日刊大衆TOP 芸能

やっぱり今シーズン「巨人は優勝できない!」

[週刊大衆4月3日号]

今年で12季目となる原政権。故障に次ぐ故障で離脱者が続出中。ファンが待ち望む4連覇は無理なのか――!?

これが"盟主"巨人か!? と思えるほどの情けない完封負けだった。
3月15日のオープン戦、対千葉ロッテマリーンズ戦は5対0で惨敗。目を疑うほどいいとこナシである。
「8回までで、たったの3安打。9回に片岡が右安打で出塁するものの、後続は打ち取られてゲームセット。由伸も阿部も振るわずでした」(スポーツ紙デスク)
たまたまではない。今の巨人は、ペナントレース開幕(3月27日)直前だというのに、まったくピリッとしないのだ。

「キャンプ、オープン戦を通じて、投打ともに故障者続出で、一度もベストメンバーでスタメンを組めないまま、開幕を迎えることになりそうです。特に重症なのが、湿りっぱなしの打線です。オープン戦14試合を終えて、チーム打率2割1分5厘、本塁打1、得点40(3月17日現在)。6勝7敗1分という成績以上に、内容が悪いのが気がかりです」(同デスク)
"巨人、大鵬、玉子焼き"と言われた時代の強さは遠い昔の思い出か。本誌が2月9日号で報じたように、やっぱり今シーズン「巨人は優勝できない」ともっぱらなのだ。
"ON砲"で知られるように、巨人といえば超強力な"打"のチームとして知られる。だが、現状はどうだ。

開幕4番の大本命だった村田修一はオープン戦の打率1割5分6厘と絶不調。
12日のソフトバンク戦のあと、とうとう原監督から、
「下で思いきってバットを振ってこい。開幕まで時間はある」
と、二軍での無期限再調整を命じられている。
「村田は打撃練習でも打球がまったく上に上がらず、彼本来のバッティングとはほど遠い状態。あれでは、二軍落ちもやむを得ないでしょう」(巨人担当記者)

今季から一塁にコンバートされた阿部慎之助も、
「キャンプ中に右ふくらはぎを痛めて、大事を取り、別メニューで調整。14日の西武戦で一軍復帰し、ヒットを放ったが、本調子とは言い難い」(同記者)
オフに右ひじと右ひざを手術した長野久義も、二軍キャンプで調整していた。
「12日、手術後、初めて右翼の守備位置につき、シートノックを受け、軽快な動きを見せたが、まだ無理はさせられない」(前出・デスク)

オフに左ひじを手術したアンダーソンは、11日の教育リーグ(日本ハム戦)に出場。とはいえ、リハビリ中とあって、守備にはつかない"特例措置"。
元気なのは、今季からコーチ兼任の高橋由伸、移籍2年目の井端弘和の"今年で40歳コンビ"だけだ。民放局ディレクターが言う。
「オープン戦のチーム本塁打1号は高橋。東京ドームに新設されたホームラン・テラスに叩き込んでいます。しかし、16日、ジャイアンツ球場での全体練習で、その由伸が足の張りを訴え早退。ベテランの2人は、シーズンの最後まで持ちこたえるか、体力的な不安もあり疑問視されています」
"打"の巨人とはほど遠い。

一方、故障者だらけなのは投手陣も同じだ。昨年、7勝に終わった内海哲也は、12日、左前腕部の炎症で二軍落ち。開幕は絶望で、復帰は6月以降になるという。
「杉内俊哉も寝違えを理由に一度、登板を回避しており、中継ぎの山口鉄也も16日の全体練習で背中の張りを訴え、別メニューで調整を続けてます」(同)
ただ、満身創痍の投手陣の中でも、"希望の星"も見える。昨年、12勝を挙げて巨人のリーグ3連覇に貢献し、セ・リーグの最優秀防御率とMVPに輝いた菅野智之だ。今シーズン、2年連続で開幕投手の大役を務めることになった。

が、しかし――、
「昨年10月に痛めた右手中指と右ひじ靱帯は完治したそうだが、本当か。巨人首脳の中にも、"菅野は決して本調子ではない"と指摘する声がある。他球団のスコアラーにも"菅野の直球はもっとキレがあるはず"と首を傾げる向きは少なくない」(球界事情通)
投打とも柱不在。ベテランの野球ジャーナリストは、
「原監督が監督になって12季目になるけど、今年はこれまでで一番、大変なんじゃないかな」
と漏らす始末だ。
金子もグリエルも交渉失敗

「本来なら、こんなときこそ、攻守にわたって若手が自らの力をアピールするチャンスなんだが、巨人の場合、中堅や若手が伸び悩んでる」(同ジャーナリスト)
この指摘もうなずけよう。原監督がキャンプ序盤、 「今年の4番候補」とプッシュした大田泰示も、最初は結果を出すものの失速。3月11日のソフトバンク戦で左大腿二頭筋の肉離れを起こし、無念の二軍落ち。

「詰まった当たりでもスタンドに放り込む大田のパワーは本物。ただ、昨年臨時コーチを務めた松井秀喜氏が彼の打撃を"ボールとの位置(距離)が取れてない"と評したように、大田はボールをバットの芯で捉えるのはうまくない。だから、打撃練習の甘い球は打てても、投手の"生きた球"はなかなか打てないんです」(ベテラン記者)

大田以外の若手も、思うように育っていない。
「村田に代わって三塁に起用された中井大介は、3月15日のロッテ戦でタイムリーエラー。原監督に、"(エラーは)打つ以前の問題"とダメ出しされているが、これはコーチ陣の正直な気持ちでしょう。大田、中井の伸び悩みに落胆を隠せずにいます」(同記者)
こんな窮状を予測したのか、昨シーズン終了後、 「チームを解体するつもりで作り直す」と宣言した原監督だったが、オフの戦力補強は誤算だらけで大失敗。

「本気で獲りに行く気だった金子千尋は、オリックスに残留。DeNAのグリエルとモスコーソも残留を決め、FA宣言すれば獲得するつもりだった楽天の嶋基宏もFAせずに残留した」(前出のデスク)
狙っていた選手との交渉がうまくいかず、一人も補強できなかったのだ。
「金子の場合、"2年後のメジャー移籍を認める"という条件がネックになったようです。グリエルは"シーズン中も国際試合に出場させること"というキューバ側の要望を嫌ったためです」(前出のベテラン記者)

他方で、嶋の楽天残留で、巨人の正捕手は2年目の小林誠司とヤクルトから移籍した38歳のベテラン、相川亮二の争いになるが、
「小林は肩は強いが、打撃は非力でリードにも難あり。相川は昨年58試合に出場しただけで、スタミナ面に不安がある」(同記者)
と、捕手も「柱不在」。

野球評論家の橋本清氏は次のように分析する。
「巨人は自分が何をすればいいかわかっている大人の選手が多いので、たとえ開幕ダッシュに失敗しても、優勝争いにはきっちり絡んでくるはずです。キーマンを一人あげるなら阿部。守備の負担の少ないファーストで彼の打棒が復活するかどうかが、今季の巨人の浮沈のカギを握っていると思います」
あまたある負の要因を跳ね返し、V4を達成できるか。開幕戦から注目したい。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.