日刊大衆TOP 社会

宣教師が驚くほど奔放だった、戦国時代の日本人の性観念!?

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

現代ではダダ漏れといった感すらある性に関する情報。インターネットで検索すれば、世界中の人たちがどんな夜の営みを行っているか、一瞬のうちに知る事ができる。
しかし、十五世紀後半から十六世紀後半においては、当然そうは簡単にいかなかった。とりわけ、キリスト教がを広めるため、はるばる海を渡ってやって来た宣教師たちは、この時代の日本人の性観念に非常に驚いたという。

戦国時代の性観念については、宣教師ルイス・フロイス(一五三二~一五九七)の著作『ヨーロッパ文化と日本文化』(原題『日欧文化比較』)そして『日本史』や書簡・報告書の類が興味深い事実をいくつか指摘している。

『ヨーロッパ文化と日本文化』は、フロイスが永禄六年(一五六三)に来日して以来、慶長二年(一五九七)に亡くなるまでの間、当時の日本社会をつぶさに観察し、ヨーロッパとの比較・対照を行い記録したものだ。ちょうど織田信長が活躍した時代であり、当時の生活文化を知るうえで貴重な史料である。

異国の地からやってきたフロイスにとって、日本人の性観念は驚きの連続であった。フロイスは布教の参考とするため、日本の文化を深く知る必要に迫られ、結果的に子細を書き留めたのであろう。では順に、戦国時代の性観念について、フロイスの見た事実を確認してみよう。
■処女や純潔を軽々と捨てる日本の女性たち
まず宣教師フロイスは、「日本の女性が処女の純潔を少しも重んじることなく、処女でなくても名誉を失わなければ結婚もできる」と述べている。当時の日本人が、処女性にまったくこだわっていなかったことを示す事実である。

その前段でフロイスは、「ヨーロッパでは未婚女性の最高の栄誉と貴さは、貞操でありまたその純潔が犯されない貞潔である」と記している。つまり、ヨーロッパでは女性の処女性が重要視されたので、フロイスは日本人の性の奔放さに大変驚いたという話である。

では、キリスト教文化圏における、処女の観念はいかなるものだったのであろうか。キリスト教が誕生したとき、聖パウロは世の中の性行動が不道徳であったため、独身・童貞・処女が望ましいと考えていた。女性だけではなく、男性も含めてということである。

この禁欲説を体系化したのが、古代のキリスト教学者・アウグスティヌスである。アウグスティヌスは、アダムとイブの子孫である人間は罪を負っているとし、性的な快楽は悪であると定義づけた。
したがって、性的な行為は、あくまで快感を伴わない、生殖のみを目的としたものでならないとした。ヨーロッパで性の解放が叫ばれるのは、ずっと後のことである。

以降、フロイスら宣教師たちは布教の際に風俗矯正に尽力し、日本人信徒の間に純潔を尊ぶ観念を根付かせるのに奔走したといわれている。
俗説かもしれないが、のちにキリスト教の布教が禁止された理由の一つとして、日本の女性たちが純潔を尊びだしたことが挙げられている。それほど、彼ら宣教師の布教活動に伴い、処女の純潔を守ることの重要性が説かれたのであろう。
■無断で出掛ける日本女性
続いてフロイスは、日本の娘たちが両親に断りもしないで、何日も一人で好きなところに出掛けていることに驚いたと述べている。これは、戦国時代であっても女性の一人旅が盛んだったことを示している。フロイスは遠慮がちに記述しているが、これは恐らく男性との性的な交渉を持ったことを示唆しているのであろう。

当時は暗い夜道を女性が一人で歩くということは、下手をすれば強姦される可能性を含むことでもあった。フロイスは強姦という危険性を感じて、先のとおり書いているのである。ちなみにフロイスによると、ヨーロッパでは娘や処女を家に閉じ込めることは大事なことで、厳格に行われたと記している。

また、フロイスは妻が夫に知らせず、好きなところに出掛ける自由があると記している。この記述も、「既婚者」である妻が他の男と自由に性交渉を持つことができたことを暗示していたのであろうか。現在、夫婦が出掛けるときには、必ず行き先を告げるはずである。

■コリャードの見た日本人の性観念
ところで、フロイスはいい加減なことを好き勝手に書いているわけではない。念のために、別の証言を確認しておこう。

フロイスから遅れて来日した宣教師のコリャードも、同じようなことを述べている。コリャード(一五八九~一六四一)は、元和五年(一六一九)七月に来日し、長崎で布教を行った宣教師である。この頃は、すでに近世の幕開けであるが、まだ戦国時代の習慣が残存していたと思われる。次に示すように、フロイスと同じく、彼の見た日本人の性観念は、驚きの連続であったと考えられよう。

コリャードの『懺悔録』には、『ヨーロッパ文化と日本文化』と同様に豊富な事例が記されている。『懺悔録』は、コリャードが日本人信徒の懺悔を記録した書物である。同書には、日本人信徒による赤裸々な罪の告白が、十戒の順序に従って記録されている。十戒とは「モーセの十戒」とも言われ、神がシナイ山上でモーセを通して、イスラエルの民に授けたとされる。十戒の中には、「姦淫」も含まれている。「汝姦淫するなかれ」という言葉は、キリスト教徒でなくともご存知であろう。

『懺悔録』には、女房を持ちながらも、妾を持った男の話がある。男は妾と肉体関係を持ってはならないと自覚するのであるが、ついには欲望に負け、何度も性行為を行ってしまう。現代でいうならば、SEX依存症というべき症状であろうか。この日本人信徒は、キリストの教えに背いたがために、自ら懺悔をしているのである。ただ、ほかの日本人には罪悪感がなかったかもしれない。

また『懺悔録』には、夫を持つ女との性交や強姦の類もままあったことが記されている。ある男は男色の欲求に駆られればその欲望を満たし、美しい女性に会えば、すぐに邪念が起こると書かれている。あるいは結婚詐欺のような手口で、女を女房に迎えると騙して、処女を奪った事例もあげられている。この辺りも、欲望のままに動く男の実体験が、赤裸々に綴られている。

『懺悔録』の「姦淫」の箇所では、動物的な性の衝動に駆られた男の告白が赤裸々に綴られている。まるで理性のない動物のような印象を持ってしまう。誰しもが持つ感情かもしれないが、コリャードはヨーロッパのそれと比較して、どのような感想を持ったのであろうか。おそらくヨーロッパでも性観念が異なっているとはいえ、同様な事例はあったはずである。

このように、戦国時代の性観念は実に奔放であった。しかし、時代を経るにつれ、日本人の性観念にも変化が生じ、現代に至っている。そこには、政治・社会の変化、倫理観や宗教観の変化、法律的な規制(売買春の禁止など)などが複雑に絡み合いながら、形成されたのである。

(日本史学者・渡邊大門)

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.