日刊大衆TOP トレンド

地下アイドル・姫乃たまにヘビがグルグル巻き!! 話題のヘビカフェ「東京スネークセンター」体験記

001


猫が好きで、猫カフェによく行くのですが、うさぎ好きの友人が、うさぎカフェに通っているというので、そんな場所もあるのかと驚いていたところ、「ヘビカフェの取材に行きませんか」との電話を受けたので、ケータイ片手にのけぞりました。
そんなカフェどこにあるのかと思いきや、原宿の竹下通りを抜けてすぐという、カフェとしても超一等地に存在していて更にびっくり。しかも60~110分の利用で、1人1000円(税込)という価格設定。下手したら普通のカフェより安い……。

謎に包まれまくりのヘビカフェこと、「東京スネークセンター」に向かってみました。ヘビに対しては特に思い入れも苦手意識もなく、あまり小さかったり大きかったりすると怖いかなあくらいのことを思いながら。

店内は拍子抜けするほど、お洒落な普通のカフェで、ソファー席とふたりがけのテーブル席が、中央の長机を囲んでいました。ただ普通のカフェと違うのは、長机の上にずらっと、ケースに入ったヘビが並んでいることです。ヘビは想像していたよりも、ずっと色鮮やかでした。

002
こんな感じでケースに入って10匹ほど並んでいます


中からアテンダント役のヘビを選んで、席まで連れて行くことができます。私はやっぱり小さなヘビが怖くて、中くらいの大きさで色の薄いコーンスネークアネリスティックを選びました。う、なかなか可愛い。

003


意外なことに客席の9割が女性で、そのほとんどが私と同年代の20代女性でした。時々、カップルも来店するのですが、いずれも女性が先導しているようで、ヘビに夢中な彼女を眺める彼氏の姿を何人か目にしました。
見た目の鮮やかさや、無臭で飼育しやすい点が、人気の理由だそうです。中でも私が選んだ子のように、色素の薄いヘビは若い女性からの支持が熱いそうで、実際に途中で触ってみたいとお声がかかり、若い女性客のもとへ運ばれていきました。

交代でお相手してくれたのが、ボールパイソン。とぐろを巻くとまんまるのボールのようになるそうですが、この時はのびのびした体勢のまま、落ち着いていました。

004
ひー、目がくりっくりで可愛い……


006
すっかりメロメロです


次のページではいよいよヘビとスキンシップ! お茶を飲んで一息ついた頃、蛇を触らせてもらえることに。すっかりヘビ可愛いモードになっていたので、ドキドキそわそわ。でもちょっと緊張します。 触り方は、店内のヘビをすべて飼育している(!)店員のお兄さんが丁寧に教えてくれます。アドバイス通り、両手の平を出して、木の枝になった気持ちになります。蛇は密着するほど安心するらしく、枝になった気持ちでぐるぐる巻き付かれます。枝の気持ちになるのは生まれて初めてです。

007
緊張の面持ちです


ひょー、さらさらしています。勝手に湿った感じなのかと思っていました。そして本当に無臭! さわさわと全身に巻き付かれて、仲良くなった気持ちになりました。
自分で選んだヘビのほかに、アテンダントケースには入りきらない、大きなヘビも触ることができます。

008
気づいたら大きなヘビも平気になっていました


010
ぐるんぐるんです


はー、可愛かった。すでにもう一度触りたい……。大満足で振り返ると、リピーターの若い女の子が慣れた感じで片手にヘビを巻きつけて、もう片方の手でべろんべろん撫でていました。ヘビも安心したようにぐるんぐるん巻きついていて、超嫉妬です。

しかし、ヘビは基本的に懐かない生き物だそうです。
私は猫の振り向いてくれない感じが好きなのですが、ヘビはさらにその上をいっていて、追いかけたい心がくすぐられ、夢中になってしまったのでした。

012


何度もケースの壁に頭をぶつけたり、妙な体勢でぐるんぐるん動く蛇を眺めながら、スイーツも楽しみました。ヘビ愛こもりまくりの「ぐるぐるトグロパフェ」(税込800円)はとてもおいしくて、ようやくカフェにいたことを思い出したのです。

011
パフェグラスもとぐろを巻いている凝りよう!


帰り際、来店したときは怖かった小さいヘビの、ファジーな動きを見てめろめろになりました。うーむ、これはたしかに予約制のひと手間を乗り越えてでも、リピーターになってしまいそうです。
外に出ると、普段通りの原宿で不思議な感覚になりました。夢のような時間だったなあ。

東京スネークセンター
東京都渋谷区神宮前1-8-5
メナー神宮前5階 ソーシャルラウンジAJITO内
TEL:03-6912-2891
営業時間:10時00分~17時00分
休み: 週末のみ不定期で営業。詳しくは公式HPにて
http://snakecenter.jp/
ツイッター
@tkysnakecenter


姫乃たま(ひめの たま)
地下アイドル/ライター

1993年2月12日、下北沢生まれ、エロ本育ち。アイドルファンよりも、生きるのが苦手な人へ向けて活動している、地下アイドル界の隙間産業。16才よりフリーランスで開始した地下アイドルを経て、ライター業を開始。アイドルとアダルトを中心に、幅広い分野を手掛ける。以降、地下アイドルとしてのライブ活動を中心に、文章を書きながら、モデル、DJ、司会などを30点くらいでこなす。

[ブログ]姫乃たまのあしたまにゃーな
http://ameblo.jp/love-himeno/

[はてな]地下アイドル姫乃たまの恥ずかしいブログ
http://himeeeno.hatenablog.com/

Twitter
@Himeeeno

地下アイドル・姫乃たまにヘビがグルグル巻き!! 話題のヘビカフェ「東京スネークセンター」体験記

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.