワー交渉術』を著書に持つ、新宿・歌舞伎町の有名ホストクラブ『ロマンス』の代表取締役・信長氏。
ヒモ事情に詳しい彼が、狙うべき女性について、こう語ってくれた。
「ヒモ経験のあるホストから聞いた話ですが、ヒモを求める女性は相手への依存心が強いのが特徴。だから、まずは、距離感を詰めることが必要です」(信長氏=以下同)

具体的には、こうだ。
「7時間デートするよりも1日1時間のデートを1週間、毎日繰り返すうほが、心の距離は縮まります」
これは普段、女性を落とすのにも、使えそう!
「仲が深まったら、半日いなくなったり、連絡をしなくなるなど、距離を急におくんです。すると、相手は心配になり始めます」

加えて、こんな技も。
「人気ホストがよく使う決めゼリフですが、ことあるごとに"お前は俺がいなきゃダメだな"と言うんです。女性は次第に"確かにそうかも"と思い始めます」
では、お金を出してもらうにはどうすればいいのか。
「まずはトイレットペーパーなどの安い日用品から買ってもらって、お金を出すことへの心理的なハードルを下げさせます」
その際、"今月は厳しくて"など、"今だけ"感を出すのがポイントなのだとか。
「そこから、携帯料金、家賃、車……と、どんどん金額げを上ていく。この方法で、マンション一部屋を買ってもらったホストもいましたね(笑)」

ここで肝心なのは、堂々とした態度だという。
「ヒモ経験のあるホストは共通して、"根拠のない自信"がありますね。俺ほどの男なら貢がれて当然という態度で接しています」
ここまで聞くと、それはホストだからでは、と疑念も抱いてしまうが、ごく普通の男でもヒモとして成功している例はある。

【ヒモになるための必殺技10】
1 初デートはオゴって、男らしさを見せる

2 1日中デートするより、1時間でいいから毎日会う!

3 話し方は堂々と、根拠のない自信を持つ

4 “有名になる”など壮大すぎる夢を語る

5 「お前は俺がいなきゃダメだな」で洗脳

6 まずはトイレットペーパーなどの日用品を買わせる

7 ヤバイ状況になったら泣き落としで感情に訴えかける!

8 感情表現は欧米人や芸人並みにオーバーに!

9 家事をこなして、いないと困る男になる!

10 女の愚痴やヒステリーは制止せず、ひたすらうなずく
彼女の家に下着を置いて行く

現在、妻子持ちの会社員として安定した生活を送るAさん(27)、は20歳のときにヒモ経験がある。
「キッカケはナンパですね。街頭ビジョンを何の目的もなく眺めているような子は、成功確率が高い。寂しそうな未亡人みたいな表情をしている子が狙い目です」
相手は24歳のキャバ嬢で、居候させてもらったうえ、月10万円の小遣いまでもらっていた。

「まずは夢をデカく語ることッスね。"俺格闘家として絶対成功する"って、当時よく言ってました」(前同)
つきあい始めの家デートでは、こんな工夫も。
「彼女の家に行ったら、忘れ物を多くするようにしました。歯ブラシだとイヤラしいので下着や靴下とか。彼女がそれを洗濯し始めたら、もう成功ッスね」(同)
こうして、狙った女の生活に入り込んでいくという。

「昼は家で彼女の話し相手になって、そのあとは格闘技の稽古をしにジムに行ってました。もちろん費用は彼女持ちで。夜は彼女を指名しにキャバクラに通ってましたね~(笑)」(同)
その後、キャバ嬢とは別れ、ラッパーに転身し、現在の妻と結婚した。
そんな"ヒモ偏差値"高めな彼の得意技がコチラ。
「明石家さんまバリのヒキ笑いッスね。男って無愛想な奴が多いから、感情表現が豊かだと喜ばれるんですよ。女との会話では常に、芸人並みのオーバーリアクションをしていますね」(同)

一方、沖縄でリゾートヒモ生活を楽しんでいたのはBさん(31=作家)。
経営していた会社から手を引くと収入がゼロに。そんなとき、東京と沖縄を行き来する4歳上の国内線CAとバーで出会った。
「知り合った当初はまだ貯金があったので、自分がご馳走してましたよ」(Bさん)
そんな彼に安心したのか、ほどなく交際がスタート。
「彼女は旦那と離婚した直後で、沖縄にあるマンションに一人で住んでいたんです。寂しそうだったから、"一緒に住もうか?"と言ったら即OKでした」(前同)
こうして美人CAの家に転がり込んだBさん。
「料理や洗濯などの家事は自分が全部やっていたし、彼女の職場まで、車で送迎したりもしましたよ」(同)
と、相手にとって"いないと困る"存在になった。
それは精神面でも同様で、「彼女は離婚や仕事のストレスで荒れていて、性欲も強いし、酒癖も悪い。ヒステリーや愚痴をぶつけられることも、しょっちゅうでしたが、"うんうん"と聞いて受け流していましたね。ときには、空手二段の彼女に本気で蹴りを入れられたりもしましたが……」と、それなりの苦労もあるようだ。
お湯使用でガス料金を請求

それでは、女性の側はヒモをどう捉えているのか。
現在、6歳上のヒモを持つ本誌女性記者のオメオメ子はこう語る。
「彼はDJ志望なんだけど、最近は"ユーチューバー(YouTube上での有名人)になる"って言ってますね。彼と一緒に自分も夢を見られるところがいいんです」
とはいえ、行動には移さない典型的なダメンズ。

「週末に彼が家に泊まりに来ただんけど、月曜になって私の出勤時間になっても、居座ろうとして……。"家まで帰る電車賃がない"って言うから、1000円渡して帰らせました」
これがきっかけで、会うたびに小遣い1000円を渡すようになったという。さらに、こんな事件も!
「"シャンプーしてあげるから、うちに来なよ"って誘われて、彼の家で髪を洗ってもらったら、後日"お湯の使用代"としてガス料金を請求されました」

とんだ騙し討ちだが、「お金の面以外は完璧だし、ホストと比べれば安くてお得感がある。"お金を払うことで、イケメンと対等に接してもらえる権利を買っている"と思っています」
と、オメ子はヒモを絶賛。

「しばらく会わなかったら、ものすごく痩せていて。私が金を渡さなかったら、この人死ぬだんろうなと思うと、優越感を感じますね」
世の女性に癒しを与えるヒモたち。アナタも目指してみませんか!?

【カモにしやすい女の特徴5】
1 失恋、離婚、失業などで弱っている

2 自分に金をかけていなそうな見た目

3 身近に、恋愛相談をするような女友達がいない

4 自分に自信がなく、ネガティブで、情緒不安定

5 看護師、CA、先生、風俗嬢など“人のお世話をする”仕事をしている

すべての男の憧れ! ヒモになりたいアナタに贈る10の方法

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.