日刊大衆TOP 芸能

ズバリ本音で美女トーク☆小瀬田麻由(グラビアアイドル・女優)

[週刊大衆03月23日号]

ズバリ本音で美女トーク☆小瀬田麻由(グラビアアイドル・女優)

もっと画像を見る

「初めての写真集になりますが"最初で最後"ぐらいの気持ちで思い切って脱いじゃいましたウフフ」

2月にファースト写真集『抱きしめたい』が発売になったばかりの小瀬田麻由さん(20)。限界セクシーにも挑戦した芸術的な写真の数々を、ご本人による見どころ解説つきで一挙大公開!  さらに、昨年末に初挑戦した舞台のお話まで、新成人の素顔がムギュっとつまったインタビューは必見です!

――いやあ、ビックリしました! 初の写真集『抱きしめたい』で、あそこまで大胆に脱いでしまうとは。

小瀬田 アハハ。初めての写真集ですけど、私の中では"最初で最後"ぐらいの気持ちで脱ぎました。

――思い切りましたね。

小瀬田 自分で言うのもなんですけど、いい仕事をしたという達成感があります。

――素晴らしい! しかもカメラマンが、綾瀬はるかさんや深田恭子さん、堀北真希さんなどの写真集も手がけている、アンディ・チャオさん。

小瀬田 はい。もともと私はアンディ・チャオさんの写真のファンだったので、撮っていただけると聞いたときは、本当にうれしかったです。

――ギリギリのショットもあり、芸術的な作品でした。

小瀬田 私もできあがった写真を見て驚きました。まさにアートで、私も知らない私みたい。

――従来のグラビアっぽくはないですよね。

小瀬田 そうなんです。アンディさんの撮影は雑誌などのグラビアとはまったく違うんです。ポーズもキチッと決めず、自然体というか……。撮影中も"もっと息を吐いて"と指示されることが多かったです。

――自然体の表情なんですね。

小瀬田 はい! といっても、普段の私はあんなにクールじゃないですけど(笑)。

――写真の中の小瀬田さんには、近寄りがたい"イイ女オーラ"がありましたよ。

小瀬田 出てました? 私も二十歳になったんで、"大人の女の色気"みたいなものを出したかったんです。でも、本当の私は……こんな感じです。

――フレンドリーで接しやすいっす!

小瀬田 それって褒められているのかなぁ。

――ベタ褒めですよ。写真集の中で、特にお気に入りのカットはどれですか?

小瀬田 たくさんあるんですけど、木々に囲まれた中、上半身はすべて脱いで、振り向いている写真かな。格好よくないですか?

――おおっ! 横乳がモロに見えている写真ですね。

小瀬田 やっぱり、そこに目がいきますか(笑)。

――ええ、男ですから。もう少し振り向いてくれたら、もっと見えたのに~。

小瀬田 いやいやいや(笑)。私としては、裸になっているのに変なイヤラしさを感じさせない、格好いい写真だと思っていたんですけど。

――もちろん、すごくキレイで格好いいですよ。胸以外も、背中からお尻にかけてのラインなんて最高!

小瀬田 うれしい(笑)。

――美ボディのために何かやっていたんですか?

小瀬田 ずっとダンスをやっていたんですよ。

――おおっ! じゃあ、体も柔らかいんだ!?

小瀬田 立ったままブリッジとか、180度開脚なんかもできますよ。

――それも見てみたいな。

小瀬田 もう! 一応、私の中でも"ここまではOK"というものがあるんです。脚もあまり開きすぎると下品に見えるじゃないですか。後ろから撮影されるときも、お尻を正面から写されるのはNGなんです。

――確かに四つんばいの写真もお尻より体のラインを強調しているよね。脚も開いていない。

小瀬田 そうなんです。女性特有のしなやかなラインを見てもらえれば……と。

――男性のイヤラしい目で見られるのが嫌なんだ?

小瀬田 というより、キレイに見られたいのかな。

――なるほど。芸術的といえば、草原で赤色のワンピースを着ている写真もすばらしかったです。

小瀬田 ありがとうございます。ただ、あのときは命懸けだったんです。

胸の谷間にチャームポイント

――どういうこと?

小瀬田 実はすぐそばに立て看板があって『マムシ注意!』と書かれていて……。

――え~。そんな危険な場所で色白の太腿(ふともも)をむき出しで座っていたの!?

小瀬田 はい。ドキドキしましたよ。少し足元の草が揺れるだけで、ビクッとしちゃう。

――おいしそうな太腿だもんねー。

小瀬田 あれ? さっき芸術的って言ってませんでした?

――そう、芸術です! アートといえば、オイルでテカテカになっている写真もよかったです。まるで汗をビッショリかいているみたい。

小瀬田 アハハ。ただ、私って汗をかきにくい体質なんですよ。これとは別の撮影なんですが、"汗をかいてほしい"ってお願いされて、暖房もガンガンかけてもらったのに、まったく汗をかけずに困ったことがありました。どうやったら汗をかけるんですか?

――いや~どうなんでしょ。わかりません……。とにかく、これは貴重なヌルヌルカットなんですね。オイルの感触はどうでした?

小瀬田 感触はあんまり覚えていないんですけど、いい匂いがしました!

――あ、そう……。

小瀬田 すみません。あまり面白いことが言えなくて……。あ、ぜひ、見てほしいチャームポイントがありますよ。

――おっ、どこ?

小瀬田 写真を見てもらえればわかりますけど、実は私、胸の谷間にホクロがあるんです。

――どれどれ? お、あった!

小瀬田 ちょうどいいところにあると思いません?

――最高! 小瀬田さんの胸を見たことのある人間しか知らない秘密だね!

小瀬田 はい。

――つまり、写真集を買えば、胸のホクロの秘密も見られるワケだ。これは買うしかないね。

小瀬田 ありがとうございます(笑)。

――小瀬田さんは、かなりの巨乳ですよね。よく巨乳の子はそれがコンプレックスだったと言うけど、やっぱりそうだった?

小瀬田 ものすごいコンプレックスでしたよ。一時期は、胸を小さくする手術を受けようかと真剣に考えたぐらいです。特に中学生の頃が一番嫌でしたね。クラスの男子たちが、冷やかしてくるんですよ。

――あー、たぶん自分も同じクラスだったら、冷やかしていますね。

小瀬田 ひどい!

――ごめんなさい。

小瀬田 アハハ。私も大阪生まれの明るいタイプなんで"胸でかいなぁ~"と言われても、"せやろ?"って軽く返していましたけどね。でも、心の中ではいつも傷ついていました。

――すみません!

小瀬田 冗談ですよ。

――ところで、芸能界に入ったキッカケは?

小瀬田 女優をやりたいんですね。ただ、デビューはグラビアのイメージDVDでした。18歳のときですね。

――女優よりもまずグラビアで知ってもらう、ということだったのかな。

小瀬田 そうですね。当時は女優志望といっても、ダンスをやっていただけで、お芝居の勉強も何もしたことがなかったので。

お父さん的な男性がタイプ

――昨年末には、初の舞台デビューされたんですね。

小瀬田 はい! 『RE-INCARNATION~RE-VIVAL~(リンカネ)』という舞台で、私が演じたのは三国志の武将・典韋(てんい)でした。

――魏(ぎ)の曹操(そうそう)軍でお馴染みの猛将ですね。アクションシーンも多いんですよね。

小瀬田 はい。1年前から殺陣(たて)やアクションは習っていたのですが、実際に舞台でやるのは初めてだったので、難しかったですね。特に舞台は距離の取り方やスピード感の出し方も映像の殺陣とはまた違うんです。

――とはいえ、ダンサーだっただけに、運動神経は抜群でしょ?

小瀬田 体を動かすのは好きですね。

――アクションスターになれそう。

小瀬田 実は狙っています。

――いいねえー。美人で巨乳のアクションスターが出てきたら、世のオジサンたちは熱狂しちゃいますよ。

小瀬田 本当ですか!? 頑張ってみます!

――ちなみにお父さんぐらいの年齢のオジサンって、恋愛対象になる?

小瀬田 はい。私は末っ子なせいか、昔からお父さん的な安心できる男性に、ついていきたいほうなんです。

――おっ、いいね! じゃあ、素敵だなぁと思うお父さん像は?

小瀬田 仕事も頑張っているけど、それ以上に家族を大事にしているお父さんかな。自分のためだけじゃなく、家族のために働いている姿なんか見ると、格好いいなぁって。

――そんなお父さん的な男性と、もしデートするなら、どんな場所に行きたい?

小瀬田 うーん。夜の海で、星空を見てみたいです。

――意外。サバサバしていそうで、けっこうロマンチックなんだね。

小瀬田 恥ずかしいです。でも、男性に"星でも眺めにいかない?"とか誘ってもらいたいです。

――かわいい!

小瀬田 いえいえ……。

――もっとお話を聞きたいけど、そろそろ時間なんで。最後に、これからの夢を聞かせてください。

小瀬田 女優として演技の勉強をしていきたいのはもちろんですが、習い事もしたいんです。バイオリンとかカンフーとか……。

――バ、バイオリン!?

小瀬田 アハハ。とにかく私って好奇心旺盛なんで、色々なことに挑戦したいんですね。

――すばらしい! これからも活躍も期待しています。

写真集で見せたクールビューティな魅力とは違い、親しみやすい娘さんという感じの小瀬田麻由さん。オヤジ記者としては"娘にしたい女優ナンバー1"です。 その一方で、仕事に対する熱意やひたむきな姿勢には見習うところばかり。近い将来"大物女優"に化ける可能性大!

●ポラロイドプレゼント●
小瀬田麻由さんのポラロイドをご応募いただいた方の中から抽選で一名さまにプレゼント!
下記ページから必要事項をご記入の上お申し込みください。
応募する

こせた・まゆ
1994年11月12日、大阪府出身。A型T165‐B88W60H87。グラビア中心にドラマ、舞台などで幅広く活躍中。特技は、ダンス、ピアノ、水泳、アクション、柔軟、声まねと非常に多才。
公式ブログ「MAYU Growth story」 http://ameblo.jp/sheeeelby/

ズバリ本音で美女トーク☆小瀬田麻由(グラビアアイドル・女優)

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.