日刊大衆TOP トレンド

家でも外でも!! 薬に頼らない「花粉症」対策

春の兆しが訪れようとする今日この頃。花見の前にやってくるのが、いまやニッポンの風物詩ともいえる花粉症だ。もはや国民病(?)のひとつといって差し支えないだろう。

花粉症とはスギやヒノキなどの花粉により、鼻水や鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどが引き起こされるアレルギー症状のこと。花粉は風に乗り大量に流されてくるので、日本のどこにいても逃げようがない。一般的にスギ花粉は1月下旬~2月上旬から飛び始め、これからがまさにピークとなる。

気になる人は、症状が出る前から薬による初期治療を始めたり、市販の乳酸菌飲料などで体質改善を試みるが、いまからでは時すでに遅し……の感もあるだろう。

とはいえ、あきらめてはいけない。これからでも十分に対策を講じることはできるのだ。

たとえば、そのひとつが「身の回りの環境」の改善だ。
花粉症を患うと「クスリに頼るしかないか……」と思いがちだが、ちょっとした工夫で花粉の脅威を軽減することは可能なのだ。さっそく、具体的な手段をお教えしよう。


ケース1)自宅など室内にいる時

基本的なことだが、こまめに室内を掃除すること。
花粉の粒子は細かく、ドアや窓の開閉で必ず屋内に侵入してくる。ホウキではくよりは、吸着効果の高いモップ、ウェットタイプのシートを使いたい。床はもちろん、ソファ、カーテンにも花粉は付着しているので、きっちりと掃除をしておこう。

花粉の除去という点では、空気清浄機は頼もしい味方。花粉症に悩む方はぜひとも使いたい。

なお、早朝・夜間は花粉の飛散量が少なくなるので、室内の換気はこの時間帯に行うこと。
洗濯物は室内干しがお勧めだ。外に干すと、どうしても花粉が付着してしまう。「天日じゃないとイヤ」という人は、しっかりと払い落してから取り込むように。布団は取りこんだ後にも掃除機をかけておくと、二重の対策になる。
ケース2)外出する時

外出時は花粉との接触タイム。とはいえ、次のような点を注意するだけで、ある程度の効果が期待できる。

花粉は頭髪のなかに侵入すると、なかなか取りはらえない。室内に持ち込まないためにも、外に出る時は帽子をかぶり、頭髪は中に隠すことだ。

ゴーグルやメガネは、花粉が目に入るのを防いでくれる。最近は対策用で密閉型のゴーグルも市販されている。普段はコンタクトという人もいるが、レンズと結膜の間で花粉がこすれ、炎症の原因になることもあるので、この時期はできるだけメガネを着用したほうがいいだろう。

マスクは花粉症対策のマストアイテム。様々な種類のマスクが市販されていて、専用を謳ったモノも多い。なお、スギ花粉は水に吸着されやすいので、湿ったガーゼをマスクに挟んでおくと、さらに効果は増す。乾燥対策にもピッタリだ。

服装にも気をつけたい。ウール製品は花粉が吸着しやすいので、できれば避けること。着用する場合は一番外側にはしないことだ。お勧めなのは、ポリエステルや化学繊維など表面が滑らかで繊維の詰まった素材のモノ。花粉が付着しても簡単に振り払うこともできる。花粉が付きにくく落ちやすい素材を用いたコートも人気だ。

ケース3)帰宅した時

自宅やオフィスに戻った時、まずは衣類に付着した花粉を払い落とそう。
室内に持ち込まないためにも、自宅であればドアを開ける前にやっておきたい。付近にブラシなどを用意しておくと便利だ。そして、室内に戻れば、次にするのは、手洗いや洗顔、うがい。皮膚や粘膜についた花粉を水で洗い流そう。


以上が、花粉症対策に効果がある、身の回りのケアだ。
自分には症状がない、あるいは軽くても、勤務先なら同僚、自宅でも家族の誰かが重篤ということもある。この時期のエチケットとしてやっておきたいものだ。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.