日刊大衆TOP 芸能

どうなる!? リオ五輪2016年&東京五輪2020年大予想!!

[美女アスリート]

2013年9月7日、ブエノスアイレスの地で2020年五輪開催地が東京に決定。その瞬間から、来年開催されるリオ五輪が特別な五輪になった。5年後の東京への弾みをつけるためにも、リオ五輪では前回・ロンドン五輪の7個を超える金メダル獲得が必須の条件となったのだ!

あと600日たらずでリオデジャネイロ五輪が開幕する。サッカーW杯に続いて南米で行われる世界的ビッグイベント。日本にとっては、東京五輪の前哨戦である。

舞台となるブラジルは1万8000㎞離れた遠い国だが、この国には独特のゆったりした時間が流れているようだ。計画を立てても、そのとおりに進むことは、めったにない。
サッカーW杯の際は、開会式の日になっても未完成の工事がいくつもあった。今回の五輪準備でも、会場建設やインフラ整備に大幅な遅れが出ており、関係者をヤキモキさせている。

しかし、日本側の準備に遅れはない。選手たちは来年8月にピタリと照準を合わせ、着実に力をつけている。
日本オリンピック委員会(JOC)も自信満々に、「リオ五輪では14個の金メダル獲得を目指す」と宣言した。前回・ロンドン五輪の倍の数だ。この数字、決して希望的観測などではない。いまの日本には、世界のトップに立てるだけの実力を持った選手が揃っているのだ。

さらに、5年後の金メダルに燃えているのが、成長著しい10代のアスリートたち。東京五輪での金メダル量産計画は、すでに着々と進行中なのである。

リオ五輪・金メダル14個を大予測!!

まずは、来年8月に開催されるリオ五輪。本誌も金メダルの数は、JOCが目標に掲げる14個と予測。来年の夏、日本はゴールドラッシュに沸くことだろう。その内訳や、いかに!?

女子レスリング 金×4

五輪競技から除外の危機に瀕したレスリング界は、存続を強く訴え、様々な改革を断行した。その一つが階級の変更。女子の階級を4から6に増やし、男子の階級を7から6に減らした。男女平等を目指すIOCの意向に沿った措置だろう。
これを大歓迎し、「ロンドンの3階級を超える4階級制覇が狙える」と考えているのが、日本の女子レスリング界である。
「国際大会でメダルを獲るより代表になるほうが難しいと言われるほど、層が厚い日本女子。階級増で選手のモチベーションも上がり、みんなヤル気になっています」(レスリング関係者)

金メダル候補の筆頭は、日本の誇る2人の"絶対女王"。53㎏級の吉田沙保里(32)と、58㎏級の伊調馨(30)だ。
吉田は五輪、世界選手権を合わせた世界大会で15回連続優勝。個人戦は192連勝の記録を更新中。伊調もアテネ、北京、ロンドンと五輪を3連覇中で、ケガで試合を欠場した1度の不戦敗を除くと、ほぼ12年間、無敗を続けている。
「まさに敵なし。世界を見渡しても、2人を倒せる選手は見当たりません。ケガなどのアクシデントがない限り、五輪4連覇は間違いないでしょう」(前同)

その2人に追いつき追い越せとばかり、若い力も台頭している。48㎏級の世界チャンピオン・登坂(とうさか)絵莉(21)だ。
「昨年の12月の日本選手権に出た登坂は満身創痍。5月に左足親指の付け根を痛め、だましだまし試合を続けたことで右足の甲とスネ、左ひじ、腰にも痛みが出て、満足な練習もできなかった。それでも優勝するんですから、実力と根性は、このクラスでは世界最強です」(同)

また69㎏級の土性(どしょう)沙羅(20)には、日本レスリングの歴史を変える期待がかかる。
軽・中量級では強い日本女子も、重量級では苦戦続き。だが彼女なら、外国勢の厚い壁をブチ破れるかもしれないのだ。
土性は昨年3月のW杯国別対抗戦でロンドンの72㎏級金メダリストを破り、世界レベルの実力を証明した。五輪ではさらに進化した姿が見られそうだ。
男子体操 金×3

昨年10月、中国で行われた体操の世界選手権男子団体決勝で、日本チームはスコアボードを見て呆然とした。
中国の最終演技者が予想以上の高得点をマーク。わずか0.1点、日本を上回ったからだ。
この瞬間、日本がほぼ手中にしていた金メダル、世界選手権では36年ぶりの団体金メダルが夢と消えた。
「モヤモヤした気分の残る結果でした。内村がポツリとこぼしたように"場所の差"なんでしょう。開催地が中国以外の国なら、結果は違っていたかも。採点競技の怖さを改めて思い知らされました」(スポーツ紙記者)
だが日本は、この大会で大きな収穫を得ていたのだ。

ロンドン五輪では銀メダルを獲得した団体。だが、金メダルの中国には4点以上の大差をつけられる完敗だった。しかし今回は最後までリードを守り、日本が主導権を握っていた。
復活した"体操ニッポン"のリーダーは、もちろん内村航平(26)。世界選手権の個人総合で4連覇を達成した最強のオールラウンダーだ。彼以前に連続優勝した選手は、みな2大会まで。この事実だけを見ても、内村がいかに強いか、よくわかる。
そして、いまの日本には、彼に負けず劣らずの実力を持つ逸材が揃っている。

内村が「ひねりすぎて気持ち悪い」と言うほどの鋭い技を持つ床の白井健三(18)。あん馬の達人・亀山耕平(26)。鉄棒の田中佑典(25)、オールラウンダーの加藤凌平(21)。団体はもちろん、種目別でも金が狙える世界トップレベルの選手たちだ。
リオで笑うのは日本。呆然として言葉を失うのは中国チームのほうと見た!
競泳 金×3

ロンドン五輪で11個、昨年のパンパシフィック選手権でも19個のメダルを獲得。日本競泳陣の実力は、間違いなく世界のトップレベルにある。ベテランと若い選手との連携も緊密で、世代交代もスムースだ。

その日本チームの核となる選手が萩野公介(20)だろう。
「ロンドンの400m個人メドレーで3位に入って急成長。仁川アジア大会では2人の五輪王者を破るなど、7種目に出場して4つの金メダルを獲得しました。いまや押しも押されもせぬ日本競泳界のエースです。彼が活躍することで、日本チーム全体の勢いが加速します」(日本水泳連盟関係者)

萩野は「どの種目でも勝てるのが強い選手」と考えており、理想はマイケル・フェルプス。五輪3大会で18個もの金メダルを取った怪物だ。そのフェルプスを目標に、リオでの複数の金メダル奪取を狙っている。

もう一人の注目選手は山口観弘(あきひろ)(20)。200m平泳ぎの世界記録保持者だ。高校生のときに岐阜国体で世界新記録を叩き出し、周囲をアッと言わせた。
「驚きました。日本代表経験のない高校生が、いきなり世界新ですから。最近は、ちょっとスランプ気味ですが、潜在能力はピカイチ。世界記録はまぐれでは出せませんからね。本来の力を出せば、大舞台で自己記録を更新しての優勝もあると思います」(前同)

女子では、平泳ぎの渡部香生子(わたなべかなこ)(18)。ここ1~2年で頭角を現した若手のホープだ。
昨年のパンパシフィック選手権100mでは、世界記録保持者相手に0秒04差の2着。200mでは優勝。アジア大会でも金メダルを獲得している。リオ五輪開催時には、完成の域に達しているはずだ。ほかにも瀬戸大也(20)、小関也朱篤(こぜきやすひろ)(22)、鈴木聡美(23)など、メダル候補は多数。日本の競泳陣にスキはない。
柔道 金×3

国際舞台で苦戦を強いられている柔道。ロンドン五輪では、男子は史上初の金メダルゼロ、女子も1個だけ。なぜ、こんなことになってしまったのか。
「柔道が日本の"お家芸"ではなくなったからだと思います。柔道が五輪種目になった1964年当時、国際柔道連盟に加盟していた国は20カ国ほど。それが、いまは200カ国に増え、国際化しました。その一方で日本の競技人口は減り続け、20万人程度。フランスの3分の1です。いまや柔道の中心は日本ではなく、ヨーロッパなんですよ」(前出・スポーツ紙記者)

現在の国際柔道連盟に日本人理事は一人もいない。ルール変更などにも、日本は一切、口出しできない状態だ。
「戦い方も変わりました。相手と組み合い、投げて一本を取る日本柔道は廃れ、ポイントを取って逃げ切るヨーロッパスタイルのJUDOが主流になりました。日本はそうした変化に対応できなかった。日本柔道のガラパゴス化とも言えます」(前同)

なんとも気の滅入る話だが、希望はある。旧弊に捉われず、新しい日本柔道を作ろうとする若い力が急速に台頭してきているのだ。

その筆頭が66㎏級の阿部一二三(ひふみ)(17)。まだ高校2年の"坊や"だが、強さは本物。昨年のグランドスラム東京では、世界選手権3連覇中の海老沼匡や外国人の強豪選手を次々に撃破して優勝。「リオでも優勝を狙う」と宣言した。

女子では、48㎏級の近藤亜美(19)。一昨年の同大会で世界選手権覇者やロンドン五輪金メダリストを相手に、オール一本勝ちで優勝。昨年も圧倒的な強さで連覇を果たしている。
そしてベテラン、女子57㎏級の松本薫(27)もいる。ロンドン五輪で柔道で唯一の金メダルを日本にもたらし、「野獣」のニックネームがつけられた選手だ。
日本柔道の未来も決して暗くはないのだ。
バドミントン 金×1

バドミントンの強豪国といえば中国、韓国、インドネシア、マレーシア、デンマーク。日本は、これらの国から少し離された2番手グループに位置する。
五輪での金メダルはゼロ。ロンドンの女子ダブルスで藤井瑞希・垣岩令佳ペアが獲得した銀メダルが1個あるだけだが、これも上位チームが無気力試合で失格になったことによる"タナボタ"メダルだった。

しかしリオでは、実力による金メダル奪取ができるかもしれない。そう思わせる才能を持った選手が現れたのだ。

山口茜(17)。日本のバドミントンを世界の高みへと導くスーパー女子高生である。
「山口の素質は小学校の頃から認められていましたが、それはあくまでもジュニアレベル。東京五輪での活躍を願っていました。ところが、高校生になって大化け。シニアの大会でも大活躍し、世界ランク2位の選手にも勝つなど、一気にリオの星として注目されるようになったんです」(日本バドミントン協会関係者)

山口の武器は抜群のフットワークと守備力に、男子のようなパワフルなショット。なにより、大舞台でも緊張しない強心臓。リオ、東京と、2大会連続の金メダルも狙える逸材である。
その他 金×α

リオ五輪で日本選手の活躍が期待できる競技種目は、ほかにもある。たとえばテニス。日本テニス協会は、リオでは金メダルの獲得が目標と公言している。
念頭にあるのは、強化選手の一人に指名した錦織圭(25)の存在だろう。世界ランキング5位のトッププレーヤーなら、その可能性は十分にある。
「実は、日本が五輪で初めてメダルを獲った競技がテニスなんです。1920年、アントワープ大会での男子シングルスとダブルスで銀メダルを獲っています。でも、その後はメダルとは無縁。錦織がメダリストになれば、ほぼ1世紀ぶりの快挙になります」(テニス誌編集者)

1世紀ぶりといえば、112年ぶりに五輪競技に復活するゴルフも楽しみだ。
出場選手は、世界ランキングの上位者を中心に男女60名ずつ。予選落ちのない72ホールのストロークプレーで争い、メダリストを決定する。
最終的な出場者は来年7月に確定するが、現時点で有力な日本選手は松山英樹、小田孔明、横峯さくら、森田理香子あたり。
「トッププロが集結する豪華絢爛な試合になりそう。通常の賞金トーナメントとも違う、熱い戦いになるでしょうね。松山はいまからヤル気満々。優勝を狙っています」(ゴルフ誌記者)

陸上の注目は桐生祥秀(よしひで)(19)。17歳で100m10秒01を記録した日本屈指のスプリンターだ。
「あのウサイン・ボルトでさえ、17歳のときは10秒09しか出なかった。大人の体になった桐生が、リオで10秒の壁を破り、表彰台に上がる可能性は高いと思います」(日本陸上連盟関係者)

さて、日本人初の9秒台は出るのだろうか。5年後の2020年夏、東京で2度目のオリンピックが開催される。そこで躍動するのは、現在はまだ10代の若いアスリートたちだ。やがて五輪の主役になるだろう"金の卵"を、競技種目別に挙げてみる。

女子ゴルフで日本のエースになりそうなのは勝みなみ(16)。
昨年、高校に入学したばかりの15歳で「KKT杯バンテリンレディスオープン」に出場。並みいるプロを抑えて優勝し、ゴルフファンの度肝を抜いた。
東京五輪のときは22歳になり、日本を代表するゴルファーに成長しているはずだ。本人も
「オリンピックで金メダルを獲りたい」
と意欲的である。

女子競泳で注目を集めているのは、平泳ぎの今井月(るな)(14)。中学1年で出場した日本選手権200m決勝で、鈴木聡美ら日本のトップスイマーと競い合い、3位に入賞。ポテンシャルの高さを見せつけた。
「今井の特徴は足がデカいこと。身長はそれほどでもありませんが、足のサイズは26・5㎝。これが、まるで足ヒレをつけているような推進力を生んでいます」(水連関係者)
フェンシングには、北京とロンドンでメダルを獲得した太田雄貴以上の才能を持つと言われる松山恭助(17)がいる。現在の評価は「同年代の中では実力世界一」だが、5年後には、その前置きが取れ、正真正銘の実力世界一になれる素材である。

不振が続く柔道重量級の星は斎藤立(たつる)(12)。ロサンゼルスとソウル五輪を連覇した斎藤仁の息子だ。小学6年の時点で174㎝、116㎏と、大人顔負けの体格。同世代では敵なしの強さを誇っている。
斎藤の夢は「お父さんより強くなって、お父さんを秒殺したいこと」と、「東京五輪で優勝すること」だと言う。

ジュニアボクシングで圧倒的な強さを見せているのは松本圭祐(15)。「U-15ボクシング全国大会」では大会5連覇を達成し、5年連続MVPを獲得している。東京五輪の最有力メダル候補の一人だ。
「父親は元東洋太平洋フェザー級王者の松本好二。通っているジムでは、世界チャンピオンの井上尚弥や八重樫東に可愛がられ、指導も受けています。八重樫は"金メダル間違いなし。村田諒太を超える逸材"と評価しています」(スポーツ紙記者)

ここで取り上げたのは、メダリスト予備軍のほんの一部。ほかにも有望選手はゴマンといる。東京五輪では、大量のニューヒーロー、ニューヒロインが続々と出そうである。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.