日刊大衆TOP 芸能

ズバリ本音で美女トーク☆杉原杏璃(タレント)

[週刊大衆04月06日号]

ズバリ本音で美女トーク☆杉原杏璃(タレント)

もっと画像を見る

「愛さえあれば前戯だけで十分。自分ではMと思っているので"脱いでみろ"と言われると…ウフフ」

咋年末に発売された写真集『Colorless』(ワニブックス)の表紙で、トップが見えそうで見えない完璧な形のバストを披露し、話題沸騰中の杉原杏璃さん(32)。この写真集で初めて挑戦したというTバックに対する思い、ちょっと変わった性癖、そしてプライベートの秘密を話してもらいましたゾ!


――以前にも増して、グッと色っぽくなりましたね。

杉原 ありがとうございます。もう32歳なんです。

――いや~、とても30代に見えない。グラドル歴もかなり長いですよね?

杉原 そうですよね。高校卒業してから、ず~っと。

――その間に発売された写真集は8冊、DVDはなんと、31本!

杉原 おかげさまで。こんなに出してもらえるとは思っていなかったけど、手を変え、品を変え……(笑)。

――そういう意味では、最新の写真集『Colorless』では、Tバックに初挑戦!

杉原 はい。私の中では30歳を過ぎたら、Tバックをやろうと思っていたんです。ただ、なかなかタイミングがつかめなくて、32歳で初Tバックとなりました。

――ふだんははかないの?

杉原 ううん。ふだんははくんだけどね~。人に見せるのは恥ずかしくて。

――Tバックは、そんなに恥ずかしいですか? 男は女性が恥ずかしがる姿が大好きなんですよ。

杉原 アハハ。あのTの形が……お尻のほっぺただけ出していることに恥ずかしさを感じてしまうんです。

――食い込む感じも?

杉原 そうそう。ウフフ。

――いいね~。ちなみに30歳を過ぎたらTバックをやろうと思った理由は?

杉原 ちょっと大人の武器を出そうかな、と思って。衣装でなんとかしようと。

――なるほど。実際、Tバック姿を撮られてどうでした? 意外に恥ずかしさが快感に変わったとか?

杉原 いやあ、恥ずかしさは拭いきれなかったです。"早く撮って~"と思っていましたよ。特に後ろから撮られると、お尻だけを見られているみたいで、とっても恥ずかしかった。

――Tバックなのに、思わず、お尻の割れ目を手で隠してしまうことも!?

杉原 そうなんです(笑)。そういうカットも撮られていましたね。

――その恥じらいが最高です。ほかに恥ずかしい目には遭っていないの?

杉原 ああ。Tバックのままベッドにダイブするシーンがあるんです。その瞬間、無意識でお尻に力を入れてしまうんですよ。

――キュッ、とね。

杉原 はい。お尻がキュッとなるんです。カメラマンさんには、「尻に力を入れないで」と怒られたんですけど、どうしても力が入っちゃうんです。

――おおっ。女の子のお尻にキュッと力が入る光景が好きな男もいますよ。ふだんはTバックをはくと言っていましたけど、もしかして勝負下着ってこと?

杉原 違います、違います。勝負のときは、白とかの清楚系のほうがいいでしょ?

――そのとおりです!

杉原 むしろTバックは勝負どきじゃない、何もないときです。見た目も小さくてかわいいし、はき心地もいいんです。ただ、最近はふだんもはいてません。

――なんで!?

杉原 だって、Tバックばかりはいていると、お尻が垂れてきちゃうんで……。30代になってからは、お尻を全部包んでくれる"安心パンツ"にしています。
全身に油塗ってラップ巻き!?

――最新写真集ではブラジャーも外していますね!

杉原 そう。手ブラみたいな手ブラじゃない写真ね。

――シーツでギリギリ隠れている写真もセクシーでした。それにしても、大きくてキレイな胸ですね。美しさを保つためのケアは?

杉原 私、油が好きなんで。ボディ用の油を胸だけでなく、全身に塗って。その上からラップを巻いて、パックしているんです。お風呂上がりに。そしたら、お肌全体がしっとりとツルツルになるんですよ。

――油でヌルヌルの体を、さらにラップで巻くんだ。想像すると妙にエロい!

杉原 そうですね(笑)。ぜひ、奥さんにも教えてあげてください!

――いや、うちの嫁がラップを体に巻いていたら、想像するだけで……ハァー!

杉原 ヒドーい。

――ところで、体つきはセクシーになるし、30代になると恋愛観にも変化はあったりするものですか?

杉原 やっぱり、次につきあう人とは、結婚を考えると思いますよ。

――そうですよね。結婚相手の条件は?

杉原 理想は高くないけど、何を置いても犬好きの人じゃないと困るかも。私、犬を飼っているんで。その犬が認めないかぎり、家に入れません(笑)。

――そのワンちゃんに吠えられたら、ダメなんだ?

杉原 はい。ただ、ウチの犬は誰にでも尻尾を振るような犬なんですけどね。

――第二の条件は?

杉原 そうですね~。香水をつけない人かな。

――香水は嫌いなの?

杉原 というか、私は人間的な匂いが大好きなんです。

――匂いフェチ?

杉原 はい。好きな人のおへその穴から、足の指の匂いまで嗅ぎたいし、彼の匂いつきTシャツを枕カバーにしたいぐらいです。

――相当ですね。じゃあ、匂いを嗅ぎ合うプレイも?

杉原 好きですねー(笑)。

――臭くてもいいの?

杉原 臭いと思う人とはつきあわないんです。匂いにも相性があって、この人の匂いがいいなぁと思ったら、やっぱり好きになります。

――少し変わってる……。

杉原 よく言われます。匂いを嗅ぎ合うこともそうだけど、二人だけの秘密を持つのが好きですね。

――コスプレ好きだそうですが、それも男性と?

杉原 もちろん。お医者さんとナースとか、キャビンアテンダントと乗客とか。

――夢のようなプレイだ。

杉原 お風呂に入るときは、ビキニと海パンで、ちょっと冷たくして、プールみたいにして入りたいですね。

――というか、杉原さんとコスプレをするときは、男も衣装を着るってこと?

杉原 そうです! でも最初は嫌がってほしいんです。"そんなの恥ずかしいよぉ"って(笑)。だけど結局は、私に合わせて、同じテンションで楽しんでほしい。

――じゃあ、男性に「セーラー服を着て」と頼まれたら?

杉原 じゃあ、相手には学ランを着てもらって……いや、先生の役でいいです。

――想像するとムラムラします!

杉原 ただ、夜の営みだけが目的じゃ嫌なんです。

――ええ? 「コスプレ=夜の営み」でしょ!

杉原 違いますよ。家に入った時点から始まっているんです。コスプレをして一緒にご飯を食べて、テレビを見て……お風呂にも入って、それから夜の営み。

――ウヒョー! 夜の営みが、待ちきれない!

杉原 アハハ。ソコが一番の目的なんですね(笑)。

――じゃあ、杉原さんが一番やってみたい設定は?

杉原 お医者さんとナースかな。

――いいね。先生がナースにイタズラする感じ?

杉原 いや、先生は最初、患者さんを診察しているんだけど、咳をしているんです。で、ナースの私が"先生、どうしたんですか? 大丈夫?"って診察してあげるんです。
手を縛るぐらいならいいよ

――ナースが医者を!? つまり、杉原さんのリード?

杉原 そうなんです。私がリードしたほうが、お互いノリノリになれると思うんです。それにあまりオラオラ系が好きじゃないんで、どっちかというと、私の世界に入ってほしいんです。

――おとなしくしていたほうがいいんですね。

杉原 はい。そういう意味で、つまらない人も好き。

――どういうこと?

杉原 私はいろいろシタいことがあるから、逆に男性は無趣味な人のほうがいいんです。私のシタいことにつきあってくれそうで(笑)。

――Mっぽいと思っていたけど……Sなのかな。

杉原 いや、自分ではMだと思っていますよ。

――縛られるのはOK?

杉原 手を縛るぐらいならいいよ。でも本格的な縛りは、ちょっと怖い……。

――言葉責めは?

杉原 そうですね。"自分で脱いでみろよ"とか言われると……ウフフ。

――いいなぁ~。

杉原 ただ、私、そういう男女の営みでは、相手を楽しませてあげたいという気持ちが強いんですよね。

――ほお。じゃあ、「俺のケツをたたいてくれ」と頼まれたら、やってあげる?

杉原 そっちかぁ~(笑)。一つ言えるのは、どんなプレイであっても、そこに愛がないと……。単に肉体的に気持ちいいとか興奮するという目的では、私、できないんですよね。極論すれば私は愛し合っていれば"合体"もいらない。前戯だけで十分なんです。

――さすが30代のグラドルは言うことが違います。

杉原 そう(笑)?

――おっと。恋愛話に時間を割きすぎましたね。

杉原 ほんと、そういう話しか、してない……。

――とってつけたようですみませんが、今後の抱負を聞かせてください。

杉原 まず、グラビアではもっと大人の水着が似合う女になりたいです。プライベートでは、いい出会いがあれば、仕事と恋愛を両立できる女性になりたいな。

――応援しています!


本誌のエロエロな質問にもニコニコと優しい笑顔とカワイイ声で答えてくれた杉原杏璃ちゃん。ほんと、最高にカワイイっす。今夜は杏璃ちゃんのナース姿を想像して……ウヒョ―ッ!

●ポラロイドプレゼント●
杉原杏璃さんのポラロイドをご応募いただいた方の中から抽選で一名さまにプレゼント!
住所・氏名・年齢、「杉原杏璃さん ポラロイド希望」と明記のうえ、こちらへメールをお送りください。
応募する
※会員登録が必須となります。

杉原杏璃 すぎはら・あんり
1982年6月12日、広島県出身。 T157B89(Gカップ)W56H80。グラビアやバラエティ番組の多岐にわたる活躍をみせる。最近では「週刊大衆ヴィーナス」で、SEXYノベル『……and Love』を執筆するなど、作家としても活躍し、その活動の場を広げている。杉原杏璃オフィシャルブログ:http://ameblo.jp/sugihara-anri/

ズバリ本音で美女トーク☆杉原杏璃(タレント)

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.