日刊大衆TOP トレンド

これぞ未来の食事!? 話題の完全栄養食「ソイレント」は◯◯の味がした……

これぞ未来の食事!? 話題の完全栄養食「ソイレント」は◯◯の味がした……

生きている限りなにかを食べ続けなければいけないのが人間の宿命。
「今晩なに食べようか」「バランスよい食事とは」など、食に考えを巡らすのは楽しくもある反面、一生続くものと考えると面倒くさいと思う人もいるかもしれない。特に仕事が忙しい時期などは食選び自体わずらわしい。
そこでそんな悩みから解放される、日本未上陸の食品を紹介しよう。これだけ摂っていれば生きていける食品の名は、「ソイレント」。まさに未来の食品だ!

ソイレントは、飲むだけでビタミン、ミネラル、必須アミノ酸、炭水化物、脂肪といった生きるために必要な栄養素をバランスを含むプロテイン飲料。必要十分な要素がつまっているので、3食それだけで食事をまかなえる優れもの。つまりはソイレントを飲み続けるだけで通常の食事は一切不要になる。
現在ソイレントの販売はアメリカに限定されており、日本国内で入手するには個人輸入か代行業者経由でないと入手できないことになっている。今回、ちょうどタイミングよく、有志で開催されたソイレントの試飲会があるというので参加してきた。
試飲会は恵比寿駅前にある「リカーショップNIGHT OWL」という酒店で行われた。

002
「リカーショップNIGHT OWL」http://night-owl.jimdo.com/


販売されているソイレントのパッケージは28食入り/56食入り/112食入りの3種類。112食で300ドルなので1食あたり320円ほどと、お値段もお手頃だ(輸入経費のぞく)。 標準的な摂取方法は、粉末状のソイレントを水で溶き、付属のオイルを加えるだけ。摂取量は個々人によるが500mlくらいが目安になる。

水に溶かしたソイレントの見た感じはドロドロとしたクリーム色で、ニオイは……正直いうと、ヘラブナ釣り用の練り餌みたいだった。若干甘い匂いがマイルドさを演出しているが、正直これを口にしようとは、あまり思えない。

003
水に溶けにくく、かなりシェイクしないと上手く作れない


とはいえ飲んでみなきゃ文句も言えない。とりあえずノーマルな状態で飲んでみる。性質上パウダーが水に溶けきらないようで、ザラザラとした舌触りがつきまとう。粉っぽいパサパサした食感で、味のない大豆粉末そのもの。しかし、どこか懐かしさを感じる味は、「甘くないざらついたきなこ」「まずいミロ」といったところか。正直なところ粗野な味という印象はぬぐえない。付属のオイルが多少マイルドはにしてくれているようだが、ねっとりとしたニオイも味も相変わらずついて回る。これを3食毎度長く採り続けるのは厳しそうだ。

004
決してまずくはない。しかし美味しいものでもない


ソイレントを食事として毎日採るには、アレンジが必要だという結論にいたり、このソイレントに何を加えるか思案してみる。
牛乳やヨーグルトは、おそらく親和性が高く違和感はなさそうだが、ここは日本人の食事として飽きのこないものを読者に提示するために、あえて、日本の食材を加えて味に彩りを添えられるか試してみた。

次のページではソイレントを美味しくアレンジ! まずは、「日本人ならしょうゆでしょ」。ということでしょうゆを加えて飲んでみる。

005
こだわりの丸大豆しょうゆに期待を込めて……


国民的調味料への身内びいきかもしれないが、とたんに慣れ親しんだ味に変わった。ほどよい塩っけがアクセントになって、冷奴の味わいにわりと近い。わりとではあるが。しかし最初に比べて「まだ飲める」程度であるのと、しょうゆは量を間違うと、しょっぱいだけで全ての味を消してしまうので注意。ほんの数滴でよいようだ。

しょうゆがOKならば、さらにそれに「わさび」を加えてみよう、しかも「生」。

006
湯葉をわさびしょうゆで食べるイメージ


わさびじょうゆは肉にも魚にもOKだが……悪くない。ジャパニーズミントのわさびのつんとした香りが、大豆臭さを消してさわやかなものにしてくれる。ただ、わさびの味はするものの辛味はまったくしない。ソイレントの粉末がほとんど味を吹き飛ばしてしまったようだ。せっかくのわさびだから辛味は残してほしかった……。

わさびの辛味を吹き飛ばす、ソイレントの味を変えるにはどうしたらいい? ならばと、わさびよりも辛そうな「タバスコ」でチャレンジしてみる。

007
目指すはチリビーンズ!


するとどうだろう……、タバスコの強烈なニオイが支配するが、これまた辛さがない。辛さを取ったタバスコの味はただただクドいだけ。正直ひと口も飲みたくない味だった。

香辛料の良い点を消すソイレント。次に投入したのは「コショウ」。
うーん、まったく味に影響なし。飲み込んだときにかすかに「コショウかな?」と思わせる程度でスパイシーさなどは全く感じられず。

どうしたら味に統一感を持たせられるのか、強い味と強い香りを放ち食欲をそそらせるにはこいつしかいない! 最終兵器、というわけではないが「おろしニンニク」を投入。

禁断の調味料を加えた味は……? ……大失敗だっった。飲み込む前から生のニンニクの強烈なニオイが鼻孔をつく。しょうゆのような中和する味がないため野放しになったニンニクの匂いは青臭い。もともとのざらついた食感と相まって不快きわまりない。飲んだ後もニンニクのニオイが口や鼻を支配し、その後の試飲にも支障をきたしてしまった。

このまま日本流ソイレントレシピは作れないのか。テンションが下がってきたので、初心に立ち返り成分から見直してみる。
主成分が大豆の粉末なので、きなこに近い味のソイレント。マニュアルでは応用のレシピにピーナッツバターを加えているものがあった。

009
解説書にあったアレンジレシピ。フルーツやピーナツバターがいいようだ


もしかして、しょうゆのようなしょっぱいものよりも甘いものの方がよいのだろうか。 ここは方向転換し甘い食材に目を向けてみる。そして、選ばれたのはきなこと親和性の高い「黒蜜」……、ビンゴッ!!

010

011


黒みつの奥深い甘さという調味料が、粗野なソイレントを包み込みすんなりと胃の腑に落としていく。考えてみたら信玄餅と変わらないレシピなのだから味に問題はないだろう。初めて完飲できた……。

ソイレントのように粉末を水で溶いたものを1回の食事とする、というのは置き換えダイエット食品を想像する人も多いだろう。しかし置き換えダイエットは、限りなく低カロリー食なので、3食採っても1日に必要な栄養を下回り危険だ。そのため置き換えダイエットは1日のうち最低1食は通常の食事を取る必要がある。
しかし、ソイレントは1食ごとに必要な栄養とカロリーが入っているので、3食ソイレントでも問題ない。現代人の食事はカロリー過多の傾向があるが、ソイレントだけの食事にすれば、無駄なカロリーを取ることもなく身体に適した栄養を補えるため、健康的なダイエット効果が期待できるだろう。

ただいかんせん、このままでは美味しくない。健康は大事だけれど、やはり食事は美味しくとりたいもの。今回、黒蜜との相性のよさを確認出できたが、気になる人は美味しいオリジナルレシピを開発してほしい。あまりいろいろ加えると、バランスが崩れて完全栄養食じゃなくなっちゃうかもしれないけど……。

これぞ未来の食事!? 話題の完全栄養食「ソイレント」は◯◯の味がした……

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.