日刊大衆TOP 社会

崖っぷち安倍晋三首相の切り札は「橋下徹と電撃合体」

[週刊大衆03月23日号]

「ニッポンを取り戻す」ための妥協案に見せかけた、起死回生の(秘)仰天プラン。転んでタダで起き上る総理ではない!!

黒い献金――またの名を"血税還流疑惑"が安倍内閣を直撃している。
「2月23日、地元の栃木の木材加工会社から300万円にのぼる違法献金を受けていた事実が露見し、西川公也農水相が辞任。これを皮切りに、その4日後には望月義夫環境相と上川陽子法相にも、同様の違法献金疑惑が報じられています。永田町の誰もに、第一次安倍内閣時の"閣僚辞任ドミノからの政権放り投げ"の二の舞か、との思いが脳裏をよぎったはずです」(全国紙政治部デスク)

国から補助金を受ける企業は、その決定から1年間は政治活動への寄付を禁ず――"血税還流"禁止という、この当然の規定が政治資金規正法にあるが、全然守られていないのか。望月氏、上川氏とも「法に抵触しない」と強弁し、今のところ、ギリギリで踏みとどまっている。しかし、
「続いて、下村博文文科相に"黒い疑惑"が飛び出しました」
とは、全国紙社会部記者。

後援会"博友会"の不透明な金の疑惑に加え、〈山口組弘道会の資金源だった風俗業者と昵懇の間柄で(中略)風俗業者に6億円を融資して〉いた男から献金を受けていたと『週刊文春』(2月26日発売号)が報じたのだ。
「当初は献金の援受を全面否定した下村氏でしたが、一転して謝罪し、答弁を訂正。献金はすでに返金したと説明しています」(同記者)

さらに、故中川昭一氏の"未亡人"中川郁子農水政務官には、妻子ある同僚議員との「路チュー不倫」も報じられ、満身創痍の安倍政権。
加えて、総理本人への献金問題まで浮上する始末。
「安倍首相が代表を務める自民党山口県第4選挙区支部が、"オリオンビール"など5社から、補助金交付決定後1年以内に、計220万円の献金を受領しています。首相は数々の大臣と同様、"知らなかった"を連発。逃げ切りに必死ですが、明白な世話料の授受と見えますね」(同)

安倍内閣"総汚染"の現状である。一歩対応を誤れば、政権瓦解の危機。つい先日まで1強多弱を謳歌していた首相が、"哀れ、落ち目の三度笠"状態だという。
「悲願の憲法改正も、連携を組む公明党が二の足を踏んでて、ニッチもサッチもいきません」(前出・デスク)

まさに崖っぷち。しかし、静かに「死」を受け入れる御仁ではない。"起死回生の一手"として、橋下徹大阪市長(維新の党最高顧問)との電撃合体を計画。水面下で進行中というのだ。
在阪の政治記者が言う。
「先の1月14日、関西テレビのニュース番組に出演した安倍首相は、橋下氏が政治家人生最大の目標とする"大阪都構想"に力強いエールを送っています」

公共の電波を利用してのメッセージで、いわく、「二重行政をなくし、住民自治を拡大していく意義はある」と、5月に住民投票を控える"橋下都構想"を高く評価したのである。在阪の記者が続ける。
「自民党大阪府連が都構想に反対する中、このようなトップの発言は、翻意を強制する力を生むもの。事実上の"全面バックアップ"を宣言したわけです」

日本の最高権力者の援軍だ。これに橋下市長は、
「一国の総理が"意義ある"と断言してくれた。非常に重い言葉だ」
「ありがたい。ボクは嬉しくてしょうがない」
と小躍り。続けて、首相が目指す憲法改正について、
「絶対に必要。何かできることがあれば何でもする」
と、橋下市長もまた全面協力の姿勢で応えたのだ。

ベテラン政治記者が言う。
「自公与党は、現在326議席。衆院の3分の2を超え、表面上は、安倍首相悲願の憲法改正の条件は整っています。ただ、首相がここで一気に突っ走れないのは、いざという時、平和を党是とし、"憲法96条の先行改正""国防軍の明記"に異を唱える公明党の35議席が、どう転ぶか見えないからです」

それが、橋下市長が実質的に率いる「維新の党」の衆院41議席が友軍となるなら、話は大きく違ってくる。
「公明党が土壇場で態度を翻しても、それを補ってあまりある勢力です」(同)
2人の"電撃合体"は互いにメリットばかり。

政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が言う。
「安倍首相が橋下氏の都構想にエールを送り、橋下氏は憲法改正への協力を約束。いわば、"バーター"が成立した形となりました」
ガッチリ握手を交わした安倍首相と橋下大阪市長。その"因縁"は深い。
「安倍氏と橋下氏の接点は、互いの懐刀である菅義偉官房長官と松井一郎大阪府知事(大阪維新の会幹事長=当時)が用意周到に接触してきたことで生まれました。両者の初の接触のきっかけは、"橋下・維新の会"が飛ぶ鳥落とす勢いだった2012年2月。大阪市主催の教育シンポジウムに安倍氏が出席し、同席した松井氏と意気投合したといいます」(前出のデスク)

同シンポジウム終了後、居酒屋で"教育談義"で大盛り上がり。加えて、この大阪訪問時、安倍氏は「国民は、橋下徹大阪市長なら閉塞感を突破してくれるんではないか(と思っている)」とベタボメしている。

政治評論家の浅川博忠氏が言う。
「当時、安倍氏は第一次安倍内閣を放り出して失意のドン底にあり、党内でも不遇をかこっていました。そこで、昇り竜の勢いにあった橋下維新と連携。自民党の安倍シンパと橋下維新が合流し、"保保連立"を成し遂げて政界再浮上をと目論んでいたんです」

たくらむ安倍氏に対し、橋下氏は自民党総裁選直前の8月、大阪維新の会への合流を呼び掛けた。
「維新は日本を変えるパワー」

「慌てたのが、自民党幹部の面々。安倍氏が離党すれば、呼応して50人近くの自民党議員の離党は必至。当時、野党だった自民党は党壊滅の危機と恐れたんです」(前出の浅川氏)

急遽、自民党幹部たちが鳩首協議。安倍氏を9月の総裁選候補へと押し上げ、離党阻止に動いた。総裁となれば、離党はしないとジャッジしたのだ。
「その後、"瓢箪(ひょうたん)から駒"で安倍氏は総裁となりました。同年暮れ、総選挙で自民党は大勝し、現在の1強多弱の安倍体制へとつながっていきます」(同)

橋下氏の「新党合流要請」が、結果的に"強すぎた"安倍政権誕生の大きな布石となったのだ。
「安倍首相も、その恩は重々承知し、橋下氏を高く評価しています。首相就任の十数日後には、自ら大阪に出向き、橋下、松井両氏に会って、感謝の意を伝えているほどですから」(前出の在阪記者)

その1か月半後の13年2月、初訪米直後、安倍首相自ら電話を取って、オバマ大統領との会談内容を橋下氏に伝えるという異例の対応まで見せている。
かねてから総理は、
「(橋下)維新は日本を変えるパワーを持っている」
「教育問題でも憲法改正でも、彼らの力を生かしていく道を考えていきたい」
と言い、さらには、
「橋下氏は同志」
とまで公言。
寵愛を実感した橋下氏は、その余勢を駆るのも至極、当然だろう。

政界を"大爆走"し、今、ようやく悲願の大阪都構想実現に向け、本格的に動き出した。
維新の党の関係者が言う。
「大阪都構想の第一歩である住民投票は、5月17日。ここにきて、それまで都構想に反対だった大阪公明党が、(橋下氏の意向を受けた)安倍=菅官邸ラインの強力なプッシュで翻意し、住民投票で都構想が信任される可能性は限りなく高まっています」

住民投票で信任の結果となれば、2年後の17年4月、大阪府は正式に大阪都になる。橋下氏の宿願が、大きく羽ばたくのだ。
恐るべき安倍首相の手練手管

在阪の記者が言う。
「大阪都構想が実現すれば、必然的に大阪市長職は廃止になります。これまで、橋下氏の国政進出を阻んでいた、地元住民の"大阪を見捨てるのか"という声は完全になくなるわけです。以後、橋下氏は、新たに大阪都知事選に出馬して初代都知事の座を狙うもよし、国政を目指して突っ走るもよし。フリーハンドを手に入れるんです」

加えて、大阪都構想が成った暁には、安倍首相が目論む
「16年秋、遅くとも17年春には改憲を実現させたい」(船田元自民党憲法改正推進本部長=2月14日)
に沿い、橋下氏はサポートに回るというのだ。

「首相は、17年4月の消費再増税前には、憲法改正を成し遂げたいとのスケジュールを描いています。消費増税以降では、安倍内閣支持率低下は明白。その前に勝負に出る腹づもりです」(前出の鈴木氏)

何はともあれ、安倍自民党と橋下維新が電撃合体。"新保保連合政権"樹立へ進む絵図だというが、事はそう簡単ではない。

ジャーナリストの宇田川敬介氏が言う。
「大阪都構想が実現しても、黒字になる部門は人件費と公共施設の維持費ぐらい。電車、バスなどの交通関連のコストカットを含めて住民サービスの質が格段に落ちることは数々の検証結果、自明の理となっています。安倍首相は、橋下氏を援助するとしながら、近い将来の橋下氏の失敗を予見。将来、ライバルになるかもしれない"芽"を、さっさと摘んでおきたいと考えているのかもしれません」

日々、国会で浴びせられる罵倒の中、安倍首相はどこまでクレバーでいられるのか。真価が問われている。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.