日刊大衆TOP 社会

なぜ今!? 高野山が外国人観光客に大ブームの理由

いまや、訪日外国人の数が月100万人、年間1300万人に達する我が国・日本。特に、富士山などの世界遺産登録をきっかけに、海外の観光客が激増する傾向があり、日本のさまざまな名所、様式美といった魅力にハマる外国人も多い。
我々にとっては誇らしいことだが、今まさに熱いのが「高野山」なのだという。

平安初期の816年に、空海(弘法大師)が、時の嵯峨天皇から修行の地として標高約1000mの高野山を賜り、真言密教の道場として開いた。

●日本文化の魅力にハマる外国人が続出!

現在では、高野山真言宗の総本山金剛峯寺を中心に117の寺院があり、西端の大門から東端の奥之院まで約5km、町全体がひとつの大きな寺の境内のようで、町の全人口約3300人のうち、僧侶が3割強を占める。

2004年には、高野山町石道と山内の6つの建造物が熊野、吉野・大峯とともに「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録された。

和歌山県の観光客動態調査によると、世界遺産登録後、それまで年間1万人前後だった外国人宿泊客数が2007年に初めて3万人を超え、2013年には5万人の大台に乗ったという。
10年ほど前には、フランス人エッセイストによる高野山の著書がベストセラーになった。また、2009年にミシュラン・グリーンガイド・ジャパンで三ツ星を獲得。「宿坊に泊まって早朝のお勤め(勤行)を体験すること」が醍醐味として紹介されたという。

今年は開創1200年目の記念の年にあたり、4月2日~5月21日に行われる大法会では山全体が祈りの場となり、秘仏や秘宝も公開される。
高野山宿坊協会によると、52ある宿坊(宿泊施設を備えた寺)のうち、外国人僧侶がいたり、英語が通じる宿坊は約10カ所に増えた。

それにしても、外国人にとって、何がそこまで魅力的なのかと思ったら、「聖域らしさが残り、観光地化されていない」ことが新鮮だという。

昨年末には、米ナショナル・ジオグラフィックの旅行誌で「来年訪れるべき世界の名所20選」に選ばれた高野山。その魅力を残しつつ、伝統文化を後世に伝えていってほしいところだ。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.