日刊大衆TOP 娯楽

パチスロ「高設定」台を近づけるホールでの行動とは?

パチスロ勝利の隠し味 松本バッチ
第22回 「人が集うには理由あり」



皆さん、旅はお好きですか。
日常を抜け出して、いつもと違う空間へ飛び込む。そんな旅はお好きですか。

思い出の土地へ旅するのも、それはそれで良いものですが、見知らぬ土地に足を踏み入れるのも、また違ったワクワクがあっていいものです。そんなこんなでいつもの様に、パチスロの話へと移ります。

初めて訪れるお店ってのは、放浪旅に似たワクワク感があるわけで、不思議と心踊るものです。どんな機種があるかなー。高設定は入っているかなー。知らない部分を妄想が埋め尽くし、見知った店では味わえないドキドキがある。

ところがどっこい、その妄想に促されるまま縦横無尽にサンドに金を突っ込めば、店から出てくる時には命カラガラとなりかねない。なぜならホールは戦場だから。シノギを削る戦場だからであります。

番組収録や誌面実戦など、初見のホールで戦うことが少なくない僕が、今回はそのための準備をお伝えいたしましょう。その勝率をほんの少しでもあげるために!


今回はとりあえず朝、開店からホールに行った場合と仮定いたしましょう。
抽選の方式や時間をお店のホームページなどで調べていくのは当たり前。他の猛者たちと同じように入場する権利を獲得し、いざ開店となってからが勝負なわけです。

まずは、人を見ましょう。
可愛い店員さんはいるかな? 否ぁ! そっちじゃねぇ! 観察すべきは可愛い店員さんのスカート丈ではなく、常連のお客さんの動き。

これは本当によくいわれることですが、朝イチから知らない店を攻めた場合、常連さん達の動きがヒントになることが非常に多いわけです。彼らは通い慣れて店のクセを掴んでいる可能性がございます。

そんなこといわれても常連さんかどうか見た目でわかんの? なに? 聞くの? 全員に「常連さんですかー」って尋ねて回んの? 否ぁ! そうじゃねぇ! 「動き」で判断すべし。迷いのない動きでさっそうと目的地へ向かう人。それがほぼほぼ常連さんと思ってOKでございます。

まず、その「常連の動き」をする面々が、こぞって特定の機種に向かった場合。これが最も敏感に感じ取らなきゃならないパターン。

もし開店直後にそんな流れが生まれた場合、「特定機種には毎日高設定を投入するという傾向がある」だったり「ブログやツイッターなどで店がこっそりヒントを出している」だったり、もう決定打となりかねない情報がそこある可能性が大なわけです! 

「どーれーにしーよーおーかーなー」と鼻歌まじりで入店しているその横で、あきらかな競争が繰り広げられていた場合、とりあえずそれに参加するが吉。よくわかんねぇけど祭だ祭と、一緒に神輿を担ぐが吉でございます。

ただし、その機種が導入されたての人気新機種だった場合は、やや注意が必要です。ほっといてもそうなる可能性がグンっとアップいたしますから。逆に「えっ、なんでその機種?」ってな感じであればあるほどに怪しい。

では逆に、「常連の動き」をする手練れの面々が、蜘蛛の子を散らしたようにバラバラな動きをした場合はどうするか?
その面々が座った台のデータカウンターを見てみましょう。「前日に出ている台」に座っているのか、「前日まで全く出ていない台」に座っているのか。そこに共通点を見いだせたら、また乗っかるが吉。他機種で同じ傾向の台を攻めてみるのが吉です。

共通点が生まれるということは、据え置き狙いが有効、上げ狙いが有効、そんな店のクセがそこに現れている可能性があるわけです。いやいやワイもそのクセ知っとるでと、手練れのフリして台を選びましょう。

そして最後に「開店後、誰もパチスロコーナー来ませんでしたけど」のパターン。「常連の動きをする人っていうか、動いてるの僕だけですけど」のパターン。
危ないです。非常~に危ないです。歩いているだけでダメージを食らう、RPGの毒沼に足を踏み入れている可能性すらあります。

しかし、せっかく来たんでね、情報だけでも見て回りましょう。昨日までのデータカウンターをポチポチやってみるわけです。

事実、朝は閑古鳥でも、昼過ぎや仕事終わりの夕方からガッツリ稼働が上がり、高設定もそれなりに入っているお店も存在するわけで、そっちのパターンであれば毒沼どころかボーナスステージです。宝箱取りたい放題の酒池肉林です。

そしてその気配を感じた場合は、「全体的にもっとも稼働が高くボーナス回数もついている機種」から探し始めるのが吉。履歴を複数日さかのぼれる機種であれば、「出でない→出てる→出てる」や「出てる→出てない→出てる」など、据え置きや上げ狙いの傾向も予想しつつ台を選べばなおよし。

……と、常連さんの存在を意識した3パターンほどにわけ、朝のポイントを語らせていただきましたが、共通するのは「高設定の在り処」です。

パチスロに設定を入れる設定師の方に、番組などで話を聞いたことがありますが、皆さん口を揃えて「入れるからには打って欲しい」とおっしゃるわけです。アピールがしたいんです。入れてるぞーって。うちには高設定あるぞーって。

つまり、人気があり稼働が高い機種、人が集まる機種に入りやすくなるわけで、そしてそれをなるべく察して欲しいからこそ、ブログなどのヒントも生まれてくるのです。

初めて行ったその時に、集められるヒントはたかが知れておりますが、なるべく滲み出てくるものを感じ取っていく。そうすると「初見の店で大勝利!」の可能性もグンっとアップすることでしょう。

今回はいくぶん勝利に貪欲にお届けいたしましたが、次回も続編を、と思っております。次回は、朝からではなく昼以降に入店した初見の店について。臨機応変こそがパチスロ打ちの極意だ! 僕に出来ているかどうかは別として!

松本バッチ、レギュラー出演中!!
パチンコ・パチスロ実戦バラエティー『山口レバーオン!!』


いまや全国区の人気を誇るパチスロ番組の新レギュラーに抜擢!
yab山口朝日放送で毎週火曜日深夜25:45より放送中!





■松本バッチ プロフィール

1982年福島県生まれ。「勝つために打つのではなく、より楽しく打つために勝つ」をモットーに、パチスロ攻略マガジンをはじめ、各種パチンコ・パチスロメディアで活躍中。

パチスロ「高設定」台を近づけるホールでの行動とは?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.