日刊大衆TOP 芸能

新婚ホヤホヤTV美女10人「気になる夜の性活」完全調査

[週刊大衆03月23日号]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

芸能界で咲き誇る大輪の花が昨年末から今年にかけて次々ゴールイン。美しき新妻たちは、どんな夫婦生活を送っているのか。愛の巣を覗き見!

気になるTV美女の新婚ライフ――トップバッターは、昨年12月26日に2歳年下の一般男性と入籍した米倉涼子(39)だ。
夫のA氏はリクルートの元社員で、2年前に独立して広告代理店を起業。12年夏から、米倉との熱愛が幾度も報じられてきた人物だ。
「"結婚願望はまったくない"と公言していた米倉だけに、電撃入籍には驚かされましたね」(芸能記者)

その新婚生活だが、
「入籍後、米倉夫妻は家賃300万円以上と言われる都内の超高級賃貸マンションにお引っ越し。現在、彼女は時間を作って、主婦業にも挑戦しているようで、デパ地下で大量の食材を買い込み、そのままタクシーで帰宅する姿が目撃されています」(女性誌記者)
トップ女優が手料理を用意して待っている"愛の巣"へ、普通の夫なら一目散に帰宅するところだが、
「仕事のつきあいもあるんでしょう。A氏は連日、飲み歩いてばかりで、帰宅は午前様になることが多いようです。ときには4~5軒ハシゴするというから、仕事のつきあいだけでもなさそうです」(夕刊紙記者)

今年8月で40歳になる彼女からすれば、オフの間にしっかり"妊活"しておきたいところ。ああ、それなのに……。
「A氏は根っからの仕事人間で、上昇志向の強い人ですからね。米倉との収入格差を埋めるべく必死なんでしょう」(かつての同僚)
スレ違いが少々、気になる新妻なのだ。

その米倉に遅れること2日、昨年12月28日に入籍したのが、国仲涼子(35)と向井理(むかいおさむ)のカップルだ。
2人のなれそめは一昨年に放送された連ドラ『ハングリー!』(フジテレビ系)での共演。その後、横浜の大型家具店でツーショットを目撃されるなど、親密交際が話題になっていた。

共演者キラーの異名を取る2歳年下のモテ男、向井のハートをガッチリつかんだ国仲の"女子力"はお見事というしかないが、
「NHKの朝ドラ『ちゅらさん』でブレイクした国仲は、爽やかな清純派というイメージがありますが、ああ見えて"隠れ肉食系"ですからね。過去には武田真治や上地雄輔とのデート現場が写真誌に撮られたし、関ジャニ∞(エイト)の安田章大とは結婚秒読みと言われたほど。確かに過去の男たちより、向井のほうが大物ですけどね」
と言うのはTV美女研究家の八木晶王氏。続けて、
「国仲は色白で、推定Dカップの美巨乳の持ち主。あの"ちゅらボディ"なら、向井ならずとも落ちちゃいますよ」

ドライブ好きで、理想のデートも遊園地や動物園というアウトドア派の彼女だけに、今後、向井とのツーショットが目撃される機会が増えそうだ。とはいえ、
「2人とも忙しすぎて、まだ新居も決まっていない状況とか。当分は、お互いの自宅を"通い婚"するようですよ」(女性誌記者)
そんな新婚生活も意外に新鮮だったりして!?
2013年放送のNHKの朝ドラ『ごちそうさん』で共演した東出昌大(ひがしでまさひろ)と、今年の元旦に入籍した杏(28)。

朝ドラ放送中から熱愛が噂になり、昨年の正月には東出の埼玉県の実家に杏がお泊まり。ツーショットで初詣に出かける姿が目撃されたこともあった。そういう意味では順当すぎるゴールインと言えそうだが、
「入籍を急いだ感じがするのは否めませんね。そのうち"実は杏は妊娠4か月"なんて発表があるかも」
と指摘するのは、芸能ライターの織田(おりた)祐二氏。
「ただ、2人がラブラブなことは確か。杏が主演している連ドラ『デート~恋とはどんなものかしら~』(フジ系)のバレンタイン・イベントで、"大切な人にチョコをあげましたか?"と聞かれた彼女は"ポンカンの皮を使ったオレンジピールのチョコを作りました"と即答していました」

また、こんな目撃談も。
「2月初旬、杏は都内の老舗そば店で熱燗をやりながら、一人でそばを食べていたそうですが、食事の間、左手薬指の指輪をうっとり眺めながら微笑んでいたそうです」(女性誌記者)
"ごちそうさん"です!
以上3組の新婚カップルは、いずれも夫が2歳年下という共通点がある。

「これは肉食系女子の典型的なパターンですね。男を食いまくったあげく、最後は年下の若い男と結婚。これなら年を取っても、夫はまだまだ現役。彼女たちは本能的に、そのことがわかってるんですよ」(八木氏)
対照的なのが昨年9月、13歳年上の田中哲司と入籍した仲間由紀恵(35)だ。
「夫の田中は脇役で存在感を発揮する、玄人受けする俳優。一方、仲間もこれまでスキャンダルとは無縁だったように、私生活は質素で夜遊びをすることもない。彼女らしい男選びといえそうです」(夕刊紙記者)

過去に仲間が唯一、交際を報じられたのが、07年の連ドラ『ジョシデカ!-女子刑事-』(TBS系)で共演した田中その人だったのだから、何をか言わんや。
「仲間は一昨年の10月、夫妻の新居となる億ションをキャッシュで購入。田中との格差婚を気にする様子もありません」(同記者)
結婚後も夫婦仲は睦まじいようで、早朝、自宅周辺の公園をジョギングする2人の姿が目撃されている。

映画『バベル』でハリウッド女優の仲間入りを果たした菊地凛子(34)は、12歳年下の俳優・染谷将太と元旦に入籍した。
2人は一昨年秋、イスラエルにダンス留学した俳優・森山未來(みらい)の送別会で出会い、意気投合。昨秋からは交際もオープンになり、
「新幹線の車内で仲良く駅弁を食べたり、立ち食いそばに寄ったり。最後は人目もはばからず、路上でベロチュー。一緒にいるのが楽しくて仕方がない様子だったといいます」(芸能記者)
今年2月に行われたベルリン映画祭にも夫婦揃って出席し、ツーショットでレッドカーペットを歩いた2人は、今が幸せ最高潮といったところか。
国際結婚もノープロブレム!

国際派といえば、昨年8月、韓国人歌手Kと結婚したのが関根麻里(30)。
2人は09年にラジオ番組で初共演。足かけ5年の交際を実らせたわけだが、
「近所に住む父親の関根勤が"早く孫の顔が見たい"と、すごいプレッシャーをかけるそうです。夫のKは礼儀正しく、思いやりがあるそうで"家事もできるほうがやるようにしている"とか」(スポーツ紙記者)
留学したアメリカの大学を首席で卒業。英語も堪能な関根には、国際結婚もノープロブレムのようだ。

昨年3月、ファッションブランドの経営者兼デザイナーの下鳥直之氏と結婚した安田美沙子(32)は、そろそろ結婚1周年を迎える。
年商4億円と言われる下鳥氏と交際2年でゴールインした安田は、はんなりとした京都弁で売ってきたが、素顔はかなりの肉食系。
「城田優と交際中だった09年には"7年来の友人"という男性とのお泊まりデートが発覚したこともありました。彼女はフルマラソンを何度も完走するなど、外見からは想像もつかない体力の持ち主。旦那サンも夜は寝かせてもらえないんじゃないか」(八木氏)

『モーニング娘。』で一世を風靡したゴマキこと後藤真希(29)は昨年7月、3歳年下の一般男性と入籍。今年2月22日に、千葉県内のホテルで挙式・披露宴を行ったばかりだ。
「夫は地元の元カレで、タレントのJOY似のイケメンとか。身内に不幸が続いたゴマキを、彼がずっと支えてくれたそうです。彼女は両親が事故死したり、元タレントの実弟が強盗傷害の罪で実刑判決を受けたり、過酷な経験を重ねてきた。今は夫と姉夫婦、弟夫婦と同居。大家族で暮らしているようです」
と前出の織田氏が言う。
「ゴマキは最近、ブログに〈健康診断に行ってきた〉とか〈ほっぺにニキビができた〉〈じんましんが出た〉と書き込んでるんですが、これって妊娠初期にありがちな兆候。さらに"ハンバーグに油を使いたくなかった"とくれば、こりゃ妊娠か、となりますよね」
はたして真相は?
実質別居で仮面夫婦の噂も!

人気アナの中にも新婚カップルは何組かいる。テレビ東京の大江麻理子アナ(36)は、資産100億円と言われるマネックス証券社長の松本大氏と昨年9月に入籍。
TBSの枡田絵理奈アナ(29)は、広島の堂林翔太内野手と昨年12月25日、彼女の29歳の誕生日にバースデー入籍した。
「ほんわかしたキャラで人気者になった大江アナですが、高級ブランドが大好きで、派手好きな一面も。15歳年上でバツイチの松本氏と結婚すると聞いて、さもありなんと思いました」(テレ東関係者)

気になる新婚生活だが、
「司会を務める『ワールドビジネスサテライト』で以前、"夫の作った手料理がおいしい"とのろけたこともあった大江アナですが、その後、近況報告はゼロ。旦那も超多忙な人なので、実質別居。すでに仮面夫婦化しているという見方もあるようです」(織田氏)

一方、枡田アナは3月いっぱいでTBSを寿退社。本拠地の広島で専業主婦になる予定だという。
「枡田アナと堂林は互いを"えりな""しょーちゃん"と呼び合っているとか。6歳年下の堂林は、"年上で料理の上手な人がタイプだったので、彼女はドンピシャ。料理もすべておいしいです!"と、のろけまくってます」(スポーツ紙記者)
今季"広島のプリンス"が覚醒すれば、枡田アナは間違いなく"あげまん"と呼ばれることだろう。
何はともあれ、新婚の皆さんに幸多からんことを!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.