日刊大衆TOP トレンド

○○を食べたら効く!? 食事でお手軽「花粉症」対策

いよいよ、本格的に到来した花粉症のシーズン。まさに文字通り泣かされる人にとっては、もっとも憂鬱な毎日だ。家族の花粉症が多いなら、「そろそろ自分も……」と不安な人も多いだろう。

最近は様々な花粉症対策があり、市販の健康食品もそのひとつ。「あのお茶がいい」「この乳酸菌飲料が効いた!」といった情報を頼みに、ワラにもすがる思いで始める人は後を絶たない。

とはいえ、効果には個人差があり、なかには医学的なエビデンスが立証されてなく、民間療法レベルのものも。体質改善による根治や軽減は大事だが、その点はしっかりと見極めることが重要だ。

では、花粉症に効果が期待できる「生活改善」はないのかというと、決してそうではない。体調が悪く免疫力が低下していると症状は悪くなるし、ある程度注意を払うことで軽減効果はあるようだ(もちろん個人差はあるのでご注意を)。

そこで今回は、食事とライフスタイルの面から、いまからできる花粉症対策について触れておきたい。
★食生活

もっとも大事なのは、栄養のバランスを整えること。肉類や高タンパク・高カロリーの食品より、魚や野菜中心の食生活を心がけよう。

タンパク質は免疫機能を高めるのに必須の栄養素だが、とりすぎると免疫機能が過剰に反応して症状が重くなることもある。そもそも、栄養の偏った食事は腸内環境を悪化、体内の免疫力を下げ、花粉症の症状を重くさせてしまうのだ。

また、唐辛子など辛味の強い香辛料は、それ自体が花粉症の原因とはならないが、粘膜の毛細血管を刺激して、鼻水づまりを悪化させることも。過剰な摂取は避けたほうが賢明。アルコールも同様の効果があるので、ほどほどにしておくことだ。

なお、一般的に花粉症に効くといわれている食材は次の通り。

・シソ、青魚(アジ、サバ、イワシなど)、レンコン、トマト、タマネギ、ニンニク、キノコ類、ヨーグルトなど

レンコンに含まれるビタミンCやムチンには、粘膜を健康な状態に保つ効果があり、花粉をブロック。抗酸化作用のあるポリフェノールもふんだんに含まれる。

トマトの果皮部分に含まれるナリゲニンカルコンには、抗酸化作用や炎症の鎮静効果があるとされ、これも花粉症の症状に効果が期待できる。

青魚に多く含まれるEPAやDHAといった不飽和脂肪酸には、アレルギー症状を抑える働きが。キノコ類には免疫力を高める効果があり、ニンニクに含まれるNK細胞は、アレルギー性の過剰な免疫反応を抑え、花粉症の原因となるIgE抗体の産出を抑制してくれるそうだ。

腸内環境を整えるヨーグルトは、対花粉症でメジャーな食品。乳酸菌は善玉菌を増殖させて腸内環境を整え、腸の粘膜を健康な状態に保ってくれる。

抗酸化作用などが期待できる、ハーブも花粉症対策では鉄板。
飲み物だと、緑茶や甜茶、凍頂ウーロン茶、女性に人気のルイボスティーやハーブティーあたり。じつは、砂糖類は過剰に摂取すると腸内環境を悪化させる原因になるので、コーヒーや紅茶より、こういった飲み物のほうがお勧めなのだ。

なお、ビタミンやミネラルでいうと、ビタミンAやビタミンC、ビタミンEは抗酸化作用のある栄養素。ミネラルの亜鉛は不足すると免疫機能が低下する。なんなら、サプリメントを利用してもよいかもしれない。
★ライフスタイル

食生活に加え、普段の生活を変えることでも花粉に強いカラダを作ることができる。
まず、運動するクセをつけること。カラダを動かすことで鼻の粘膜の血行が良くなり、鼻づまりが軽減。代謝を促すことで免疫力も高くなる。ただし、当然ながら花粉シーズン中は屋外での運動は避けること。

睡眠も花粉症に関係する。
眠りが浅く疲労が蓄積すると免疫力は低下、自律神経も過敏になるので、アレルギー反応を起こしやすくなる。その日の疲れはその日のうちに取ってしまいたい。

ストレスも自律神経を刺激させ、症状を悪化させることがある。鼻の粘膜を乾燥させ、花粉が侵入しやすくなることもあるようだ。ストレス解消法は人それぞれだが、ためないような生活を心がけよう。

皮膚を鍛えておくのもお勧め。少しの刺激で過剰に反応しないように、入浴前後に乾布摩擦や冷水摩擦を試してみてはいかがだろうか。
最後に、言うまでもないが、喫煙は鼻の粘膜を刺激するので注意してほしい。


以上のことからもわかる通り、普段の生活を変えることでも、十分に花粉症対策となる。習慣化して、花粉に負けないカラダを作ってみてはいかがだろうか。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.